2018年10月10日 更新

ダイハツブーンが、マイナーチェンジ!エクステリア・内装に手を加え、新たにスタイルパッケージもラインアップ!!!

ダイハツ工業(株)にて小型乗用車「ブーン」のマイナーチェンジを行い、10月10日水曜日から全国一斉に発売することを発表しました。内外装をアップデートし、さらに新グレードも設定しているとの事。このモデルを解剖してみます!!!

ダイハツブーンが、マイナーチェンジ!エクステリア・内装に手を加え、新たにスタイルパッケージもラインアップ!!!

ダイハツブーンのマイナーチェンジ概要

「ブーン」は、ダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウを小型車にフィードバックすることで、軽自動車を基点としたダイハツが、スモールカーのレベルアップをも視野に入れて開発したモデルであるとの事です。

2004年に初代ブーンを発売開始。2016年4月に3代目となる現行モデルが販売スタートしていますね。2018年10月10日のマイナーチェンジで、ダイハツのメーカーとしてのオリジナルグレード「ブーン スタイル」を新たに設定されている模様。

柔らかな丸味を持たせたラインでキュートに仕上げたディテール、ホワイト塗装パーツによるアクセントが特長のエクステリアに、インパネに使用しているマゼンタ色のアクセントや専用の3色シートによる、スイートでかわいらしインテリアに仕上がっているとの事。

従来の「ブーン」・「ブーン シルク」に加え、第3の提案である「ブーン スタイル」を設定することによるお客様の選択幅を広げ手行きたいという想いが伝わりますね

また、「ブーン」・「ブーン シルク」についても、内外装を刷新している模様。従来どおり小型車としての親しみやすいデザインは継承しながら、ブーンは質感を向上しているようです。上級グレードとなるブーン シルクでは、より洗練されたクール&エレガントなデザインにアップデート。

車両や歩行者に緊急ブレーキ対応する衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」や前後コーナーセンサーを採用したことで安全面もアップ。さらに4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を起用し、安全・安心性能を追及。

ダイハツでは“、 Light you up” の考え方のもと、お客様一人ひとりに最適なモデルと車ライフを提供し、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップを行うことで、顧客満足度を勝ち取っていくと言う意志が伝わってきますね。
 (46832)

ダイハツブーンでのマイナチェンジ共通項目

(ブーン・ブーン シルク・ブーン スタイル共通の項目)
・衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を搭載。
搭載車は、政府が交通事故対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS」の「ワイド」に該当となります。

さらに
・前後コーナーセンサーを採用
・パノラマモニターを採用
・バックカメラにステアリング連動ガイド線表示を追加
・後席左右にアシストグリップを採用

グレードXには、スマートアシストⅢは装備されていません。
 (46835)

追加グレード ブーンスタイルの専用項目

 (46843)

<ブーン スタイル>
全体的に丸みを持たせることで柔らかなラインとキュートに仕上げたディテールがポイント。ダイハツオリジナルグレードとして新設定となっていますね。

・エクステリアは、専用のフロントグリルを装備、ホワイトのグリルガーニッシュやフォグベゼルでかわいらしいアクセントを付加。リヤでは、専用バンパーや丸いホワイトベゼルで更にかわいらしいスイートな印象をかもし出していますね。エンブレムには専用の「STYLE」エンブレムを装備。

・インテリアでは、インパネにマゼンタ色のアクセントを加え、専用の3色スエード調シートと合わせスイートでかわいらしい空間になるように工夫。

・ボディカラーに新カラーのジューシーピンクメタリック(モノトーンおよびホワイトとのツートーン)とパウダリーベージュメタリック×ホワイトのツートーンを用意。

・「ブーン スタイル」専用メーカーオプションとして「スタイルアップパック」を新設。STYLE“SAIII”にメーカーオプション設定。

(スタイルアップパックの構成アイテム)
・14インチアルミホイール
・LEDフォグランプ
・メッキインナードアハンドル
・メッキシフトレバーボタン
・スーパーUV&IRカット機能付ガラス(フロントドア)
・スーパーUVカット機能付スモークドガラス(リヤドア/リヤクォーター)
 (46846)

ダイハツブーンでのマイナチェンジ後のエクステリアカラー

豊富なエクステリアカラー構成が魅力でもあり、ユーザーが色選びにうれしく悩む部分ですね!!

①ブリリアントカッパークリスタルマイカ
②マゼンタベリーマイカメタリック
③プラムブラウンクリスタルマイカ
④レモンスカッシュクリスタルメタリック
⑤ファインブルーマイカメタリック
⑥ブラックマイカメタリック
⑦ブライトシルバーメタリック
⑧ホワイト
⑨ダークエメラルドマイカ
⑩ファイアークォーツレッドメタリック
⑪パールホワイトⅢ
⑫パウダリーベージュメタリック
⑬ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ
⑭ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック
⑮ブラックマイカメタリック×レモンスカッシュクリスタルメタリック
⑯ブラックマイカメタリック×ダークエメラルドマイカ
⑰ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
⑱ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ
⑲ブラックマイカメタリック×パウダリーベージュメタリック

新色ホワイト×パウダリーベージュメタリック
新色ホワイト×ジューシーピンクメタリック
新色ジューシーピンクメタリック
 (46840)

ダイハツブーンでのマイナチェンジによる価格構成

全モデルノンターボ・CVTは共通

①X
2WD 1,177,200
4WD 1,378,080

②X“SAⅢ”
2WD 1,242,000
4WD 1,442,880

③X“Lパッケージ SAⅢ”
2WD 1,350,000
4WD 1,545,480

④X“GパッケージSAⅢ”
2WD 1,474,200
4WD 1,669,680

⑤CILQ“SAⅢ”
2WD 1,533,600
4WD 1,729,080

⑥CILQ “Gパッケージ SAⅢ”
2WD 1,695,600
4WD 1,891,080

⑦STYLE“SAⅢ”
2WD 1,522,800
4WD 1,718,28

まとめ

2004年からダイハツブーンが販売スタートして、既に14年が経過しておりますね。OEMでは、トヨタパッソとしても販売されております。軽自動車より少し大きめの車で、小回りが利くのが欲しいと言うユーザーには最適なクルマであるともいえますね!!!

ブーンの今後の躍進が楽しみであります。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me