2018年10月23日 更新

日産リーフのインテリジェントモビリティを徹底検証していきます!

日産リーフには他の車種にはない魅力的な先進技術が搭載されています。その先進技術はどういったものなのか、徹底検証していきます。

日産リーフのインテリジェントモビリティを徹底検証していきます!

日産リーフ

日産| リーフ [ LEAF ] Webカタログトップ (48428)

リーフは日産が、2010年から製造・販売している5ドアハッチバック型の電気自動車であり、現行モデルは2代目のモデルとなります。

航続可能距離が、先代のリーフの最大280kmから400kmへと大幅に向上し、より電気自動車が使いやすくなる航続可能距離へと進化しました。

進化したのは航続可能距離だけでなく、先代リーフには搭載されていなかった様々な先進技術が2代目のリーフには搭載されています。

日産ではこの先進技術をインテリジェントモビリティと呼んでおり、より運転の自動化に向けた技術が搭載されているのです。

インテリジェントモビリティ

①e-Pedal

日産:リーフ [ LEAF ] | 走行性能 (48432)

車を操作する上での基本操作は、アクセルペダルで加速し、ブレーキペダルで減速し、停止します。

その概念を覆すのが、このe-Pedalの機能です。このe-Pedalは、アクセルペダル一つで加速・減速・停止を実現することが出来ます。加速をする時はもちろんアクセルペダルを踏み込みます。

しかし減速時はブレーキペダルを踏まずに、アクセルペダルから足を離すことで減速してくれるのです。アクセルペダルをそのまま離し続けると停止まで行ってくれるのです。

この機能があれば緊急時以外の通常運転では、アクセルペダル一つで走行することが可能になるのです。

②プロパイロット

日産:リーフ [ LEAF ] | 先進技術 (48435)

高速道路での長距離の走行は疲労が蓄積されます。しかしこのプロパイロットはドライバーの疲労を大幅に軽減してくれます。

高速道路走行時の同一車線自動運転技術であるプロパイロットがドライバーに代わって、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作を行ってくれます。

前を走行する車をモニターして自動で車間距離もキープしてくれ、白線もモニターして車線の中央に車体もキープしてくれます。

操作は至って簡単で、高速道路走行中にハンドルのPILOTスイッチを押すだけでプロパイロットを開始してくれます。

このプロパイロットは自動運転で非常に便利ですが、運転中の安全確認は必須であることに変わりはありません。

③プロパイロットパーキング

日産:リーフ [ LEAF ] | 先進技術 (48438)

これは駐車が苦手な人にとってはありがたい機能です。プロパイロットパーキングは自動で駐車を行ってくれるのです。

まず駐車したいスペースの手前でプロパイロットパーキングスイッチを押して、駐車したいスペースの真横に車両を止めます。車が駐車スペースを自動検知してくれるので、確認後に駐車開始ボタンを押します。

あとはプロパイロットパーキングスイッチを駐車完了まで押し続けたら駐車完了です。この操作だけでステアリング・アクセル・ブレーキ・シフト・パーキングブレーキまで自動制御してくれるのです。

今まで苦労した駐車もボタン操作のみで行うことが出来るので、もう何回もハンドルを切り返す必要もないのです。

リーフの価格

リーフの価格は3,150,360円(S)~3,990,600円(G)になります。

電気自動車ということもあり、価格は他の車に比べて高めです。先進技術も付いているのでこれくらいの価格は仕方ないですね。他の人よりも先進的な車に乗りたいという方にはオススメの車です。

まとめ

今回は日産リーフの先進技術であるインテリジェントモビリティを徹底検証してきました。

日産は他のメーカーに比べて特に自動運転技術に力を入れており、その技術の結晶がこの電気自動車のリーフに刻み込まれています。

電気自動車というだけでも先進的なのに、自動運転の技術も搭載されより未来を感じさせる車になっていますね。

現在、日産でリーフに1泊2日の試乗体験も実施されているので、気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi