2019年2月4日 更新

2019モデル 新型ルノートゥインゴを発表!

ルノートゥインゴは、平成28年9月に販売開始されました。このモデルも二年が経過しています。遂にマイナーチェンジ情報が、入って来ました。新型トゥインゴをご紹介します。

2019モデル 新型ルノートゥインゴを発表!

新型ルノー トゥインゴのエクステリア等

フロントビューについて

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54837)

via https://www.netcarshow.com/
フロントビューでは、フロントバンパーデザインが刷新されています。両サイドに開口したエアスクープがポイントです。このエアスクープによりワイド感も演出されています。グリルデザインも刷新され、クロムを特徴としたシックな印象へと変わっていますね。

このエアスクープは、空力特性にも貢献しています。フロントバンパーからホイールアーチに空気が流れる構造になっています。

ヘッドライトデザインは、内部モジュールが大きく変更され、日中のランニングLEDが、C型となって装備されています。



現行型画像

 (54843)

サイドビューについて

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54838)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、やはりボディ同色のサイドプロテクターにアップデートされている点です。同色な中にも、メッキラインを配してエレガントに仕上げています。そして、現行型より、太くなった3本ラインサイドデカールは、サイドの押し出し感をアップしています。

ホイールも刷新され、ダイヤモンド仕上げの15インチArgosまたは、Venetianアロイリムホイール仕様です。

エクステリアカラーは、マンゴイエローとクォーツホワイトの二色が新色として追加されています。そのほか、既存カラーとしてスターリーブラック、フレームレッド、ルナグレー、クリスタルホワイト、ピスタチオグリーンとライトブルーが有ります。

現行型画像

 (54844)

リアビューについて

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54839)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、テールランプが刷新されています。フロント同様にC型をモチーフに再設計されています。バンパーもリニューアルされ、バンパーサイドにメッキトリムが配置されています。

新型では、エクステリアでの新しいオプションも設定されています。
カラーパックオプションでは、
・フロントグリルのリム
・サイドミラーカバー
・サイドモール
・リアバンパートリム
・クリスタルホワイト
・フレームレッド
・マンゴーイエロー

オプションホイール
・16インチのJuvaquatreまたは、Monegaアロイリムホイール

現行型画像

 (54845)

新型ルノー トゥインゴの内装等

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54840)

via https://www.netcarshow.com/
新型の内装では、ダークとライトをコンセプトに仕上げています。標準グレードでは、スマートフォンアプリ接続とマニュアルエアコン、ラジオが装備されています。トップグレードでは、7インチタッチスクリーンに、マルチメディアシステムが含まれています。

ドアの肘掛もアップデートされています。現行型よりも快適になるように、トップステッチで覆われています。

エクステリア同様にカラーカスタマイズパックが採用されています。ブラック・レッド・イエローから選択することで、ダッシュボード、エアコンダクト、ステアリング、ギアレバーがそのカラーで装飾されます。


現行型画像

 (54846)

ステアリングの素材も変更されています。中央にはシボの入った素材が使用されることで、すっきりとしながらも洗練さを表現しています。

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54841)

via https://www.netcarshow.com/
7インチの高解像度タッチスクリーン
タブレットを基本ベースにしたモニターは、使いやすさを優先にしたインターフェイスになっています。機能表示を行うタッチ回数をなるべく削減した仕様です。

Apple CarPlayとAndroid Autoの統合によって、オンボードスクリーンを使用してユーザーのスマートフォンをアバター化することが可能です。ナビや音楽など互換性のあるアプリで楽しめます。

ハンズフリー通話の音声改善として、デュアルマイクが採用されました。これにより周囲の雑音を低減し再生できるようになっています。

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (54842)

via https://www.netcarshow.com/

新型ルノー トゥインゴのパワートレイン等

2つの3気筒ガソリンエンジンがパワートレインとして採用されています。

SCe75では、トルクアップすることで現行型よりも、機敏なスタートが可能になっています。組み合わされるミッションは、5速マニュアルです。

TCe95では、ターボチャージャーを搭載し、5速マニュアルまたは、6速EDCオートマをチョイスで出来ます。

パワートレイン以外に、ストップ&スタートシステムやヒルスタートアシストを含む最新の技術を搭載しています。

エンジンをリアマウントした小型モデルは、世界の中でも非常に珍しいモデルです。回転半径は4.30mとなっていて、コンパクトなモデルとなっています。このマウント方式は、キビキビ走るモデルとして最大の利点であると言えます。

まとめ

現行型は、平成28年9月から販売開始されています。ちょうど二年ほど経過して、マイナーチェンジを行う時期でも有りますね。今回は、エクステリアや内装を刷新して、フランスの香りが満載のトゥインゴのイメージはそのままに、リニューアルを図っているのではないでしょうか!

ホイールデザインも変更され、より使いやすく再設計された7インチタッチモニターなども特徴的です。新型モデルの日本発売が非常に楽しみです。
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me