2017年12月14日 更新

スズキの人気作ハスラーにコンパクトカーハスラーワイド(仮)が2017年末にも発売!?

スズキの人気SUVハスラーの小型自動車バージョンが、今年年末又は年明けにも販売開始の予定です!どのような車になるか予想してみました

スズキの人気作ハスラーにコンパクトカーハスラーワイド(仮)が2017年末にも発売!?
 (17252)

スズキの大人気作になったハスラーをおさらい!

2014年1月から販売開始されたスズキの軽ワゴンとクロスカントリーSUVを融合させた新しいジャンルの車で、且つ車のデザインも斬新な軽自動車です。発売当初は、そのファニーな顔立ちと車高の高いSUV感で一躍大人気となりました。
このとき、スズキでは3色カラーによる車の新しいカラーリングへの挑戦もしており、オートカラーアウォード2015グランプリを受賞、このカラーリングは、ユーザーへの大きなアピールポイントにもなっております。
そして平成29年度「全国発明表彰 発明賞」を受賞。スズキの受賞は実に20年ぶりです。
このスズキハスラーに軽自動車の枠を超えたハスラーワイド(仮)が販売されることが濃厚となりました!
2017年年末商戦時期の投入か、もしくは年明け商戦の2018年1月の投入になる見込みです。
 (10105)

実は、ワイド化はスズキのお家芸???

実は、スズキ自動車は、昔から軽自動車からのワイド化をするのが、大好きで且つ得意な分野だと私は感じております。
特に売れている車種の軽自動車から小型自動車化がかなり他メーカーより早急に開発され販売されていると思います。
例)
ジムニー→ジムニーシエラ
ワゴンR→ワゴンRワイド→ワゴンRソリオ→ソリオ
スズキKEI→スイフト
シボレークルーズ・シボレーMW(シボレーと提携して販売した車両)

このスズキの得意分野といえる小型自動車化が、ハスラーにも適用されお目見えすると思われます。
ジムニー スタイリング | スズキ (10108)

 (10109)

ハスラーワイドは、どんな車に仕上がるのか予想!

まだ、詳細がはっきりしていない部分が多いので、私なりに予想してみました。
スズキの車両の場合、プラットフォームがどうなるか気になる方もいると思います。
プラットフォームについては、2つが可能性が考えられます。
・軽自動車(現行のハスラー)を流用したプラットフォーム
・普通車(イグニスやソリオ)がベースのプラットフォーム
私の予想としては、ハスラーの流用は行わず、イグニス系のプラットフォームを使用するのではないかと考えます。
理由は、小型乗用車(5ナンバー)の車は、「全長4.7m以下、かつ全幅1.7m以下、かつ全高2.0m以下」です。
特に全幅を1.7m近くして、広々空間を作るのではと考えられます。現行の軽自動車のハスラーでは幅が狭いためプラットフォームの流用は難しくなります。スズキの車では、イグニスが全幅1,660m(ソリオは1,625m)であることより、こちらのプラットフォームを採用するのではないかと思います。
 (10112)

エンジンに関しては、ソリオやイグニスに使用しているK12C型デュアルジェットエンジンの搭載が、1番可能性が高いと思われますが、実は1200ccではなく1000ccへ排気量を落としての搭載になる可能性があると思います。
これは、軽量化と自動車税にも関係してくるからだと思います。
1200ccで34500円 1000ccで29500円。

また燃費に関しては、現行ハスラーX(2WD)の燃費は32.0km/Lですのでこのクラスの燃費を期待したいのですが、小型車の中で、最も燃費のよい車種はソリオ(HYBRID )が32.0 km/L、続いてイグニス(HYBRID MG・2WD)の28.8 km/Lですので、ハイブリットモデルでないグレードは、25.5km/L~26.5km/L位の燃費になるのではないかと思われます。

外観に関しては、現在のハスラーは、ファニーな丸目が特徴な女性にも大人気な顔立ちと成っています。
ハスラーワイドは、イグニス系のヘッドライトで少し角ばった印象になるのではないかと予想します。
但し、軽のハスラー同様にクロスカントリーSUVの特徴とカラーリングは、継承されると思います。

秋の東京モーターショーではハスラーワイドがお目見えするのではないかと思います。それより前に少し
私なりにハスラーワイドを探ってみました!!!
 (17253)

14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me