2019年5月8日 更新

三菱パジェロが遂にファイナルエディションを販売開始。700台限定

三菱パジェロが、2019年8月で販売終了となります。同モデル最終章として、ファイナルエディションが700台限定で用意されました。このモデルのエクステリアや特別装備等をご紹介していきます。

三菱パジェロが遂にファイナルエディションを販売開始。700台限定

三菱パジェロファイナルエディションの概要等

三菱自動車は、オールラウンドSUVのパジェロに特別仕様車FINAL EDITIONを設定し、全国の系列販売会社を通じて4月24日(水)から販売することを発表しました。

販売台数700台限定です。同モデルのメーカー希望小売価格は、4,530,600円(消費税込)となっています。現行モデルの国内販売向けパジェロは、2019年8月をもって生産を終了することも同時で公表されました。

三菱パジェロは、1982年誕生しました。翌年1983年には、ダカールラリーへの挑戦を開始しています。いまも三菱自動車のDNAを色濃く映し出しているパジェロは、挑戦し続けるという思いと、数々の栄冠を勝ち得たという軌跡を刻んだ歴史的なモデルでも有ります。

歴代パジェロに、ラリーカー仕様モデルの両方が進化してきました。双方モデルを応援戴いたユーザーやファンに感謝を込め、700台限定のFINAL EDITIONが登場しています。パジェロ進化の最終形として、販売されるということでしょう。
 (60026)

三菱パジェロファイナルエディションの特別装備等

特別装備内容は?
・シートには、本革シートとパワーシートを装備(運転席/助手席)しています。
・ルーフレール(ブラック)を採用しています。
・電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)を装備しています。
・リヤデフロックを特別装備し、走行を更に楽しめるようにしています。

寒冷地仕様を標準装備にすることで、更にタフなモデルにしています。
・フロントワイパーディアイサー
・ヒーテッドドアミラー
・リヤアンダーカバー
・寒冷地対応バッテリー
・フューエルラインヒーター
・スタートアップヒーター(フロントのみ)
この寒冷地仕様の装備は、降雪地方在住の方にとっても、ありがたい装備ですね。後から装備しようとしても中々出来ない装備であると言えます。
 (60028)

エクステリアカラーは、4カラーを用意しています。
・ウォームホワイトパール(有料) ブラック内装(NW)/べージュ内装(LW)
・スターリングシルバーメタリック ブラック内装(HM)/ベージュ内装(KM)
・ブラックマイカ ブラック内装(FH)/べージュ内装(FM)
・スターリングシルバーメタリック/アイガーグレーメタリック(有料) ブラック内装(LQ)/べージュ内装(LP)

三菱といえば、特色のある2トーンカラーではないでしょうか。モノトーンのカラーも良いですが、3ウェイ2トーンボディにするのも、良いと思います。
 (60030)

三菱パジェロファイナルエディションの内装等

内装では、質感をアップさせるために本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を特別装備しています。上質感を更に向上させることで、このモデルが特別であることを演出しています。さらにSRSサイド&カーテンエアバッグを採用し、安全面もアップデートさせています。

 (60027)

三菱パジェロファイナルエディションのパワートレイン等

パワートレインは、3.200cc4気筒ディーゼルエンジンを搭載しています。コモンレール式インタークーラーターボは、最高出力190psで、最大トルクは、45kgf・mです。低・中回転域での力強さは、ディーゼルモデルならではと言えますね。

組み合わされるミッションは、INVECS-II 5速スポーツモードオートマを搭載しています。ラフな走行と都会走行を両立させるユニットの組み合わせとなっています。
 (60049)

三菱パジェロファイナルエディションのディーラーオプション紹介

ディーラー設定オプションとして
・リヤデフレクター
・スペアタイヤカバー(メッキ)
・マッドフラップ(アルミプレート仕様)
このセットオプションが用意されています。メーカー希望小売価格は、122,752円です。
 (60031)

三菱パジェロ 37年の軌跡紹介

パジェロは、1982年に発売開始しています。販売当初からオフロードにおける高い悪路走破性に、都会的雰囲気を纏った乗用車感覚の本格オフロード4WDとして人気を得ました。

1991年には、2代目が販売開始されました。フルタイムとパートタイム両方の長所を兼ね備えた世界初採用のスーパーセレクト4WDを搭載しました。悪路走破性をより高めるだけでなく、内装ではラグジュアリー性を高めたモデルです。そして同モデルは、日本のRVブームを牽引したとも言えます。

3代目は、1999年にモデルチェンジしました。ラダーフレーム構造から新開発されたビルトインフレーム構造のモノコックボディとなり、軽量化と高剛性化を実現しています。高い悪路走破性に、優れた操縦安定性と乗り心地をミックスさせたモデルです。

2006年に現行モデルが登場しました。従来から定評のあったスーパーセレクト4WD-IIに、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを新搭載しました。

パジェロは、代を重ねるごとに走りや乗り心地に磨きをかけてきたのではないでしょうか。パジェロは、国内で累計64万台以上(2019年3月時点)を販売してます。RVモデルとして、他メーカーと競合しながら独自に進化してきたと言えますね。
 (60033)

パジェロは、モータースポーツでも活躍したことで、多くのファンを獲得したモデルです。世界一過酷なラリーの1つであるダカールラリーに1983年から参戦しています。7大会連続を含む通算12回の総合優勝も達成しています。参戦を通して得た4WD技術やSUVづくりのノウハウは、パジェロから他のモデルへと継承されてもいます。

またパジェロブランドには、海外専用車種として70カ国以上で販売している本格オフロードSUVパジェロスポーツが存在します。国内向けパジェロは終了しますが、海外販売向けパジェロ及びパジェロスポーツは、継続販売されることが決まっています。
 (60035)

まとめ

残念ながら日本国内でのパジェロ販売は、このファイナルエディションで終了となります。一方で海外では、パジェロ&パジェロスポーツは、世界戦略モデルとして継続販売されます。

パジェロファイナルエディションの限定数量は、700台です。メーカー小売希望価格は、4,530,600円です。今年の8月には、パジェロの歴史に幕が下りますので、お気になった方は店頭に見に行くのが良いでしょう。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me