2019年4月15日 更新

走る化石!?日産サニートラックの魅力

これほどロングセラーという言葉が当てはまるクルマも無いかもしれません。マイナーチェンジはありましたが見た目をほとんど変えず、20年以上も作り続けられたクルマがあります。それが今回紹介する“サニトラ”こと日産サニートラックです。

走る化石!?日産サニートラックの魅力

どんなクルマ?

日産・サニートラック - Wikipedia (58671)

初代日産サニートラック(B20型)は、1967年に発表されました。B10サニーをベースとしたもので、OHVのA12型エンジンを搭載していました。

現在、このB20型サニトラはあまり残っておらず、かなりレアな存在となっています。

それから4年後の1971年、2代目サニートラック(B120型)がデビューします。現在“サニトラ”として親しまれているのはこの2代目のB120型です。

ベースとなったB110型サニーと同様A12型エンジンを搭載し、3速コラムMTか4速フロアMTが選べました。

1977年、中期型(B121型)にマイナーチェンジされます。

外観上の違いはフロントグリルとサイドの車名エンブレムが変更された程度で、後はインテリアカラーがブラウンに統一され、サニークーペと同一の丸型メーターに変更されたくらいでした。

幾度かの排ガス規制への対応のための変更を挟み、1989年にビッグマイナーチェンジが行われます。

フロントにディスクブレーキを採用し、エンジン改良、三元触媒を搭載し、昭和63年排出ガス規制に対応、NOx規制適合車両(型式R-B122:ショートボディー、R-GB122:ロングボディー)となりました。

ちなみにこの変更により、現在施行されている改正NOx・PM法にも適合しています。

エクステリアも変更され、ヘッドランプが中期型までの丸型から角形になり、フロントグリルのデザイン変更も行われました。

インテリアには部分トリコット生地シートが採用され、内装色もブラウン系からグレー系になりました。

レトロなスタイリング

日産・サニートラック - Wikipedia (58672)

サニトラの魅力は、何と言っても昭和臭ムンムンのレトロなスタイリングです。

不必要な面と線が連続する現代のクルマと違い、全てがオーソドックスなラインでまとめられています。デザインのためのデザインはどこにもありません。

また、フロントフェイスも愛嬌があり、レトロ可愛いものです。

丸目の方に人気があるため、丸目に換装された後期型が多くありますが、角目も角目で味があって良いデザインです。

搭載されるエンジン

日産・サニートラック - Wikipedia (58673)

サニトラに搭載されるエンジンは、OHV直列4気筒1,171ccのA12と呼ばれるエンジンで、52ps/5,400rpm、8.5kg-m/2,800rpmを発揮します。

車両重量が700kg少々で最大積載量が500kgとはいえ、このスペックじゃさすがに非力な気がしますが、昔は時の流れがゆったりだったのできっとこれで良かったのでしょう。

このエンジンは1970年から1994年まで生産され、サニーやチェリー、初代バネットにも搭載されていました。

そのままでは非力なエンジンですが、そのシンプルさから恰好のチューニングベースとされてきました。

B110サニーも同じA12型エンジンを搭載していましたが、TSレースに出ていた車両は、ノーマルの倍以上の170psを発揮するチューニングが施されていたり、高回転が苦手なOHVながら10,000rpmまで回るようモディファイされていたりしたものもありました。

このようにチューニングのノウハウはかなり蓄積されているため、高回転ブン回し仕様から実用的な低速トルク重視仕様まで、好みに応じて様々にカスタムすることができます。

まとめ

 (58674)

サニトラはそのレトロな見た目とシンプルな構造、チューニングベースにもなり得るエンジンにより、趣味性のとても高いクルマとして評価されています。

とはいえ元は商用車・実用車であるため、中古車を購入する際は注意が必要です。

仕事車として使われていた個体の場合、最低限のメンテナンスで酷使されていた可能性もあり、荷台やフレームのサビによる腐食・穴開きなどは必ず確認すべきポイントです。

カスタムについては、かなり多くのパーツが出ているため、自分好みのスタイルに仕上げる事が可能です。

また、昔のクルマなので、クーラーが付いていない個体が結構あります。

今の若い人は知らない、昔懐かしの吊り下げクーラーを後付けする事になりますが、これはこれでレトロな雰囲気が出てなかなかステキではないでしょうか。

以前に比べると中古相場はだんだん高くなっている傾向があるので、欲しいと思った方は今がチャンスです!
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