2017年7月12日 更新

新型レヴォーグやアイサイトVer.4について

全てのグレードに「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備し、大きく進化した「レヴォーグ」が7月3日に発表され、8月7日の発売が決定したのでご紹介します。

新型レヴォーグやアイサイトVer.4について

レヴォーグの魅力を高めたエクステリアについて

 (11741)

エクステリア : デザイン | レヴォーグ | SUBARU (11739)

これまでのレヴォーグより、更に精悍なフロントマスクに仕上げるために、フロントグリルをはじめ、フロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを変更。

更に、LEDのフロントフォグランプを採用し美しい輝きを放ちます。
エクステリア : デザイン | レヴォーグ | SUBARU (11738)

エクステリア : デザイン | レヴォーグ | SUBARU (11742)

新たなデザインを施したアルミホイールや新色の「ストームグレー・メタリック」も新たにボディカラーに採用し、レヴォーグのエクスエリアに魅力をプラス。

レヴォーグのボディカラーについて

 (11748)

新しいボディカラーのストームグレー・メタリック
レヴォーグのボディーに用意されたカラーは、クリスタルホワイト・パール(32,400円高(消費税込))をはじめ、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、ストームグレー・メタリック、ラピスブルー・パール、WRブルー・パール(STI Sport専用色)となっています。

快適なロングドライブを演出するインテリアについて

 (11756)

質感を向上させたインパネやセンターコンソール、センターパネルに加え、デザインも刷新したビルトインナビを採用することで、インテリアの高級感が増しました。
 (11755)

5.9 インチの大型カラー液晶に変更されたインパネ中央のマルチファンクションディスプレイによって、車両情報表示の視認性が高められました。
 (11757)

リヤシートの分割方式を4:2:4 分割に変更し、多彩なアレンジができるようになり使い勝手が良くなりました。
シートヒーターを、1.6GT EyeSight以外のグレードに標準装備しました。

磨きをかけた走行性能について

1.6Lエンジン搭載モデル : ドライビング・燃費 | レヴォーグ | SUBARU (11765)

フロントとリヤサスペンション、電動パワーステアリングを改良し、高μブレーキパッド採用したことで、これまでのレヴォーグに比べ、走行性能を高めました。
 (11767)

1.6L エンジンについては、制御を最適化しました。

エンジンとミッション、グレードの組みあわせについて

1.6L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ"DIT"+リニアトロニック+AWDの組み合わせにはグレードが、1.6GT EyeSight、1.6GT EyeSight S-style、1.6GT-S EyeSight、1.6STI Sport EyeSightがあります。

2.0L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ"DIT"+スポーツリニアトロニック+AWDの組み合わせにはグレードが、2.0GT-S EyeSight、2.0STI Sport EyeSightがあります。

安全性能について

アイサイトに新機能となるツーリングアシストや後退時自動ブレーキシステムを採用しました。
予防安全(アイサイト) : 安全 | レヴォーグ | SUBARU (11779)

ツーリングアシストは、疲れが増す高速道路の走行で、アクセルをはじめ、ブレーキ、ステアリングの操作を自動制御するために、アイサイトに備わる車線中央維持の作動領域を0km/h以上へ変更し、先行車追従操舵も加え、全車速域追従機能付クルーズコントロールと組み合わせました。

またアダプティブクルーズコントロールの上限速度が135km/hまで引き上げられ、アクティブレーンキープも同様に135km/hまで作動するようになります。
 (11780)

後退時自動ブレーキシステムは、車両の後ろの部分に配置されたソナーセンサーによって、障害となるものを察知して衝突する判断したら、警報音や警告表示によって注意をドライバーに促し、それでも、回避操作を行わない場合は、ブレーキを自動的に作動します。
また今回のマイナーチェンジで大きなトピックとしては、ついにスバルの車にも電動パーキングブレーキに「オートホールド機能」が付く模様です。
スバルでは「オートビークルホールド」と呼称する模様です。

レヴォーグにはもともと電動パーキングブレーキはベースグレード以外には装備されていましたが、他メーカーの電動パーキングブレーキ採用車とは異なり、オートホールド機能がありませんでした。
これは、信号などで停止した際、ブレーキペダルから足を離しても、停止状態が保持される機能で、ドイツ車や最近ではトヨタ・レクサスの車にも採用されています。
信号停止のたびに、ブレーキペダルから足が解放されるので、使用している人にとってはとても評判の良い装備です。

それがついにレヴォーグにも装備される模様です。
もともと、アダプティブクルーズコントロール中は、信号で前車が止まればブレーキを保持してくれましたが、ACC作動時以外でもブレーキを保持してくれるのは嬉しい改良です。


操作方法は、メルセデスのブレーキホールドと同様に、停止時にブレーキペダルを奥までグイッと踏み込むとブレーキホールドされる仕様のようです。
トヨタや他車のブレーキホールドは、車速が0になると自動でホールドされるので、右折待ちなどでは逆に煩わしい時もありますが、このブレーキを奥まで踏むタイプは、任意でホールドすることができるので理想的とも言えます。

まとめ

「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準装備され、疲労し易い高速道路での走行をアシストしてくれるようになり、更に進化したアイサイト。

進化が止まらないレヴォーグの発売が楽しみです。
37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123