2017年1月24日 更新

BMW2017年2シリーズクーペと3シリーズセダンがトップセーフティピックプラス賞を獲得

BMW2017年2シリーズクーペと3シリーズセダンがトップセーフティピックプラス賞を獲得
 (2046)

BMW2017年モデル2シリーズクーペと3シリーズセダンがトップセーフティピックプラス賞を獲得

ただしユーザーがオプションの曲線順応型のライトにアップグレードしない限り、両シリーズともに標準ヘッドライトの評価は低い。

BMWの2017年2シリーズ・クーペと3シリーズは、道路安全保険協会からトップ安全Pick+評価を獲得しました。

同研究所によると、2016 3シリーズは、スモールオーバーラップ衝突テストの際にフットレストに12インチを超える破損があり、安全性が確保できていないと評価点がわずかに足りず、トップランクから除外されていました。

11月以降に改良された2017モデルでは、BMWはフロントオーバーサスペンションと隣接構造を改良し、スモールオーバーラップインパクトのシナリオでホイールの動きをよりよく制御しました。この変更により、6インチの最大侵入と最高の安全賞の資格を得るために必要な「良い」格付けが得られました。

3シリーズのオプションの曲線順応型LEDヘッドライトは高評価を獲得し、2シリーズのアップグレードされた曲線順応型HIDは良品マークを受けました。しかし、両方の車両では、基本的なトリムレベルのヘッドライトが不良評価を受けました。

関連する車

2016 BMW 3-Series

2016 BMW 3-Series

2016 BMW 3-Series Sport Wagon

2016 BMW 3-Series Sport Wagon

2016 BMW 5 series

2016 BMW 5 series

2017 BMW M2

2017 BMW M2

2017 BMW alpina b7

2017 BMW alpina b7

2017 BMW m4 convertible

2017 BMW m4 convertible

2017 Bmw i8

2017 Bmw i8

2017 BMW i3

2017 BMW i3

2017 BMW 6-Series Gran Coupe

2017 BMW 6-Series Gran Coupe

2017 BMW M4

2017 BMW M4

Other automakers are presumably scrambling to implement better lighting after the new headlight assessment program knocked many vehicles out of the TSP+ ranks for 2017.

2017 BMW 3 series small overlap IIHS crash test

18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya