2018年4月25日 更新

ジャガーE-PACEがカッコイイ!日本発売は2018年3月!価格は451万円から!

ジャガーから全長4.4mクラスのコンパクトSUVがデビューしました。 2017年7月にワールドプレミアとなりましたが、日本では2018年春から発売が開始される模様です!

ジャガーE-PACEがカッコイイ!日本発売は2018年3月!価格は451万円から!
https://www.netcarshow.com/ (12299)

via https://www.netcarshow.com/

ジャガーE-PACEの価格は451万円から!

2017年7月14日にワールドプレミアしたばかりのジャガーの新型コンパクトSUV「E-PACE」ですが、すでに公式サイトでは参考価格としながらもグレードごとの価格が公表されています。

一番下のエントリーグレードでは451万円からとジャガーとしてはかなり破格の安さでデビューします。
これはユーザーの裾野を広げる戦略的モデルになりそう。

ただし、上級グレードにオプションなどを付けていくと800万円を超える価格帯になるが輸入車の怖いところですね^^;

ジャガーE-PACEのグレード展開と価格は、他のライターさんの記事でありましたので、そちらをご参照ください↓

凝縮されたエクステリアはF-TYPE似?

ジャガーにはE-PACEの前に、F-PACEというSUVが発売されていましたが、今回発表されたE-PACEの顔つきは、F-PACE似というよりは、スポーツクーペのF-TYPEに似た顔つきになりました。
https://www.netcarshow.com/ (12298)

via https://www.netcarshow.com/
上記がF-TYPEクーペ。

そしてこちらが今回発表されたE-PACEです↓
https://www.netcarshow.com/ (12301)

via https://www.netcarshow.com/
まさにF-TYPEをSUVにしたような顔つきですよね。

ヘッドライト内の意匠も踏襲されています。

ちなみにE-PACEの兄貴分になるF-PACEの顔つきがこちら↓
https://www.netcarshow.com/ (12303)

via https://www.netcarshow.com/
F-PACEはE-PACEよりももっと大きく、特にフロントノーズが長めなので迫力があります。

個人的にはE-PACEの顔つきとスタイリングのほうが好みです。
https://www.netcarshow.com/ (12306)

via https://www.netcarshow.com/
グリル周りなど、同じジャガーファミリーだと分かるアイデンティティはありますが、E-PACEのほうが凝縮感があるコンパクトなスタイリングです。

これは人気モデルになりそうな予感がしますね!
ポルシェのマカンがデビューしたときのようなワクワク感があります。

パワートレインはディーゼルとガソリンの2本立て

2.0Lディーゼルエンジンに注目!

ジャガーE-PACEのパワートレインは、

インジニウム2.0リッター4気筒180PSターボチャージドディーゼル
インジニウム2.0リッター4気筒249PSターボチャージドガソリン
インジニウム2.0リッター4気筒300PSターボチャージドガソリン

が用意されます。

インジニウムという聞きなれないエンジンは、内部摩擦を低減するオールアルミニウム製のエンジンとのこと。
すべてのエンジンにインテリジェントストップ / スタートとスマートリジェネレーティブチャージングシステムを装備し、減速時の運動エネルギーをバッテリーに充電。特に市街地走行の燃費が向上しているそうです。
回生エネルギーを蓄電するシステムは、国産軽自動車からフォルクスワーゲンまで幅広く利用されていますよね。
まだ本格採用していないメーカーもありますので、そんな中ではジャガーのこのパワートレインは先進的でお金の掛かっているエンジンだと思います。

また、注目なのはディーゼルターボがラインナップされている点。
国産車ではマツダくらいですが。欧州輸入車ではBMWやメルセデスもディーゼルエンジンをラインナップに加えています。
不正が問題となったフォルクスワーゲングループ(アウディ含む)だけはディーゼルエンジンを日本で発売していませんが、このジャガーのE-PACEにディーゼルエンジンがあることは、興味を惹かれるユーザーも多いのではないでしょうか。

組み合わされるトランスミッションは9速AT!

https://www.netcarshow.com/ (12305)

via https://www.netcarshow.com/
ジャガーE-PACEに組み合わされるのは9速オートマチックです。
多段ATのパイオニアがジャガーでしたので、それがE-PACEに採用されるのは当然ともいえますね。
国産SUV勢が6速ATやCVTに留まっている中では、オールアルミのエンジンや9速ATはとてもコストがかかっているパワートレインで魅力的だと感じました。

駆動方式はすべて4WD!

https://www.netcarshow.com/ (12315)

via https://www.netcarshow.com/
ジャガーE-PACEの駆動方式はすべて4WDとなっています。
昨今、SUVというとFFのものも増えてきましたが、その点ではE-PACEは最初から4WDのみのラインナップと志が高いと思います。

先日発売されたアウディのコンパクトSUV「Q2」も400〜500万円の価格帯ながら、FFしかラインナップされていなかったり、内容や質感を考えると、ジャガーE-PACEのコスパが光ります。
ただ、コミコミ価格はQ2よりもう100万円ほど高くなると思いますが。

E-PACEのナビや先進装備は?

ジャガーというとナビなどが心配だったという人もいるのではないでしょうか?
今回のE-PACEでは、10.2インチワイドディスプレイナビが用意されている模様!
https://www.netcarshow.com/ (12318)

via https://www.netcarshow.com/
E-PACEの全グレードに、この10.2インチ「InControl Touch Pro」が搭載される模様です。

さらにオプションでは、車をWifiスポットにできるコネクトプロパックも用意されています。

スマートフォンでのリモート操作ができる機能もあり、リモート操作でドアのロック・アンロックやエアコン操作も可能に。
さらに、レクサス顔負けのSOSコールやオペレーターサービスなども用意される模様です。
レクサスだけではなく、ドイツ車勢も脅威に感じることでしょう。

今求められる安全装備は全部入ってる!

https://www.jaguar.co.jp/ (12322)

via https://www.jaguar.co.jp/
ジャガーE-PACEには、

アダプティブクルーズコントロール
ブラインドスポットモニタ
リアクロストラフィックアラート
360度ビュー
マトリクスLEDヘッドライト

など、先進の安全装備は全部入り状態。
ただ、オプション扱いのものもありますので、全部つけていくとけっこうなお値段になりそうです。
それでも用意されているだけありがたいですよね。

気になる日本上陸は?

https://www.netcarshow.com/ (12325)

via https://www.netcarshow.com/
すでに日本でも販売が開始されたジャガーE-PACE。
街中で見かける機会が増えると、興味を持つ人も増えるかもしれませんね。
ベビージャガーと言われるどこか可愛いスタイルも、人気が出そうです。
E-PACEをキッカケにジャガーに興味を持つ層も多そう。

すでにディーラーでも展示や試乗が始まっており、見積もりも作れるようになっています。
気になる方は、ジャガーディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

36 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス