2017年12月13日 更新

ジャガー初のコンパクトSUV Jaguar E-PACEが発売を発表!デザイン・スペック・価格等を見ていきます!!!

ジャガーでコンパクトSUV発売が初めてと成るE-PACE。デザイン・スペック・価格等を解説して行きたいと思います!!!

ジャガー初のコンパクトSUV  Jaguar E-PACEが発売を発表!デザイン・スペック・価格等を見ていきます!!!

Jaguar E-PACEってどんな車に仕上がっているのでしょうか!?

動画二本立てからご覧下さい!

ジャガー初のコンパクトSUVとして登場のE‑PACE。ジャガーとして今回かなり力を入れて開発・販売を推進していることが伺えます。ホームページを見ても随所に動画が散りばめられておりユーザーの視覚に訴えかける工夫もされていると感じます!

デザイン・俊敏性・ダイナミックな走りを独創的に融合しながら、室内空間の中心にあるのは、あくまでドライバーのための運転席を大事に開発してるようです。ジャガーならではの運転性能と、毎日の生活環境に応える実用的な空間確保を大事に開発されています。 まったく新しいコンパクトSUVがジャガーから誕生したと言えるでしょう!!!

エクステリアデザインは?

 (19035)

フロント部分は、シャープながらもエッジ部分は削りだししたような綺麗なデザインと思います。E‑PACEは、ジャガーとしてはクーペの要素を取り入れたSUVに仕上げているそうです。LEDヘッドランプとLEDリアシグネチャーライトは、夜間の路上で存在感を発揮するようにデザインされていて、アニメーション方向指示器は、デザイン性と安全性を兼ね備えているようです!!!
 (19036)

綺麗に流れるようなルーフラインに、特徴的なのは大胆に鋭角に傾斜したリアウィンドウとスポイラーの組み合わせがサイドビューの中で最も印象的ではないでしょうか?そして最近の傾向である大径 21インチホイールは、スポーティさを強調してくれています。

リアビューは、スッキリとしたデザインでありながらもリアバンパー付近ではスポーティ性を打ち出していると筆者は感じます。
 (19048)

方向指示器がアニメーション化されていることで、対歩行者・自転車・他の車両に認識されやすく出来ているようです。安全への取り組みの1つであり、デザイン性アップであると考えます。
 (19037)

インテリアデザインは???

動画でもあるようにあくまで家族としての空間を確保しながらもドライバーのドライビングに重点を置いている点がこの E-PACEでも強調されているように感じます。

非常にスッキリとそしてキリッと作りこまれていると直感できるインエリアデザイン。
 (19039)

インテリアのムードランプは、10種類から選択可能でその日の気分等で自分好みでカスタマイズ可能と成っているようです!!!
 (19040)

33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me