2018年4月21日 更新

新型ジュークにe-POWERが2018年夏に登場!?気になる発売日など最新情報をご紹介!

CX-8やCR-Vなど多くのSUV車が登場するほどSUVの人気が高まっているこの頃ですが、そんなSUV市場の中でも最も人気の高いコンパクトSUVであるジュークに人気のe-POWERを搭載したモデルが登場するとの話題が!今回は新型ジュークの最新情報についてまとめていきたいと思います!

新型ジュークにe-POWERが2018年夏に登場!?気になる発売日など最新情報をご紹介!

新型ジュークにe-POWERが追加!?

日産:ジューク [ JUKE ] コンパクトカー Webカタログ トップ (21377)

2010年の登場から早いことで8年が経とうとしている日産ジュークですが、ついに2018年にフルモデルチェンジするのではとの情報が挙がっております!

もともと、東京モーターショー2017でのお披露目も期待されていた新型ジュークですが、残念なことに公開とはなりませんでした。

そんな新型ジュークについてですが、フルモデルチェンジ後のラインナップにはノートでも高い人気を誇るe-POWERが搭載されるなど気になる情報もピックアップされております!

そこで今回は、新型ジュークの登場時期やスペックなどの最新情報について、まとめていきたいと思います!

新型ジュークの予想CGが公開!どんなエクステリアに!?

日産|デザイン|日産デザイン|デザインギャラリー/コンセプトカー|NISSAN GRIPZ CONCEPT (21395)

新型ジュークに関しては、チビカでもこれまで数ある情報を元に予測や解説を行ってきました!

今回はこれまでチビカで紹介している内容も踏まえ、新たに増えた情報や個人的な意見を踏まえて新型ジュークのスペックについて迫ってみたいと思います!(これまでのジュークの記事は最後にあります!)
まずデザインに関しては、斬新さが売りのジュークですので画像のコンセプトカーである「グリップス コンセプト」をベースに他と違う路線で攻めてくると予想されます。

しかしながら、斬新過ぎても多くの評価を得られないことから、日産らしさ(Vモーションや現行型の名残を起こした)エクステリアになるのではないでしょうか?

予想CGもちらほら挙がっておりますが、どれも上記の「グリップス コンセプト」をベースにしたものが多く予想であることから気になる方は日産の公式サイトでチェックすることをお勧めします!

新型ジュークにe-POWERが追加!?気になるスペックとは?

e-POWER | 日産|技術開発の取り組み (21402)

エクステリアの次に気になるスペックに関してですが、ジュークの売りは斬新なエクステリアに加えて日産で唯一手の届く範囲で走りを楽しむことのできる一台であることも挙げられます。

1.6LターボエンジンでMTの設定と、日産はこの車両を除けばベース車両として走りを楽しむように作られたものはZやGT-Rくらいのレベルです。(ニスモ系統は除く)

そんな走りにも注目したい新型ジュークに関してですが、ノートにも搭載されているe-POWERの追加が期待されております。ノートと同じレベルのボディーサイズであり、ベースの排気量も大きく変わらないことから最もe-POWERの搭載が考えられる日産車がこのジュークです。

特に、ジュークの売りである走りの良さもe-POWERの加速でカバーでき、ライバルに差をつけられている燃費においても一気に優位に立てる可能性もあることからメーカーとしても登場させたいところではないでしょうか?

また、新プラットフォームの採用により車体の軽量化やコストの削減など様々な恩恵を受けられることらか走りにも燃費にも一層磨きがかけられることでしょう!

ちなみに、1.2Lターボにe-POWERのいう組み合わせも話題になっておりますが、本来NAでも十分な加速力を生み出し、エンジンが発電専用のe-POWERに対して、部品点数の増加により重量やコストを増えてしまうターボを組み合わせるメリットが大きいのか個人的には疑問なので、搭載の場合は詳しい内容が楽しみな技術にもなります!

新型ジューク最大の欠点である燃費はどうなる?

日産:ジューク [ JUKE ] コンパクトカー Webカタログ トップ (21406)

現行型ジュークの走りの良さに対してライバルと差をつけられているのが燃費の悪さです。

例えばジュークが最も良いグレードにおいてリッター18キロほどであるのに対して、ホンダヴェセルだとリッター19~27キロ、トヨタCH-Rに至ってはベースとなるハイブリットモデルはリッター30.2キロと差は圧倒的です。

長い間モデルチェンジを行っていないジュークですので、大きく燃費に差が生じるのは仕方のないことかもしれませんが、今回のフルモデルチェンジでこれらのライバルとの差を埋める必要があるでしょう。

そんな新型ジュークの燃費についてですが、おおよそリッター30キロ前後になるのではと予想されます。

これは、ノートe-POWERの燃費に対して0.2トン前後の重量差やホイールサイズの違い、ボディータイプの違いによる空気抵抗などを考慮した結果です。

重量などで劣るノート以上の燃費は難しいものの、ライバルとの競争力を保つ為にもヴェゼル以上CH-R前後の燃費を目指してくるでしょう!

新型ジュークの気になる価格は?

日産:ジューク [ JUKE ] コンパクトカー | 外観・内装 (21408)

燃費がどれほど良くても価格が高過ぎては元を取れないので意味がありません。

では、新型ジュークの価格はどうなるのでしょうか?

ノートでのe-POWERとガソリン車の価格差はおおよそ40~50万円ほどとなっております。

それを考慮すれば、現行型とさほど価格が変わらないのであれば、250~300万円前後の価格が期待できそうです(ニスモを除く)

ただし、新プラットフォームによるコスト低下や新技術や装備の追加によって価格は変動する為、今回予想したような単純価格になるかは定かではありません。

しかしながら、(もしあればですが)1.6Lピュアターボモデルとe-POWERの選択肢が280万円前後の同じ価格で選べる新型ジュークなんて可能性もありそうです!

新型ジュークの発売時期は?

日産|デザイン|日産デザイン|デザインギャラリー/コンセプトカー|NISSAN GRIPZ CONCEPT (21411)

今回はセレナの次にe-POWERの搭載が期待されている新型ジュークについてご紹介しました!

画像のように観音開きでガルウイングなんて仕様だったらもう言うことなしですね!(建てつけや経年劣化など怖いですが、、、)

そんな新型ジュークの発売時期に関してですが、2018年夏以降の発表になるのではないかと予想されます。

そもそも東京モーターショー2017での発表が期待されていた一台ですが、2017年での進展はありませんでした。

セレナe-POWERに関しても、2017年での発表が予想されておりましたが2018年春まで伸びているので、同様にe-POWERを追加するに当たって発表が伸びているのかもしれません、、、

早いとセレナと同時公開なんてこともあり得ますが、公開情報など入り次第またチビカでご紹介したいと思います!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき