2017年3月6日 更新

Toyota Research Institute, Inc.、自動運転実験車を 米国カリフォルニア州での「プリウス・チャレンジ」イベントに展示

トヨタ公式サイトで3/3にリリースされたニュースまとめ

Toyota Research Institute, Inc.、自動運転実験車を 米国カリフォルニア州での「プリウス・チャレンジ」イベントに展示
トヨタ公式サイトでアメリカカリフォルニアで開催される「プリウス・チャレンジ」でTRI製の新作自動運転実験車を公開すると発表がありました。

Toyota Research Institute, Inc.、自動運転実験車を 米国カリフォルニア州での「プリウス・チャレンジ」イベントに展示

●TRIの新たな自動運転実験車は、演算能力やセンサー能力を拡充

●「ショーファー」(完全自動運転)と「ガーディアン」(高度運転支援)の開発に向け、柔軟に改良を加えて実証を行えるプラットフォームとして開発

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)の子会社で、米国において人工知能等の研究開発を行うToyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)は、本日米国カリフォルニア州ソノマでTRIが開催したイベント「プリウス・チャレンジ」※1において、TRIが手がけた新たな自動運転実験車を展示・公表した。この実験車は、日本での技術開発に加えて米国でもトヨタが12年間にわたって取り組んできた自動運転技術の研究開発をさらに推し進めるものであり、今後、自動運転の様々な可能性を模索するべく、TRIでの実証研究に使用される。

 今回の実験車は、2013年の米国家電見本市「CES」で公表した自動運転実験車※2を改良したもので、ベース車両であるレクサスLS600hLのドライブ・バイ・ワイヤ技術のインターフェースを実装。センサーの付け替えなど柔軟に改良を加えることが可能な実験車両とした。高い演算能力を備え、マシンビジョン(ソフトウェアも含めた機械による周辺認識システム)や機械学習能力も強化している。また、当面は高精度の地図情報が存在しないエリアでも自動運転を使用することも想定されるため、高精度地図に過度に依存しないシステムも構築するために今回の実験車ではライダー(光検出・測距)、レーダー、カメラなどのセンサー能力を拡充している。

 今後TRIでは、実験車の走行試験から得られる技術データを蓄積し、「ショーファー」(完全自動運転)と「ガーディアン」(高度運転支援)の研究開発に役立てていく。

 TRIのCEOであるGill A. Pratt(ギル・プラット)は「TRIが手がけた初の自動運転実験車のプラットフォームとして、これまでの自動運転研究の成果を織り込んだ。この実験車は、ドライバーの運転習慣を学ぶだけでなく、データ収集やコネクティッド技術の進展に応じて他の車両から共有される情報を活用するなどして、徐々に賢くなっていく。ガーディアンは、交通事故死傷者低減に貢献できる高度運転支援技術として、ショーファーよりも早期に幅広く展開されていくと考えている」と語った。
ベースとなったレクサスLS600hはこちら
LS600h “version L”<オプション装着車>

LS600h “version L”<オプション装着車>

そして今回公開される自動運転実験車はこちら
色と車体に載っている器具以外は同じに見えますね。
TRI自動運転実験車

TRI自動運転実験車

TRI自動運転実験車

TRI自動運転実験車

TRI自動運転実験車

TRI自動運転実験車

動画もありました!
自動運転とは思えないくらい穏やかに走ってますね。

ボディに付けられた機械が目や耳の役割を果たすのですが、車の上で終始くるくる回っているのはロボットっぽくて少しかわいいです。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya