2017年12月18日 更新

スバル「シフォン」をマイナーチェンジし新グレード「Special」を設定!

スバルは12月18日に、自社の軽自動車である「シフォン」と「シフォンカスタム」をマイナーチェンジし発売しました!

スバル「シフォン」をマイナーチェンジし新グレード「Special」を設定!

目次

株式会社SUBARU ニュースリリース (20333)

SUBARUは、「シフォン」「シフォンカスタム」を改良し、本日2017年12月18日に発表、発売します。

今回の改良では、「シフォン」「シフォンカスタム」にパノラミックビューモニターを採用しました*1。パノラミックビューモニターでは、車両の前後左右に搭載した4つのカメラから取り込んだ映像を合成し、クルマを真上から見たような映像をナビゲーション画面*2に表示。車両周囲の状況を把握でき、狭い路地から広い道への合流などの見通しの悪い交差点、車庫入れや縦列駐車、狭い道でのすれ違いなどが安心して行えます。

スバルは12月18日に、自社の軽自動車である「シフォン」と「シフォンカスタム」をマイナーチェンジし発売しました!

今回のマイナーチェンジでは、パノラミックビューモニターを採用し、クルマを真上から見たような映像で車両周囲の状況を把握できることから、運転に自信のない初心者ドライバーから、狭い道や場所への駐車など運転に慣れている方でも困難な場所でも活躍する便利な機能となっております!

「G スマートアシスト」「R Limited スマートアシスト」などをベースしたお買い得グレード「G Special スマートアシスト」、「R Special スマートアシスト」も合わせて販売され、今回追加されたパノラミックビューモニターや右側パワースライドドアなどの特別装備車両をお手頃価格にて購入可能となっております。

なお、シフォンの価格は税込で1,285,200~1,609,200円、シフォンカスタムは1,617,840~1,873,800円となっております。

シフォンはダイハツタントのOEM車両となっていますが、東京モーターショーで登場したタントの次期型モデルと噂される車両も話題となっています!

タントも同じく今回マイナーチェンジとなっておりますが、フルモデルチェンジも気になるところですね!
5 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部