2019年3月28日 更新

イタルデザインのガルウィングが発表!その名はダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ生誕50周年を記念して、イタリアの天才に敬意を表したモデルをイタルデザインが企画しました。その名は、ダ・ヴィンチです。このモデルのエクステリア、パワートレイン等をご紹介していきます。

イタルデザインのガルウィングが発表!その名はダ・ヴィンチ

イタルデザイン ダ・ヴィンチのエクステリア等

このモデルの概要等
イタリアが誇る天才、レオナルド・ダ・ヴィンチ生誕50周年を記念して企画されたモデルです。その名もダ・ヴィンチというモデル名が付けられました。

フロントビューでは、イタルデザインの根本的なデザインイディオムである自然が作り出した形から、インスピレーションを受けてディテールしている点です。ダ・ヴィンチでは、この思想と過去のモデルデザインを融合してい、デザインに仕上げています。

過去モデルのアップデートとしては、フロントからボンネットのディテールでは、2017年に発表されたゼロウーノをアップデートさせています。EVモデルのダ・ヴィンチでは、ラジエターが不要なので、よりアグレッシブに仕上げたデザインです。

さらに2016年のGTゼロのヘキサゴンパターンが、エアインテークやOLEDリアライトに採用されています。ダ・ヴィンチは、前モデルを継承したデザインに、EVとして進化させたディテールが融合したディテールとなっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (57344)

via https://www.netcarshow.com/
全長×全幅×全高=4981mm×1966mm×1392mmというスケールの大きめなボディーが与えられています。サイドビューで特徴的なのは、オーバーハングが切り詰められ、華やかなエクステリアと大人4人が快適に過ごせるスペースを両立させるデザインです。

わずか119mmの最低地上高や、専用ピレリPゼロタイヤ+22インチホイールでは、ダ・ヴィンチモデルが、スポーツモデルとして企画されていることを表現していますね。

全体ディテールで最大のポイントは、真上に大きく開くガルウィングデザインのドアです。これは、一度に前後のシートにアクセスできるように仕上げています。
https://www.netcarshow.com/ (57345)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、アクティブスポイラーが、側面に広がるラップアラウンドデザイン仕上げです。マフラーエンドが存在しないこのモデルのディフェーザーは、空気の流れを綺麗するだけでなく、スポーティなディテールに仕上げています。

ダ・ヴィンチは、絵画、彫刻、建築など芸術・技術で多岐な人物で、イタリアの天才でした。ダ・ヴィンチモデルを作成するのに、イタルデザインでは1000人もの人材が関わり、完成させています。イタルデザインでは、ダ・ヴィンチの名前をつけることに誇りを持って作業をしたということでしょう。
https://www.netcarshow.com/ (57346)

via https://www.netcarshow.com/

イタルデザイン ダ・ヴィンチの内装等

内装では、最新のテクノロジーと高級素材を組み合わせて、乗員スペースを快適になるように仕上げています。イタルデザイン最新の内装と言えるでしょう。

非対称的なダッシュボードが、わずかにドライバーよりになっていて、ドライバーの視線をより楽にしています。3つの液晶スクリーンが、センターコンソールでは特徴的です。1つは、メータークラスタースクリーン、2つ目は助手席目の前のスクリーン、3つ目はセンターコンソールのスクリーンです。

質の高いアルカンターラ素材で仕上げられた内装と、情報を素早く、解りやすくする技術が融合された内装ですね。
https://www.netcarshow.com/ (57347)

via https://www.netcarshow.com/

イタルデザイン ダ・ヴィンチのパワートレイン等

現時点では、パワートレインは、細かい詳細が出ていないのですが、フロントとリアにモーターを設置し、バッテリーユニットが二つ組み込まれたEVモデルに仕上げているとの事です。

このほか、エンジンモデルの搭載も思案されていて、その際のパワートレインは、V8型4000㏄ガソリンエンジンとなりそうです。

イタルデザインって?

イタルデザインの元々の正式名称は、「イタルデザイン・ジウジアーロ」というイタリアデザイン会社です。同社では、自動車だけでなく、時計や自転車など、様々な工業デザインを手掛けることで非常に有名です。

著名なデザイナーである「ジョルジェット・ジウジアーロ」によって1968年に設立された会社です。一般的には、「イタルデザイン」部門が、自動車デザインを専門に製作して、その他の分野では「ジウジアーロ・デザイン」部門が担当する2分社化に近い会社でした。

2010年より、イタルデザインはフォルクスワーゲン・アウディグループの傘下となったことで、ジウジアーロと分断する形になりました。

現在では、フィリッポ・ペリーニ氏がイタルデザインとして自動車デザイン事業を続けています。ユニークで美しいモデルを生み出し続けていますね。

意外と日本でもイタルデザイン適用の量産モデルがありますね!
・スズキキャリー1969年
・いすゞピアッツァ1981年
・トヨタカローラ1983年(AE85/86除)
・いすゞジェミニ1985年
・スズキSX4 2006年
など他多数ありました。量産モデル、コンセプトモデルの両方で、世界中の自動車メーカーと共同でデザインしていますね。

日産 GT-R50 by Italdesign コンセプト画像

https://www.netcarshow.com/ (57472)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

このイタルデザイン ダ・ヴィンチは、レオナルド・ダ・ヴィンチ生誕50周年を記念したモデルとして仕上げられました。ショー企画のディテールを少し変更するだけで、量産できるモデルにも仕上げているようです。

パワートレインもEVと通常エンジンの2通りの搭載が可能になっていますので、これからの市販化に期待できそうですね。

18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me