2018年8月27日 更新

新型CR-Vが遂に8月30日に販売予定!?フルモデルチェンジをしたその新機能とは!

HondaのSUV車のCR-Vがフルモデルチェンジをし、2018年8月に販売されるそうです。また、2016年にはCR-Vの販売が終了してしまいましたが、2017年の東京モーターショーにて海外モデルのCR-Vが発表されています。 それでは、2018年8月に登場する新型CR-Vは、今までのCR-Vと比べどのように進化しているのかを説明していきたいと思います。

新型CR-Vが遂に8月30日に販売予定!?フルモデルチェンジをしたその新機能とは!

CR-Vの歴史

ホンダ・CR-V - Wikipedia (40566)

上記の画像は、初代のCR-Vです。

Honda CR-Vは、1995年から販売されていて、2016年10月に登場した5代目まで登場しています。1995年にオデッセイに続くクリエイティブ・ムーバーシリーズの第2弾として登場しています。また、当初のSUVとしては珍しいステッキ式のパッキングブレーキを採用していて、前席と後席を移動できるウォークスルーも可能になっています。そして、悪路走破性よりも居住性や実用性を重視したモデルとして人気が出ています。
また、オフロードに重点を置いたラダーフレーム式のSUVとは異なり、都会的でスタイリッシュなデザインで、高価過ぎない価格で販売されていたところが評価されていたのです。

4代目と比較してみて。

2011年〜2016年にかけて、4代目のCR-Vが販売されています。2011年の11月16日〜27日に行われたロサンゼルスオートショーにおいてフルモデルチェンジした4代目CR-Vが登場しています。


デザイン的にはリアのバンパーとグリルが変わっていることが分かります。また、光沢感を出しているホイールに変わったことが、進化したCR-Vの雰囲気を際立たせていると感じます。
1枚目の写真が4代目で、2枚目の写真が5代目です。
ホンダ・CR-V - Wikipedia (40569)

ホンダ・CR-V - Wikipedia (40570)

また、4代目のモデルが登場してから、Honda車初採用の、車体後部下に設置したセンサーに足をかざすだけで開閉操作ができるハンズフリーの機能が搭載されています。
CR-V|Honda (40572)

新型CR-Vの見どころとは!?

CR-V|Honda (40574)

まず、格好良さで言ったら文句は言えないデザインであると感じています。フロント周りがスポーティーで、SUVの力強さがアピールされています。また、走行時の安定感や静かで力強い走りを可能にしたハイブリッド車のギャップなど、魅力的な点が多い車です。

ハイブリッドシステムの初搭載

CR-V|Honda (40579)

CR-Vとして初めてハイブリッドシステムを搭載されたのが5代目からです。新型CR-Vハイブリッドには、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」が採用されています。「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の 3つを使い分けるシステムで、燃費性能や走行性能の向上は勿論、感性の忠実な加速音を実現させています。

リアルタイムAWD

CR-V|Honda (40581)

リアルタイムAWDは、前後トルクを効率良く制御する新たなシステムであり、雪道や荒道で安心感のある走破性を実現しています。
また、ハイブリッド車にも4MD車を設定しているそうです。

Honda SENSING

CR-V|Honda (40584)

全タイプに標準装備されている1つであり、安全運転を支援しています。

新型CR-V(ガソリン車とハイブリッド車)の燃費や価格、機能性の違いなど

CR-V|Honda (40588)

CR-Vガソリン車は、
1.5Lターボ:16.1km/L
2.4L自然吸気:11.9km/L

価格
FF :5人乗り 320万円前後
7人乗り 340万円前後

4WD: 5人乗り 340万円前後
7人乗り 360万円前後

二列シート、三列シートの両方を選択でき、7人乗りが可能になっています。
また、力強さを発揮するダウンサイジングターボエンジンを仕様しています。
CR-V|Honda (40589)

CR-Vハイブリッドは、
20.8km/L

価格
FF:5人乗り 378万円前後
4WD:5人乗り 400万円前後

二列シートの5人乗りのみとなっています。
ガソリン車、ハイブリッド車はいずれも海外仕様車数値となっています。

まとめ

仮に新型CR-Vを購入するとしたら、リーズナブルな価格で、多数人乗車でき、燃費もそこそこ良い1.5Lターボ(16.1km/L)で4WD仕様の7人乗りのグレードが面白いと感じています。また、男性に人気のあるSUVとも言え、一人暮らしの方や独身の方のニーズに合った自動車でもあり、これから家族を持つ方にとって、長く使用される方や燃費性能を重視する方にとっても嬉しいハイブリッド車も登場していて、どのグレードも魅力的であると感じています。まさにこれからの未来社会に備えて引けを取らない素晴らしいSUV車であると感じています。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan