2018年10月27日 更新

フォルクスワーゲンの電気自動車「e-Golf」の特徴とは??購入の後押しとなるメリットを紹介します!

みなさん「Golf」という車をご存知でしょうか?コンパクトなサイズに丁度良いデザイン。そして誰にとっても使いやすく乗りやすいをコンセプトとして販売されていた車種が「ゴルフ」です。 そして、ゴルフには様々なグレードが存在していますが、電気自動車の「e-Golf」という車種が存在しています。電気自動車と言えば、低燃費な車と比べても航続距離が十分な余裕があると言っても良いほど環境に適した車です。今回は、その「e-Golf」について紹介していきますが、環境性能だけでなく、使い勝手や多くの方の評価を元に特徴を紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンの電気自動車「e-Golf」の特徴とは??購入の後押しとなるメリットを紹介します!

電気自動車は居住性にゆとりがあるって本当?

フォルクスワーゲン e-Golf | ヤナセ (49108)

「e-Golf」はフォルクスワーゲン・ゴルフのパワートレーンをガソリンエンジンから電気モーターに置き換えた車であり、リチウムイオンバッテリーが床下に敷き詰められています。

そのため、本来バッテリーを置くスペースの分に空きができ、使い勝手の良さだけでなく居住性も良くなったと言えるからです。そして、大人5人がゆったりくつろげる室内と開口部が広く、実用的なリアのラゲッジスペースが確保されています。
そして、コンパクトなサイズの車であるにもかかわらず、ゴルフバック三個を収納することができるそうで、この利便性が購入を決定する後押しになるとも言われています。

また、視認性の高い室内空間は小柄な女性にとっても運転しやすく、安全性も確保できることに納得のいく点であるとも言えます。
フォルクスワーゲン e-Golf | ヤナセ (49109)

「e-Golf」の充電メリットについて

Electric Car · Free photo on Pixabay (49110)

フォルクスワーゲン・ゴルフには、PHEV(プラグインハイブリッド)モデルのゴルフ GTEもラインナップされています。

しかし、「e-Golf」はJC08モードで301kmという航続距離ということから、燃費に一切迷いなく購入するにはこのモデルがオススメであると思います。
電気自動車のメリットは、低燃費以上の低燃費と言われる環境性能に加え、経済的費用の出費を大きく抑えることができるからです。

また、おおよそに計算すると20km/Lの低燃費の車が月にかかる給油費用が6,000円だとして、電気自動車の月にかかる電力充電の費用は1,500円程です。
Low Battery · Free vector graphic on Pixabay (49111)

自宅用の充電器には壁掛け型、コンセント型の2タイプがあります。自宅で気軽に充電でき、近所へのお出かけに必要な分だけを充電したり、寝ている間に充電しておくこともできるので、ガソリンスタンドに行く必要がなくとても楽なのです。勿論全国に充電スポットは存在し、急速に充電をすることも可能です。
トヨタホーム製壁掛型充電器

トヨタホーム製壁掛型充電器

デルタ電子製6kW倍速普通充電器

デルタ電子製6kW倍速普通充電器

充電設備は全国のショッピングモール、サービスエリア以外にも、コインパーキングやコンビニエンスストア、市役所、宿泊施設、ゴルフ場など様々な場所にあるそうです。

また、充電ステーションにある充電器は「急速充電」「普通充電」の2タイプあり、施設によって設置されている充電のタイプが異なります。e-ゴルフなら急速充電に対応しているので、35分でバッテリー容量80%までの充電が可能となっています。

そして、通常の充電では、6kwなら約6時間、3kwなら約12時間で充電が完了となります。
急速充電「CHAdeMO」

急速充電「CHAdeMO」

充電が更に楽になるアプリやカード

スマートフォンから充電ステーションの検索ができるアプリケーション(EasyEV)が存在しているのです。充電ステーションの位置情報だけでなく、車種選択や充電器の絞り込みにより最適なステーションへの案内が可能となっています。
Smartphone Screen Android · Free photo on Pixabay (49112)

更に、Volkswagen充電カードという日本全国の充電ネットワークでご利用いただけるお得なカードも存在しています。

そして、各プランには、普通充電用のベーシックプラン(月1,400円で、普通2.5円/分)、普通・急速充電器併用のベーシックプラン(月3,200円で、普通2.5円/分、急速15円/分)、普通・急速充電器併用プレミアムプラン(月5,200円で、充電料金が無料)が存在しています。

航続距離を伸ばす仕組みと安全性

フォルクスワーゲン e-ゴルフ、伝統のスタイルに身を包むファーストEV | CAR | BRUDER (47006)

ドライビングプロファイル機能には、ノーマル、エコ、エコ+の3つのモードを設定されています。最近の新車では、このように様々な状況に合わせて走行モードを切り替える機能が搭載されてきています。

「e-Golf」は、始動時はノーマルモードに設定されていますが、エコモードやエコ+モードという2つのモードのどちらかを選択すれば、より航続距離を延ばすことができます。

安全性能、自動運転レベル2の技術を採用

Traffic Light Signal · Free photo on Pixabay (49115)

ステアリング操作と加減速の両方を、連携しながら運転をサポートするのが「レベル2」の運転支援技術です。渋滞時追従支援システムや、一定の車間距離を保ちながら車線の逸脱を補正する技術によって、渋滞時のストレスや疲労を大幅に減らすことができます。

また、レベル3からは緊急時以外は全ての操作が自動になっています。

まとめ

フォルクスワーゲンの車には高い安全性が備わっていて、利便性も高い機能が多く備わっています。

充電スポットを簡単に検索するスマートフォンアプリ「EasyEV」や、ガソリンスタンドの料金、天気などをスマートフォンやIphoneで行うことができ、車のメンテナンスをする必要性を車から教えてくれる「モバイルオンラインサービス」などの先進的な便利な機能が備わっているのです。

また、「e-Golf」には「e-Golf Premium」という特別仕様車が登場し、新たに用意した3色のボディカラーに、優雅なドライブを演出するレザーシートやアンビエントライト、オーナーライフの安心が続く専用サービスプログラムなどの価値ある特別装備をプラスしています。

筆者の考えでは「e-Golf」の標準グレードのピュアホワイトのボディカラーもオススメですが、「e-Gofl Premium」のアトランティックブルーメタリックというボディカラーは、個性を発揮しつつも「Golf」らしいシンプル感があると思うので、女性にはオススメだと思います。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan