2018年4月6日 更新

ワールドカーオブザイヤー各賞の受賞車をチェックしてみよう!惜しくも落選した日本車は…?

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、「2018ワールドカーオブザイヤー」を新型ボルボXC60に授与することを発表しました。

ワールドカーオブザイヤー各賞の受賞車をチェックしてみよう!惜しくも落選した日本車は…?

ワールドカーオブザイヤーは新型ボルボXC60に決定

2018 World Car Awards :: World Car Awards (27245)

ワールドカーオブザイヤーは2016年秋から2017年秋にかけてデビュー、またはマイナーチェンジを受けた新型車の中から、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなどを基準に最高の1台を選出されます。その結果、新型ボルボXC60がイヤーカーに選ばれました。
 (27656)

2018ワールドカーオブザイヤーの最終選考に残っていたのは、新型マツダCX-5、ランドローバーのレンジローバー・ヴェラール、新型ボルボXC60。この3台の中から、新型ボルボXC60が、2018ワールドカーオブザイヤーに輝くことになりました。また、イヤーカーの発表とともにワールドラグジュアリーカー、ワールドパフォーマンスカー、ワールドカーデザイン、ワールドグリーンカー、そしてワールドアーバンカーの各省の受賞車も発表されています。

それでは各賞の受賞車種とともに、その受賞理由もチェックみましょう。
おしくも賞をのがしたが、最終選考の3台に残ったマツダCX-5

おしくも賞をのがしたが、最終選考の3台に残ったマツダCX-5

ワールドカーオブザイヤー ボルボXC60

 (27657)

ボルボは今回、始めてワールドカーオブザイヤーを受賞しました。XC60の受賞理由としては、幅広いエンジンバリエーションを取り揃えていること、優れた安全性能を持つ「シティ・セーフティー」、そしてボルボの高いデザイン性やコネクティビティが高く評価されたものです。

ワールドラグジュアリーカーオブザイヤー アウディA8

Audi A8が「ワールド ラグジュアリー カー 2018」を受賞 | Audi Japan Press Center - アウディ (27252)

新型ポルシェのカイエンやパナメーラを押さえ、最もラグジュアリー性に優れるモデルを選出するこの賞を受賞したのは、アウディの旗艦「A8」でした。過去にはカーオブザイヤー本賞を始め、パフォーマンスカーやカーデザイン各賞を多く受賞しているアウディですが、ラグジュアリーカーとしては初受賞となりました。

ワールドパフォーマンスカーオブザイヤー BMW M5

ニューBMW M5 with M xDrive:イントロダクション (27256)

最も動力性能に優れるモデルを選出する本性に選ばれた「BMW M5」は、強烈なパワーとM5史上初の4輪駆動システムを多くのハードウェアで制御することで、ワールドパフォーマンスカーオブザイヤーを勝ち取りました。

カーデザインオブザイヤー レンジローバーヴェラール

New Range Rover Velar (27257)

「ヴェラール」は、ミッドサイズのラグジュアリーSUV洗練さと上品さを兼ね備えた流麗なルーフラインが特徴的なSUVクーペであり、最もデザイン性に優れた1台に選ばれた。なお、最終選考にはレクサス「LC500」も残っていました。

ワールドグリーンカーオブザイヤー 日産リーフ

新型「日産リーフ」、2018年ワールド・カー・アワードにて“ワールド・グリーン・カー”賞を受賞 - 日産自動車ニュースルーム (27261)

最も環境性能に優れた1台を決定するグリーンカーオブザイヤーを受賞したのは、BMW530e iパフォーマンス、クライスラーパシフィカ ハイブリッドを押さえた「リーフ」でした。過去の二年間は、「プリウスPHV」「ミライ」とトヨタが受賞していましたが、今回は大本命でした。

引き続き、アーバンカーオブザイヤーと最後の「まとめ」をご覧ください。

ワールドアーバンカーオブザイヤー フォルクスワーゲンポロ

Volkswagen Press Club (27264)

この賞は、世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、新設された賞で今回が2度目。都市に似合う車を選ぶということで、必然的にコンパクトカーが選考されることになります。

最終選考に残ったのは、フォード「フィエスタ」、スズキ「スイフト」、フォルクスワーゲン「ポロ」。これらを押さえて「ポロ」が受賞しました。

まとめ

数あるカーオブザイヤーの中でも最も権威のある「ワールドカーオブザイヤー」。残念ながら今回、日本車で受賞したのは日産のリーフだけでした。

しかし、本賞の最終選考にはマツダCX-5、デザインオブザイヤーにはレクサスLC500、そしてアーバンカーオブザイヤーにはスイフトが残り、日本でも注目を集める車種が世界中のメディアに評価されました。

見事カーオブザイヤーに選ばれたボルボXC60は、日本での評価だけではなく世界中で認められたことになり、ますます販売に好影響を与えることになるでしょう。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン