2019年4月23日 更新

フォルクスワーゲンから新たなコンセプトモデルが登場

今回のコンセプトモデルは、既に販売されているモデルをベースモデルにして開発されています。2019年の秋にも受注生産に入るとも言われています。このモデルの概要等をご紹介していきます。

フォルクスワーゲンから新たなコンセプトモデルが登場

VW アトラスベースキャンプコンセプトの概要等

VW AMERICA.Incでは、アトラスベースキャンプコンセプトを発案しました。フォルクスワーゲンアトラスが、トレイル(被牽引)するために強化された多くのパーツが装備されています。

カスタムボディに、リフトキット、カスタムホイール、全地形対応タイヤ、バイクマウント付きルーフラック、LEDライトバーを備えたフォルクスワーゲンアトラスベースキャンプコンセプトは、その名にふさわしい冒険する装備満載となっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (59000)

via https://www.netcarshow.com/
耐久性のあるマウンテンバイクを搭載することを前提に設計された同モデルは、カリフォルニア州フォルクスワーゲンデザインセンターのエクステリアデザインマネージャーであり、且つ熱心なサイクリストであるアレックス氏の発案から考案されています。

ベースキャンプコンセプトは、どんな道にも対応し、さらにマウンテンバイクでどこにでもいけるように仕上げています。これは、挑戦する山野を駆け回ったり、夜空を楽しむことも出来るということですね。
https://www.netcarshow.com/ (59001)

via https://www.netcarshow.com/
フォルクスワーゲンアトラスSELプレミアムをベースモデルとしています。エクステリアでのコンセプトは、マット仕上げとオレンジ色のアクセントを中心に、プラチナグレーとブラックをあしらっています。
https://www.netcarshow.com/ (59002)

via https://www.netcarshow.com/
このコンセプトのアクセサリー装備
・Air Designのカスタムボディキット
・乗車高を約1.5インチ引き上げるコイルオーバースプリング付きのH&RRリフトキット
・バイクホルダー付きのFrontRunnerRSlimline IIルーフラックシステム
・フロントとリアの道路LEDライトバー
など。

タイヤは、全地形対応型タイヤを装備しています。265/70R17のサイズです。
https://www.netcarshow.com/ (59003)

via https://www.netcarshow.com/

VW アトラスベースキャンプコンセプトのパワートレイン

パワートレインは、3600㏄のVR6R型エンジン(V6型)を搭載しています。最高出力は、276psです。組み合わされるミッションは、8速トランスミッションが装備され、ドライブモード選択機能付きのフォルクスワーゲン4MotionR全輪駆動となっています。
 (59309)

ベースモデルのVW アトラスSELプレミアムってどんな車?

2013年にコンセプトモデルとなるクロスブルーコンセプトが発表されました。後のロサンゼルスオートショー2016にてアトラスというモデル名で発表さました。

アトラスは、フォルクスワーゲンで初めての3列シートSUVとなっています。グループ内のMQBプラットフォームで生産されるモデルの中で、最大サイズの車両です。
 (59310)

このモデル最大の特徴は、十分なヘッドルーム、レッグルーム、そしてユーザー+周りの友人・大切な人を6人、快適に乗車できるように仕上げている点です。ある意味ザ・アメリカンというモデルでもありますね。

あらゆる角度から見てみて、オールマイティに大胆なデザインデザインに仕上げることを目的にしているモデルです。アトラスは、アトラスらしく作るというコンセプトであるといえます。

力強く筋肉質なディテールに、前部と両脇にプレスラインを入れることで、シャープなウエストラインに仕上げています。

パノラマサンルーフが、3列すべての頭上に渡って伸びています。パノラマサンルーフは、全席屋外にいるような雰囲気になれますね。コンバーチブル感覚ともいえる開放空間が頭上に広がっています。

ラゲッジスペースは、多用途に多目的に拡げられるバリアブルな仕様です。充分なスペース確保のために、簡単に3行目を折り畳むことが可能となっています。さらにラゲッジスペースの確保が必要な場合は、2行目も簡単に折りたたむことが可能です。

フォルクスワーゲンデジタルコックピットが、ベースモデルには標準装備されています。ディスプレイは、ウォークスルーともいえるコネクティブ性を有しています。情報を多角方面よりアクセスし、メーター及び中央ディスプレイに相互表示できます。

5,000ポンドの牽引能力を有しています。アトラスは、トレーラーを簡単に牽引するのに、充分な力だけでなく、車格、ドライブトレインを装備しています。これは、広い米国のあらゆるところにキャンプできるということでしょう。

V6エンジンパワートレインは、ゆとりの馬力とトルクを有しています。アトラスが、大きいだけでなく、強靭なパワートレインとドライブトレインを装備しているということですね。

牽引力も含め、このモデルは、4MOTIONを装備しています。必要に応じて前輪と後輪の間で動力を自動的に分配し、牽引力を最適化することが出来き、安定性をも高めてくれます。

VW アトラスベースキャンプコンセプトは、アトラスの最上級といえるアトラスSELプレミアムをベースモデルにしています。ベースモデルの価格は、$48395となっています。日本円で、540万円ほどです。
 (59311)

まとめ

VW アトラスは、現時点では日本未導入のモデルです。近い将来、アジア市場にも進出すると噂されてもいますが、日本の公道では少し大きめの全長4,922mm×全幅1,979mm×全高1,767mmです。

アジアの国々のなかでも、比較的道の広い中国から展開されるかもしれません。このモデルは、フォルクスワーゲンの最初で最大の3列シートSUVモデルでもあります。このモデルが、欲しい!と思われた方は、下記のお店がご相談に乗ってくれそうです。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me