2018年4月23日 更新

スバルのアイサイトが自社開発を中止?その理由と今後の展開を予想

スバルの衝突被害軽減ブレーキアイサイトの自社開発中止の噂が流れています。 アイサイトについてと開発中止の理由について考察していきます。

スバルのアイサイトが自社開発を中止?その理由と今後の展開を予想

スバルのアイサイト開発中止は本当か?理由と、今後の展開を予想

Free photo: Subaru, Impreza, Sport, Car, Red - Free Image on Pixabay - 2281269 (26201)

衝突安全機能として名高いスバルのアイサイトが自社開発を中止するとの噂があります。

一部のコアなファンが買う車という印象が強かったスバルを、一般ユーザーが安全と安心を求め購入する車へと成長させた一端を担ったアイサイトを何故、今スバルは手放そうとしているのでしょうか?その、理由と今後の展開について検証していきましょう。

そもそもスバルのアイサイトとは?

Free photo: California, Road, Highway - Free Image on Pixabay - 210913 (26202)

スバルのアイサイトは、スバルと、日立オートモティブシステムズが共同開発し、2008年にレガシィアウトバックに実装された衝突被害軽減ブレーキの名称です。複数のカメラで同時に異なる角度から撮影することでものを立体的にとらえることのできるステレオカメラを使用し、運転支援システムを目的としています。カメラは車内のルームミラー前方位置に取り付けられています。

アイサイトVer.2の機能と特徴

Free photo: Tree, Road, Travel - Free Image on Pixabay - 3240941 (26203)

アイサイトver2は、「衝突軽減」から、「衝突回避」へ進化し2010年から実装されました。
【機能】時速0~100キロで衝突軽減、回避を行うプリクラッシュブレーキ/高速走行時時速40~114キロで追従する全車速追従機能付きクルーズコントロール/AT誤発進抑制制御/ふらつき、車線逸脱、先行車発信を教えてくれる警報&お知らせ機能/衝突事故発生時の記録保持の機能があります。
【搭載車】エクシーガクロスオーバー7(2018年3月生産終了)

アイサイトVer.3の特徴と機能

Free photo: Subaru, Impreza, Sport, Car, Red - Free Image on Pixabay - 2281268 (26204)

アイサイトVer.3は、カメラをモノクロからカラーに変更し、2014年にレヴォーグに搭載されました。
【機能】視野角が40%向上、カラー化による先行車ブレーキランプの認識機能、AT誤発信抑制制御がバック時にも対応、高速で車線をキープできるアクティブレーン機能が追加されました。
【搭載車】レガシィ、フォレスター、インプレッサ、XV、レヴォーグ、WRX
レヴォーグと、WRXのD型では時速0~120キロの全域でアクセル、ブレーキハンドル操作を自動で行うアイサイトツーリングアシスト機能を搭載しています。
2016年、2017年共に予防安全性能最高評価を受賞しています。
アイサイトVer.3の自動運転レベルは2です。

アイサイト開発中止の要因① 他社メーカーの追い上げ

アウディ A8

アウディ A8

アイサイトの自動ブレーキ性能は、かつては他メーカーを大きく突き放して1位でした。しかし、近年自動運転への関心が高まり、自動運転レベルなども周知されていく中、他自動車メーカーも自動運転開発の一環として、自動ブレーキや、安全支援システムの開発を行っています。
スバルのアイサイトは障害物ありの歩行者検知を苦手としており、その点では他のマツダや日産の安全機能に劣るのではないか?と言われています。
また、アイサイトVer.3の自動運転レベルは2で、車が状況を見ながらアクセル、ブレーキなどの操作を行い、運転手は周りの状況を見ながら運転を行う必要があり、あくまでも車の操作はサポートになり、運転者はハンドルから手を放すことができません。
アウディは、2018年に自動運転レベル3の条件付き自動運転をA8で実現しています。高速道路で渋滞中、時速60キロ以下であるとき「Audi AIトラフィックジャムパイロット」機能を使えば手放し運転をすることを可能にしています。
自動ブレーキの天下であったスバルも他メーカーの追い上げに危機感を抱いていることは間違いありません。

アイサイト開発中止の要因② 「ステレオカメラのみ」の限界

アイサイト ステレオカメラ

アイサイト ステレオカメラ

アイサイトは、他メーカーの安全機能と違い、レーダーや、レーザーを使用しないステレオカメラのみに頼った安全機能となっています。そのため、天候や障害物の柄、カメラの死角によっては上手く機能が発揮できない場合があります。レーダーレーザー、カメラなどを組み合わせる安全機能が一般的になっている今、どうしてもステレオカメラのみではカバーしきれず、アイサイトのみでレベル4以上の自動運転に対応していくことは厳しくなっていくことが予想されます。特に日立製のステレオカメラでは視野角が狭いです。
また、ステレオカメラが車内に設置されていることにより、フロントガラスへのアクセサリーの装着や、タイヤサイズの交換、車高調変更を安易に行うとアイサイトの機能が使えなくなってしまうという欠点もあります。

アイサイトの今後の展開を予想

レヴォーグ ハンドルスイッチ

レヴォーグ ハンドルスイッチ

アイサイトを自社開発で行わないとすれば、今までスバルでアイサイトを支えてきた技術者たちはどうなってしまうのでしょうか。

今後は、他社の安全技術のパッケージングをまるごと導入するか、他社のステレオカメラを導入するか、日立が新しくステレオカメラを生産するか、それともレーザーレーダー、赤外線、複眼カメラなどの新技術を取り入れるかということになるでしょう。
技術者も大切にしながら、今まで培ってきた安心・安全のスバルを確保し、ドライバーを守る技術を提供してほしいものですね。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

haruroad0401 haruroad0401