2017年12月9日 更新

スズキハスラーがマイナーチェンジ!どこが新しい?特別仕様車が発売!

平成26年1月に発売開始されたハスラーも3年が経ちました。今回どのような形でマイナーチェンジしたのかを調査して行きたいと思います。どうやら特別仕様車が更新して追加された模様です!

スズキハスラーがマイナーチェンジ!どこが新しい?特別仕様車が発売!

ハスラーのマイナーチェンジチェンジでどうなったのでしょうか?

通常仕様のハスラーは、大きな変更はないと考えます。発売当初からのファニーで若干車高の高い独特なデザインは健在で、最近の軽自動車の中でも人気が継続しているモデルのひとつであります。
 (19930)

マイナーチェンジポイント:特別仕様車の発売!

ハスラー JスタイルIIIの発売

今回のハスラー JスタイルIIIは、エクステリア関連では、ハスラーのアルファベットエンブレムがフロントにあしらわれて高級感とハスラー感をアップさせておりスモークメッキ調であることが特徴となっています。

これに専用スモークメッキグリル、前後専用バンパーガーニッシュ、ルーフレール、そしてLEDフォグランプに専用15インチアルミホイール仕様となっております。
 (19931)

 (19937)

専用のエンブレムが与えられたり、メッキドアノブも標準採用されております。
 (19938)

 (19958)

インテリア部分では、フロントダッシュパネルが専用ネイビーになっていたりしており、落ち着いた感じを際ださせていると筆者は考えます。

やはり最大の特徴は、専用シートの採用!。ブラウンとネイビーのミックスは、落ち着いたデザインとなっており高級感を通常モデルよりも演出していると感じます。
 (19934)

このほか専用のステアリングガーニッシュやエアコンパネル、ドアトリム、エアコンルーパーリング等も装備されており車内空間の一体化を総合的に演出していると考えます。
 (19939)

ハスラー JスタイルIIIの価格ラインアップは、下記の構成に成っております。ボディーカラーは、ツートンタイプで7色が用意されています。

燃費は、ハスラー JスタイルIII 2WDでJC08モード32.0㎞/L。これはやはりSエネチャージ搭載の効果で達成しているとも言えるのではないでしょうか?!
 (19959)

リミテッドモデルの追加

ハスラー FリミテッドII

ハスラーらしさが更に際立つような装備の追加を行っているようです!
専用スチールメタリックのハスラーアルファベッドエンブレム、フロントリア同色バンパーガーニッシュ、ディスチャージヘッドランプ、FリミテッドIIエンブレム、15インチブラックメタリックスチールホイール、LEDサイドターンランプ付き電動格納サイドミラー。

Gツートングレードからの特別仕様車ですが、かなりの専用装備が付属していると筆者的には感じます。
 (19932)

 (19935)

 (19965)

インテリアでは、ダッシュパネル関連は専用アイボリーパネルを使用しており柔らかさを強調しながら、専用のエアコンルーパーリングはブルー調、専用ファブリックシートもブルー調と調和の取れた感じに仕上げていると思います。

シート自体もブルーのステッチがアクセントとなっていると筆者は感じます。ブルーのアクティブな感じとアイボリーの柔らかい感じが絶妙にミックスされていると感じました。
 (19933)

 (19936)

ハスラー FリミテッドIIの価格ラインアップは、下記の画像の2種類と成っております。ターボの設定がないことが残念では有りますが、Gツートングレードからの仕様変更なので致し方ないとも感じます。

カラーは、ツートンカラーで4色をラインアップ、2WDでJC08モードで32.0㎞/L。こちらにもSエネチャージ搭載となっております。
 (19967)

このハスラーは、2016年度予防安全性能評価の最高ランクASV++を獲得しています。今後は、これをさらに進化させてサポカーに発展していくこととなっていくと思います。
 (19970)

まとめ

平成26年1月に販売がスタートして、1年毎の節目にJスタイル・Fリミテッドと特別仕様車をラインアップしています。今回のマイナーチェンジでは、Jスタイルは3代目となりJスタイルIIIと進化。Fリミテッドは2代目となり FリミテッドIIと進化したことが最大の特徴であると筆者は考えます。

ハスラーも販売から3年が経過し一定の熟成を迎えたとも言えます。
後は、他メーカー特にダイハツの予防安全装備に負けずに進化していくことが課題であると感じます。
今後のモデルチェンジの方向性を思いつつ、販売動向を観察して行きたいと思います。
32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me