2017年11月28日 更新

3年落ち以内で中古が100万円以下で買える!走りが良いコンパクトカー3選

2014年以降に発売されたコンパクトカーの中で走りが良いと言われている3車種をピックアップしてご紹介します。

3年落ち以内で中古が100万円以下で買える!走りが良いコンパクトカー3選

安くて楽しいコンパクトカーが欲しい!

軽自動車より少しだけサイズアップした手頃なサイズで扱いやすく、人気の高いコンパクトカー。
コンパクトカーの市場は日本国内や世界において大きな市場であるため、各メーカーがしのぎを削って研究開発しているホットなフィールドです。

法規上”乗用車”として扱われるため、コンパクトカーは軽自動車に比べるとどうしても維持費が高くなってしまうのが玉にキズではあるのですが、その分走行性能や乗り心地が良くなっている車種が多くなっています。

そんなコンパクトカーたちの中から”走りが良い!”と評価されており、なおかつ手が届きやすい国産のクルマをピックアップ。
更に新車に近い3年落ち程度・100万円以下で流通しているお財布に優しい3種類をこの記事でご紹介します。

マツダ デミオ

mazda (18879)

”Zoom-Zoom”でおなじみ、マツダのコンパクトカーのデミオです。
上級車種とも似通った秀逸なデザインに、マツダの"人馬一体感"を限りなく大事にした走りが特徴の一台です。

ハンドルを切った瞬間にスッと自然にクルマが思い通りに動くその感覚は、FF版のロードスターだ!と言われるほど。

ディーゼルエンジン仕様(XD)は流石に100万円以下では買えませんが、それ以外のガソリンエンジン仕様ならこなれた金額になってきています。
とはいえガソリンエンジン仕様は決して下級車というわけではありません。
ディーゼルエンジンよりもガソリンエンジンはかなり軽い為、コンパクトカーとしてデミオを見たときに”クルマ全体のバランスとしてはガソリン仕様の方が良い”という意見もあります。

スズキ スイフト

 (18882)

流線型のデザインが美しい、スズキのスイフトです。
4代目になり、大きく軽量化されたこのモデルですが、軽くなったボディは加速やハンドリング、燃費の向上に効き、過去モデルにおいて評価されていた高級感ある足回りも健在。

他車よりも若干トランクスペースが狭いというデメリットはありますが、そのデメリットを超えて余りある走りの楽しさを追求したクルマです。
最も良い点は、2017年に発売されたモデルが既に100万円以下で流通しだしていること。
もちろん下位グレードではあるのですが、新車とほぼ同様の良い個体が安く買えるということは大きな優位性です。
下位のグレードであっても他車に比べて比較的装備が充実しているのもメリット。
コストパフォーマンス抜群の1台です。

ホンダ フィット

 (18885)

”運転して楽しいコンパクトカーが欲しいんだけど、家族も乗せるし車内も広い方が良いよね”
と言った声にお答えできるのがフィットです。

先に挙げた2台はどうしてもドライバーが優先され、リアシートやトランクスペースが小さめに作られているのですが、このフィットはホンダ独自の”センタータンクレイアウト”と呼ばれるレイアウト手法によってとても広大なスペースを確保しています。

"ホンダのドル箱"と呼ばれて売れに売れ、多くのコストを掛けて研究されてきたこのフィットですから、人の快適性と引き換えに走りが悪くなってしまっている、なんてことも当然ありません。
初代・2代目と長きに渡るノウハウを詰め込まれた現行の3代目は走り好きにも満足できる1台となっています。

まとめ

以上、走りの良いお手頃コンパクトカーのご紹介でした。

技術が進歩するにつれ、昔よりも中古コンパクトカーのコストパフォーマンスは高まっています。
ファーストカーとしてもセカンドカーとしても優秀な国産コンパクトカー、クルマの乗り換えの際にはぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mi Mi