2018年7月10日 更新

【愛車のグレードアップに】LED化したい電装部3か所

【愛車のグレードアップに】LED化したい電装部3か所

はじめに・・・

最近の車に増えているLED

最近の車に増えているLED

最近の車は、欧州車をはじめ、日本車もライト類が電球からLEDへシフトしてきていますね。

記憶に新しいところで言えば、少し前にトヨタのミニバンである「アルファード/ヴェルファイア」がCMしましたが、この際にウィンカーが電球からLEDへ変更となっております。

また、ホンダの「N-BOX」、「ステップワゴン」・・・といったようにここ最近でウィンカーだけでなく、灯火類のLED化へのシフトが目覚ましくなっております。

そして、このLEDの光は闇夜で非常にはっきりくっきり光るモノですから、見た目も非常にカッコよくなっております。

しかし、1年~数年前に車を購入されている場合、このようなLED化の波は今と比べて、まだまだ鈍い頃でしたので、従来の電球が使用されている場合が多いかと思われます。

そこで今回は、
「ウチの車、少し前の車だから電球が使われているけど、より近代的な車に見えるようにカスタムしたい!」

と考えていらっしゃる方々へ、LED化すると愛車がより近代的な車にグレードアップしたように見える、灯火部を3か所ご紹介させていただきます。

1.ポジションランプ

LED化したポジションランプ

LED化したポジションランプ

ポジションランプのLED化において最もポピュラーな部分であるかと思われます。

その理由としては、
・ポジションランプに使われるLEDバルブはT10と呼ばれる小指の先くらいの小さいバルブが使われており、価格がそこまで高くない事
・ボンネットを開けたところから難なく手の届く範囲にポジションランプが設置されている車が多く、作業難易度が高くない事が挙げられます。

いわば、LED化の入門といった位置づけで考えてる方が多いかと思われます。難易度はそこまで高くないものの、ポジションランプをLED化することで得られる効果は絶大です。

2.ライセンスランプ

LED化したナンバー灯

LED化したナンバー灯

ライセンスランプのLED化もポジションランプ同様にポピュラーですね。

ライセンスランプは後続車からしか見えませんが、その後ろ姿は非常に上品なものになります。

ここの場合は、車によっては施工が難しい場合もあり、ご自身で作業される場合はマイナスドライバー等も必要となり、ポジションランプ程簡単には施工できませんが、こちらも効果は絶大でしょう。

3.(ウィンカー)

LED化したウィンカー

LED化したウィンカー

これはもし可能であれば一度はお試ししていただきたいです。

ウィンカーのLED化は、
・作業難易度が非常に高いこと
・お金が掛かること
・施工できない場合もあること

といった理由があり、前の2項目に比べると実施されている方は少ないかもしれません。

こちらはただバルブを変えるだけでは済まなく、車種によってはハイフラ防止のために電気抵抗をかませなければならなかったり、はたまた専用ソフトを使ってプログラムを弄ったり、ウィンカーリレーを交換しなければならなかったりと、必ずといって良い程他の作業も伴います。

ですが、 ラグジュアリー度で言えば、先に挙げた二つよりも効果は絶大であること間違いなしです。

闇夜に光るキレのあるウィンカーは周囲の注目を浴びれる事間違いありません!

さいごに・・・

いかがでしたでしょうか。以上がLED化したい電装部3か所でした!

なお、LEDバルブには多くのメーカーがありますが、筆者自身の経験やンターネットでよく使用されているLEDバルブの販売メーカーをいかにご紹介させて頂きますので、今後ご購入を考えている方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

・PHILIPS

PHILIPSのLEDバルブ

PHILIPSのLEDバルブ

・PIAA

PIAAのLEDバルブ

PIAAのLEDバルブ

・Valenti

valentiのLEDバルブ

valentiのLEDバルブ

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

koyo koyo