2018年3月13日 更新

ランドローバーが、レンジローバーSVクーペを発表。2ドアSUVの実力は?デザイン・スペック等を検証。シートカラーが面白い事に?!

ランドローバーが、まったく新しい2ドアのSUVタイプを開発。ラグジュアリー感もたっぷりで登場。このレンジローバーSVクーペのデザイン・スペック・価格等を解説してみます。

ランドローバーが、レンジローバーSVクーペを発表。2ドアSUVの実力は?デザイン・スペック等を検証。シートカラーが面白い事に?!

ランドローバーってどんな会社?

ランドローバーは、イギリスを代表する4WD専門の自動車メーカー。近年では、タタモーターズの傘下となり、ジャガー・ランドローバーとなっています。

その中でもレンジローバーは、同社を代表とする世界初のフルサイズSUV。登場は、今から約50年ほど前になります。このレンジローバーが、フラッグシップモデルであることは、いうまでもないでしょう!

そして今回、新しいジャンルを築くべく、限定モデルとして2ドアのレンジローバーSVクーペを発表しました。

この新提案のデザイン・スペック等を解説していきます。

レンジローバーSVクーペのエクステリアデザインは?

フロントビューはどうでしょうか?
まったく新しいレンジローバーデザインへと生まれ変わった印象。そしてランドローバー社では、このデザインを構成するカラーリングには、100種類以上のサンプリングを行い、澄み切った透明感の生まれるカラーリングを実現させているとの事。

筆者も画像を見ていると、ガッチリとタフな印象ではなく、スタイリッシュで光あふれるカラーリングと直感。そして多くのパーツが、熟練の職人の技を駆使していると感じる綺麗なボディーライン。

レンジローバーの特徴は、そのまま継承されている部分もあります。ボンネットに刻印されたエンブレム、グリルデザイン、そしてヘッドライトデザインなど。

このSVクーペは、多くのエクステリアにアルミパーツを使用し、モノコックボディーもアルミとの事です。これによりSUVでもかなりの軽量化になっているでしょう!
https://www.netcarshow.com (25217)

via https://www.netcarshow.com
サイドビューはどうでしょうか?

Brunel MetallicメッシュとSatin Indusシルバーメタルで囲まれたラインが、最大のポイント。これにより引き締まった感じとカラーコントラストが生まれていますね!

標準21インチのホイールを採用し、オプションで22インチ・23インチのホイールも選択可能となっています。

サイドビューから見ると本当に2ドアなんだなと実感できるデザインですね。車高は、標準レンジローバーより8㎜程ダウン。これは、エアサスペンションのレート変更による変化ということです。

標準レンジローバーよりも全長がやや短い印象。2ドアならではの設計でしょう。全幅2,073㎜、全高1,794㎜。
https://www.netcarshow.com (25218)

via https://www.netcarshow.com
リアビューはどうでしょうか?

テールランプデザインは、標準レンジローバーに近い雰囲気となっていますね。こちらもリアゲート下部パーツ以外は、アルミ製のパーツで構成されているようです。

ルーフは、やはり最近のはやりであるブラックガラス化になっておりますね。ボディーカラーは、8色を用意。オプションでは、さらに16色も選択が可能との事。

https://www.netcarshow.com (25219)

via https://www.netcarshow.com

レンジローバーSVクーペのインテリアデザインは?

10インチのセンターコンソールディスプレーに12インチのメーターディスプレーが装備されているとの事。スピーカーはなんと3Dを音源を可能とするために23個。これにはサブウーファーも加わっています。

ステアリングホイールリム、ドアケーシング、センターコンソール、インストルメントパネル、ロードスペースフロアには、エレガントな木目調を選択することも可能。
https://www.netcarshow.com (25220)

via https://www.netcarshow.com
非常に斬新なシートカラーの組み合わせ。ホワイト・ブラック・ブラウンからそれぞれ2カラーを組み合わせる事が出来るようになっています。モノトーンの選択も可能であります。

このシートカラーアレンジは、あまり見かけない非常に新しい提案であるのではないでしょうか?

エクステリアは透明感のある澄みきった印象で、インテリアは、ラグジュアリー感たっぷりな落ちついた雰囲気に仕上がっていますね。

エクステリアもインテリアもカラーコーディネイトが豊富で、ユーザーの個性や嗜好を満足させられるようにランドローバーが提案してきていると思います。
https://www.netcarshow.com (25221)

via https://www.netcarshow.com

レンジローバーSVクーペのパワートレーン等は?

5000㏄スーパーチャージャー型V8ガソリンパワートレインを搭載。これに組み合わされるミッションは、回転ドライブセレクターとパドルシフトを備えた8速ZFオートマチックトランスミッション。最高出力は、565ps。

サスペンションシステムは、エア式となっており5段階調整が可能となっています。

まとめ

現在、本国イギリスでは2018年3月末ごろに販売開始との事です。24万ポンドということは、日本円では、3550万円程となります。

日本への導入は、公式ホームページではレンジローバーSVクーペの紹介が始まっていますので、2018年4月から5月にはと予想します。

参考
https://www.landrover.co.jp/range-rover-sv-coupe/index.html

まったく新しいレンジローバーの提案が、ユーザー嗜好にマッチしたらよいな!と思います。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me