2017年5月29日 更新

あなたの軽自動車にぴったり!最新のエコタイヤまとめ

低燃費をアシストとするエコタイヤが各タイヤメーカーから販売されています。 ここでは、軽自動車に使いたい人気のエコタイヤを紹介します。

あなたの軽自動車にぴったり!最新のエコタイヤまとめ

ブリヂストン 「ECOPIA NH100C」

NH100 C(軽・コンパクト専用) 製品特徴 | 低燃費、安全性、ライフをバランスさせたタイヤ:エコピア(ECOPIA) | 株式会社ブリヂストン (8736)

「ECOPIA NH100C」はウェットやライフ、低燃費といった性能を高い次元で達成するために、エコ効きもちゴムをはじめ、剛性コントロールシート、耐摩耗最適化形状、ULTIMATEYE™(アルティメットアイ)を採用。

軽自動車やコンパクトカー専用の設計で、高剛性ショルダーブロックを採用し、市街地でのハンドルの据え切りなどによる偏摩耗を考慮しました。

ヨコハマ 「BluEarth AE-01」

 (8740)

「BluEarth AE-01」は、低燃費性能を実現するために、ころがりモードでのエネルギーロスを低減。

ナノレベルのブレンド技術により、低燃費、ウェット、耐摩耗といった性能のベストバランスを導き出しました。

オレンジオイル配合により、グリップモードのレベルもアップ。

ブルーアースAE-01専用に開発されたトレッドパターンは、燃費向上を目指し、エネルギーロスの低減、ウェット性能の向上、偏摩耗を抑えます。

更に、静粛性や剛性を確率するために、色々な独自技術を採用しました。

ダンロップ「エナセーブ EC203」

エナセーブ EC203|低燃費タイヤ(エコタイヤ) | ダンロップタイヤ 公式タイヤサイト【DUNLOP】 (8742)

「エナセーブ EC203」には、「新マルチ変性SBR」、「末端変性ポリマー」、「真円プロファイル」を採用し、必要のない発熱を抑えることで、低燃費性能を向上。

「新マルチ変性SBR」により、タイヤのトレッドの発熱、「末端変性ポリマー」により、タイヤのサイドウォールの発熱を抑えます。

「真円プロファイル」によってタイヤのサイド部が全体かつ均一にたわむことより、必要がないエネルギーの消費を抑えます。

これにより、転がり抵抗を減らし、燃費を向上させました。

トーヨー「ナノエナジー3」

ナノエナジー3 - 基本性能と摩耗ライフの向上を両立した低燃費タイヤのスタンダード│トーヨータイヤ (8745)

「ナノエナジー3」は基本的な性能や耐摩擦性能を向上させ、低燃費を実現させたタイヤ。

ECO WALKERと比較して、51%も耐摩耗性能を向上させました。

摩耗性能を高め、転がり抵抗を抑制させるために、アクティブポリマーを増やしたトレッドコンパウンドやワイドトレッドにより、高剛性なリブパターンを採用。

ミシュラン「ENERGY E3B 1」

Michelin Energy e3b1 Tyres | Michelin Japan (8748)

「ENERGY E3B 1」はハンドリングと安全性に優れたタイヤで、転がり抵抗を抑えることで、低燃費をアシストするタイヤ。

ENERGY Green Xコンパウンドを採用したことで、グリップパワーをロスすることなく、転がり抵抗を抑えました。

グッドイヤー「EfficientGrip ECO EG01」

 (8751)

「EfficientGrip ECO EG01」は優れた低燃費性能の他に、優れたロングライフ性能やウエット性能を実現したスタンダードエコタイヤ。

採用されたフューエルセービングラバーには、発熱の抑制に寄与する新結合ユニット=アクティブユニットがあり、転がり抵抗を減らし、ロングライフを確率しました。

更に、発熱を抑え、燃費の向上や操縦安定性に寄与する専用パターンプロファイルを採用。

コンチネンタル「ComfortContact CC6」

ComfortContact CC6 (8754)

「ComfortContact CC6」は、更に改善された走行ノイズ、優れた乗り心地や燃費性能を実現したタイヤです。

ヘルムホルツ共鳴器の原理に基づいたハーモニックコンフォートチャンバーを採用し
更に静かな乗り心地を実現。

「ウィスパーコンパウンド」を採用し、タイヤの円滑な回転をアシストします。

まとめ

各タイヤメーカーから、人気のエコタイヤをご紹介しました。

軽自動車だからこそ、燃費に拘る方も多いはずなので、愛車にぴったりのエコタイヤを選ぶことも重要だと思います。

低燃費を実現するためには、自動車メーカーが指定するサイズや空気圧を守ることが重要です。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123