2017年3月27日 更新

電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を一部改良して発売/軽自動車『eKスペース』を大幅改良して発売

三菱自動車公式サイトで1221にリリースされたニュースをまとめます

電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を一部改良して発売/軽自動車『eKスペース』を大幅改良して発売
三菱自動車は10/27ぶりに2件の新車プレスリリースが公開されていました!
電気自動車「i-MEV」、軽自動車「eKスペース」がそれぞれ改良して販売されます。

電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』を一部改良して発売

三菱自動車は、電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』の内装の質感を向上させたほか、回生ブレーキ力を6段階で調整できる回生レベルセレクター(パドル式)を採用するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて12月21日(水)から販売します。
車両本体のメーカー希望小売価格は2,273,400円~2,624,400円(消費税込)。
i-MiEV(アイ・ミーブ)「X」

i-MiEV(アイ・ミーブ)「X」

i-MiEV(アイ・ミーブ)「X」インテリア (ナビゲ...

i-MiEV(アイ・ミーブ)「X」インテリア (ナビゲーションはディーラーオプション)

1.主な変更点

(1)内装の質感向上
インストルメントパネルのカラーをブラックからブラック/アイボリーに変更し、センターパネル中央下部に各種スイッチを集約させて操作性を向上させるとともに、センターコンソールにスマートフォンなどの小物類を置けるカップホルダートレイを採用しています。
フロントシートをサポート性に優れる形状に変更し、インストルメントパネルとのコーディネートを図ったブラック/アイボリーのシート生地を採用。また、シートの背もたれ前面にレッドのアクセントコードを、座面と背もたれ前面にレッドのステッチを配し、ステアリングホイール、シフトノブを本皮巻(ブラック)とすることで質感を向上させました。

(2)回生レベルセレクター(パドル式)の採用
従来、回生ブレーキ力は、フロアのセレクターレバーにより3段階で調整可能としていましたが、今回、ステアリングコラム部に設置したパドルにより6段階で調整可能としました。これにより、従来よりも走行状況に最適な回生ブレーキ力を選択可能とし、いっそうエコドライブをお楽しみ頂けるようにしました。

(3)充電中の空調機能の追加
お客様のご要望にお応えし、充電中にエアコン等が使用可能となる空調機能を新たに採用しました。

(4)ボディカラー展開の変更
レッドメタリック、ライトニングブルーマイカの2色を新たに設定した全5色展開としました。

2.メーカー希望小売価格

 (736)

軽自動車『eKスペース』を大幅改良して発売

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』のフロントデザインを大幅に変更するとともに、後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに「ナノイー」機能を追加するなど、快適性と利便性を向上させ、全国の系列販売会社を通じて12月21日(水)から販売を開始します。
車両本体のメーカー希望小売価格は1,239,840円~1,935,360円(消費税込)。
eKスペース「G Safety Package」

eKスペース「G Safety Package」

eKスペース「カスタムT Safety Package」

eKスペース「カスタムT Safety Package」

1.主な変更点

(1)グレード展開
標準モデル、カスタムモデルとも、機能装備を充実させるとともに新グレードを追加しました。

①標準モデル
 ・従来、カスタムモデルのみに設定のターボエンジン搭載車を標準モデルにも設定しました。
 ・予防安全機能「e-Assist」*1とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)*2を標準装備とした「G Safety package」「T Safety package」を新たに設定しました。

②カスタムモデル
 ・予防安全機能「e-Assist」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)、オートマチックハイビーム*3、オートライトコントロールを標準装備とした「カスタムG Safety Package」「カスタムT Safety Package」を新たに設定しました。

*1:低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM-City]、誤発進抑制機能(前進時)
*2:後退時、ルームミラー内のモニターに車両を真上から見下ろした映像を映し出す機能。
*3:夜間走行時、周辺状況や先行車・対向車の有無により、自動的にハイビームからロービームへの切り替え、ハイビームへの復帰を行うヘッドライトシステム。
(2)エクステリア
標準モデル、カスタムモデルとも、フロントデザインを大幅に変更し、標準モデルはいっそう親しみやすいデザインに、カスタムモデルは三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用して力強く存在感のあるデザインとしました。

