2017年3月28日 更新

三菱の軽はどうなの?ekワゴンの魅力、教えます!日産デイズとの違いは?

燃費不正問題で話題になった三菱ekワゴン。不正発覚から半月以上経ちましたが、実際どう変わったのか?ekワゴンの魅力についてお伝えします!

三菱の軽はどうなの?ekワゴンの魅力、教えます!日産デイズとの違いは?

相次ぐ不祥事が明らかになった発端はekワゴン?

 (4613)

三菱自動車の軽自動車であり、日産のOEM車両として提供しているekワゴン。

軽自動車を独自開発していない日産にとってモコと同じく数少ない軽自動車ラインナップとして主力ラインナップでした。

オシャレなデザインが印象的なekワゴンですが、出た当初からユーザーに騒がれていたのが、『走りのトロさ』。

NAエンジンのパワーのなさには、日産で整備をしていた私も驚きました。

そして平成28年ついに、ekワゴンとデイズにて平成25年6月以降に生産した車両の約62万台に燃費を偽って販売していたということで、一時販売停止となった時は大騒ぎでしたね。

これは日産からの指摘により判明したとのことですが、この事件を機に三菱は日産の傘下に入り失った信頼回復と再建に向け再始動となりました。

あれから一年近く経ちましたが、実際に今の ekワゴンはどんな車なのか?

今回は不正からekワゴンがどう変わったのかを中心にekワゴンの魅力についてご紹介いたします。

ekワゴンは実際どんな車?

エクステリア・インテリア | eKワゴン | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (4615)

ekワゴンという車両にどんな特徴があるのでしょうか?

簡単にekワゴンについてご紹介いたします。

基本スペックは
 (4617)

上記は燃費や価格などの簡単なスペックですが、価格として割高感があり燃費もとても良いとは言えませんね。

トヨタスペードといった車重が1.2トン近い車両でもカタログ燃費が22.2キロですので燃費の良さが最大の売りとも言える軽自動車としては厳しい評価となりそうです。

ekワゴンと日産デイズの違いとは?

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4619)

日産は本来軽自動車の開発を得意としていません。(というのか日産独自の軽自動車はございません。)

モコはスズキの、オッティやデイズ、クリッパーといった軽自動車は三菱からのOEM車両ですね。

今回はそのOEM車両であるデイズも大幅な損害を被り、その台数は三菱ekワゴンの2倍以上の台数です。

この2車種にはどんな違いがあるのでしょうか?

ここでは簡単な特徴についてご紹介いたします!
 (4714)

大体ですが、

ekワゴン=デイズ
ekワゴンカスタム=デイズハイウェイスター

上記のような関係性です。

主要装備等に細々した違いはありますが、ベースは同じであるため能力も同じです。

しかし日産にだけ、ボレロやライダーといった専用モデルがあるのでこのデザインの違いが2車種の主な違いと言えるでしょう。

実際には、フォグ周りなど多少の違いも見られますが、エンブレム(アフターフォロー)が三菱か日産なのか?ここが大きな違いでしょう。

不正を受け、ekワゴンはどう変わった?

eKカスタム | 軽自動車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (4625)

不正発覚時、三菱と日産は燃費不正があった車両を購入されたユーザーの問い合わせ等にてんてこ舞いでしたが、最終的にユーザーに対して一人当たり10万円の返金でまとまりました。

しかし大きく変わったのは、燃費でしょう。

三菱は過去の車種を含め、20車種を上回る燃費不正があったと言われ、最大で15%の燃費が下回る結果となりました。

ekワゴンでも修正前はリッター30.4キロだった燃費が、修正後にはリッター25.8と大きく下回る結果となってます。

スズキソリオなど軽でなくても、コンパクトで大きな室内を持ち、ハイブリットの圧倒的な燃費を誇る車両と比べると影が薄く感じます。

しかし、今回のモデルチェンジでもともと好評のデザインに一部変更と価格の値引きがなされコンパクトで外見を重視する女性ユーザーなどにはオススメできる車両です!

三菱の行く末に注目!三菱の未来とは?

エクリプス クロス | 2017年ジュネーブ国際モーターショー | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (4627)

リコール隠しや燃費不正と度重なる不祥事で信頼を無くした三菱ですが、これからは日産の出資による支援を得てブランド再建に取り組むこととなっています。

特にこれまで、三菱主導で日産は支給されるのがメインであった軽自動車に関しても、日産主体で開発を進めて行く様子。

しかしながら、日産は三菱を完全な子会社とすることなくこれまで通りに良いところを共存できる関係性を保って行くといっているので、これからユーザーの信頼を回復できるかは三菱次第ですね。

上の画像は、ジュネーブ国際モーターショーでお披露目されたエプリプスクロスですがとてもかっこいい車両も販売予定です。

三菱にランエボのような胸を熱くさせる車が生まれることを個人としては楽しみにしています!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき