2017年4月28日 更新

JAFが語るGWの車トラブル第一位は?自分が渋滞の原因とならないためには?

JAFは、ゴールデンウィーク期間に救援依頼が急増することから、ドライバーへ注意を呼び掛けています。 救援依頼の第一位は…?

JAFが語るGWの車トラブル第一位は?自分が渋滞の原因とならないためには?
JAF|ロードサービス|データで見るロードサービス救援データ|2016年度シーズン別 (6944)

高速道路でのトラブル、タイヤのパンクが第一位!

thinkstock (6938)

2016年のゴールデンウィーク(4月29日~5月8日)にJAFが行ったロードサービスは、全国で6万7960件、1日平均6796件となりました。

なんと、これは約12.7秒に1件の割合でトラブルが起こっているということ!
JAFの皆さんのご苦労は心中お察しいたします…。

特にGW期間中には高速道路を走ることも多く、高速道路でのトラブルは、「タイヤのパンク」が最も多く982件となっています!
普段ほとんど車を運転しない人が、たまの連休に張り切って車を動かして遠出することも多いでしょう。
長時間運転しないと空気圧も下がってしまうので、その状態で高速道路を走ったりすると、バーストする可能性も高まります。

GWに遠出をする前には、タイヤの空気圧のチェックも忘れないようにしましょう!!

次いで多いトラブルが、燃料切れ…

thinkstock (6939)

GW期間中の高速道路でのトラブルでは、タイヤバーストに次いで多いのが「燃料切れ」の346件(高速道路全体の約11%)となります。

燃料チェックを怠るのはもってのほかですが、高速道路の途中で大渋滞に巻き込まれてそのままガス欠になってしまうなんてことも想定されます。
ギリギリの燃料で高速に乗るのは燃料切れのリスクが有ることを忘れずに、常に燃料の残量を意識しながら、早めの給油を心がけましょう。

特に、普段より人数を乗せてのドライブだと燃料も普段より余計に消費することを頭の片隅においておきましょう。
高速道路のサービスエリアでの給油はやや割高となりますが、ケチってJAFさんのお世話になるよりは、1000円でも2000円でも給油しておけば転ばぬ先の杖になります。
ガス欠で高速道路上に止まってしまうと、渋滞の原因を自分が作ることになりますので、気をつけましょう。

一般道でのトラブル、第一位はバッテリー上がり

gettyimages (6945)

一方、GW期間中の一般道でのトラブル第一位は、過放電バッテリー(バッテリー上がり)で22,953件となっています。
こちらのほうが数字が圧倒的に多いですね。
年間を通して一般道でのトラブル第一位は過放電バッテリーとなっています。

エンジンの掛かりが悪くなってきたり、エアコンの効きが怪しくなってきたりしたら、早めにディーラーやガソリンスタンドでバッテリーを診てもらうようにしましょう。
GWの旅先でバッテリー上がりなんてことになったら、せっかくの旅行が台無しになってしまいますからね!

普段から車の点検を!高速ではむやみに路上に降りない!

thinkstock (6946)

高速道路上では故障車への追突事故が多発しています。
路上トラブルの際には、まず同乗者を含め全員が車外の安全な場所に避難してから救援依頼をしましょう。

またそうしたトラブルに見舞われないためにも、普段からバッテリーやタイヤ空気圧などはチェックをするようにしましょう。
タイヤに関しては見れば空気が減っているのがすぐに分かるはずです。
長距離のドライブの前には、必ず4輪チェックするようにしましょう。

愛車の点検をしっかり行って、安全快適にゴールデンウィークのドライブを楽しみましょう!^^
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部