①標準モデル
 ・柔らかい面構成で張りのあるフロントバンパーを採用し、親しみのある表情としました。フード先端の左右ヘッドランプ間に一本のメッキモールを配し、上下に分割されたフロントグリルのアッパーグリルにメッキリングをあしらうことで、上質感を高めています。
 ・「T Safety Package」には、モダンでスポーティなデザインとした14インチアルミホイールを採用しました。
 ・ボディカラーは、モノトーンでは新たに設定した3色(ポピーレッドメタリック、ウォーターブルーメタリック、コーラルピンクマイカ)を加えた計8色、2トーンでは新たに設定したウォーターブルーメタリック/ホワイトパール、コーラルピンクマイカ/ホワイトパールを加えた計3色の全11色展開としています。
 ・「M」「M e-Assist」「G」「G Safety Package」で2トーンのボディカラーを選択した場合、ルーフやドアミラーとコーディネートされたホワイト色のフルホイールカバーをセットとしています。

②カスタムモデル
 ・三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用しました。アッパーグリル上下に左右ヘッドライトと連続感のあるメッキモール、アッパーグリル中央に1本のメッキバーを配してワイド感を強調。加えて、大型のロアグリルには同じモチーフのメッキバーを4段構成で配し、合わせて5本のメッキバーとすることで圧倒的な存在感を実現しました。
 ・LEDヘッドライトは、新たに多眼タイプのデザインとしたうえで、フローティングしたクリスタルガラスのような質感を表現したポジションランプとすることで上級車並みのクオリティを実現しました。
 ・「カスタムT Safety Package」「カスタムT e-Assist」には、ダークグレー塗装と光輝切削処理によりスポーティかつ緻密なデザインとした15インチアルミホイールを、「カスタムG e-Assist」「カスタムG Safety Package」には、モダンでスポーティなデザインとした14インチアルミホイールを採用しました。
 ・ボディカラーはモノトーンで計6色、2トーンでは新たに設定したライトニングブルーマイカ/ブラックマイカを加えた計3色の全9色展開としています。
(3)インテリア
 ・標準モデル、カスタムモデルとも、それぞれの個性にマッチしたシート生地を採用し、エクステリアとのコーディネートを図りました。

(4)エンジン
 ・ターボエンジン搭載車(「T Safety Package」「カスタムT e-Assist」「カスタムT Safety Package」)のオートストップ&ゴー(アイドリングストップ機能)に、時速13km以下になるとエンジンを停止してガソリンの消費量を抑えるコーストストップ機能を追加しました。

(5)機能装備
 ・『eKスペース』の特長装備である後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに、肌や髪にやさしい弱酸性の「ナノイー」*1を放出する機能を採用しました。[標準モデルの「M」「M e-Assist」を除く]

 ・消臭機能を追加した消臭シート生地を新たに採用。シート座面生地に消臭機能(イノドールクイック瞬感消臭®*2)を追加することで、タバコや食べ物、汗、ペットなどの幅広い臭い*3をセラミックスで瞬時に吸着し、金属イオンの働きで臭い成分を分解します。 [標準モデルの「M」「M e-Assist」を除く]

 ・2.5μmサイズの微粒子を約90%、0.3~0.5μmの粒子を約30%除去可能*4なクリーンエアフィルタープラスを採用。黄砂や花粉が飛ぶ季節に嬉しい装備を充実しました。[標準モデルの「M」「M e-Assist」を除く]

 ・室内温度の上昇抑制、降雨時の雨音軽減に効果を発揮するフェルトを天井裏側全面に追加し、更に快適な室内空間としました。[標準モデルの「M」「M e-Assist」を除く]

 ・フロントウィンドシールド、フロントドア、フロントクォーターガラスに、従来から採用のUVカットガラスに加え、直射日光によるジリジリ感を和らげるIR*5カット機能を追加しました。

 ・高速道路などで運転者のアクセルペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールを、ターボエンジン搭載車の「T Safety Package」「カスタムT e-Assist」「カスタムT Safety Package」に標準装備としました。

*1:ナノイー(nanoe)=nano-technology+electric 最先端のテクノロジーから生まれた“水に包まれている電気を帯びたイオン”のこと。「nanoe」、「ナノイー」及び「nanoe」マークは、パナソニック株式会社の商標です。
*2:「イノドールクイック瞬感消臭®」はセーレン株式会社の登録商標です。
*3:ごく一部の特殊な臭いによっては消臭効果が弱い場合があります。
*4:フィルター性能試験に基づく値であり、実際の性能とは異なります(自社調べ)。空気中の有害物質のすべてを除去きるものではありません。
*5:IR=Infrared Rays(赤外線)の略

2.メーカー希望小売価格

 (749)

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya