2017年12月8日 更新

トヨタハイエースバンが改良され5型として11月に発表されました。エンジン・安全面を強化!

200系ハイエースも5型となりました。もしかするとこのデザインも最後になってくるかもしれませんね。今回のモデルチェンジ(改良)では、搭載エンジンも変わったり、安全面も強化されているようです。ハイエースバンを追ってみます!!!そして今やハイエースは仕事車だけでなく個人で楽しめる車となっているようです!

トヨタハイエースバンが改良され5型として11月に発表されました。エンジン・安全面を強化!

以前に筆者とchibica編集部がマイナーチェンジ情報を掲載しています。

筆者としては、300系ハイエースの記事を前回書きました。この300系は200系までとは違いボンネット形状が有るタイプになると予想しております。この予想は今のところ変更はないのですが、この300系が出た場合のユーザーの嗜好性は少し気になっております。ただし、時代的には安全面の考慮からボンネット形状になることは仕方ないことかもしれません。

chibica編集部様の方で既にマイナーチェンジの情報が発信されておりましたので、chibica様となるべく被らないマイナーチェンジの内容も盛り込んで記事にしていきたいと思います。

まずはスペシャルな動画から!

仕事の車としては勿論のこと、個人のユーザーが遊びやカスタマイズするのにも最適な車として成長してきた200系ハイエースバン、レジアスエースも同様の内容と成っています。

ハイエースのモデルチェンジでどう進化したの?

エクステリア

 (19267)

本来はこの部分の説明を何らかの形で行っている筆者ですが、今回はエクステリア上の変更点は殆どない状況に感じますので、あまり触れないで行こうと考えております。
 (19268)

 (19269)

インテリア部分も・・・

 (19270)

やはりエクステリア同様、成熟した感じのある200系ハイエースと感じます。マイナー前と今回の改良型と比較しても殆ど違いがないと感じます。
 (19271)

マイナーチェンジであっても大きく変更となったエンジン!

今までのエンジン1KD-FTV

今まで搭載されていたエンジンは、1KD-FTVという3000cc水冷直列4気筒DOHCターボ(電子制御コモンレール筒内直接噴射)で御座います。2000年から登場したKD型エンジン、2004年に200系ハイエースバンが発売されて2006年の改良にて1KD-FTVが搭載されております。

実に10年余りの間、エンジンの詳細な部分の改良は行われていてもエンジン自体の変更は行われておりませんでした。トヨタでは、2004年にディーゼルエンジンを開発・生産する拠点を統一した年でも有ります。集中して、開発生産を行うことで、ディーゼルの分野の向上と効率化を図る狙いがあったようです。

参考URL
https://www.toyota-shokki.co.jp/index.html
 (19315)

新採用したエンジン!1GD-FTV

1GD-FTVは、水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ(電子制御コモンレール筒内直接噴射 可変ジオメトリーターボ)をプラドに搭載しました。尿素のシステムによって排気ガスをクリーンに出来るようにしております。

今回このエンジンをハイエースバンにも搭載いたしました。2800㏄と成っており、151psの馬力です。1KD-FTVに比べて19psほど馬力が落ちるのですが高効率化によってドライバビリティーは向上しているとのことです。

ガソリンエンジンの2000ccと2700ccの大きな変更はないのですが、ディーゼルエンジンに関しては大きな変革を迎えたといえるのではないでしょうか???
 (19272)

 (19273)

商用車にも安全面強化!

商用車であってもToyota Safety Sense Pを搭載し、サポカーの一員となっている点です。このことにより書くメーカーの商用車も安全面の強化を促すことになりますし、トヨタのリーディングカンパニーとしての思いがこめられているとも言えます。

そしてここには、ハイエースバンを商用車として利用するユーザーだけではなく、個人の趣味やその他で利用することも充分に考慮した結果ともいえると感じます。
 (19274)

まとめ

筆者の周りには、結構ハイエースバンが好きな方がいらっしゃいます。

今回のモデルチェンジにて最大の魅力を皆さんに聞いてみたところ、今まで4WDのワイドでスーパーロングそしてハイルーフは、ディーゼルの設定がなかったと言っています(間違っていたらあしからず)。今回のモデルチェンジにてこの設定が追加されたことが本当にうれしいと皆さん口をそろえてお話していました。

これから300系ハイエースが発売されるまでの間にもう少し時間が有りそうです。その間に200系ハイエースが更に熟成していくことを期待して行きたいと思います。

あとは、マイクロバスとして使用しているユーザー様は、やはりディーゼルの設定が欲しいということも仰っておりました。やはり2700㏄のガソリンで10人乗ると走行性能上非常に辛いようです。

グレードごとの詳細な価格等は、既にchibica編集部さんの記事にて記載されていますので割愛させていただきます。
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me