2017年8月1日 更新

トヨタ スープラが復活!発売は2018年内か?BMWとの共同開発でスペックはどうなる?

ピュアスポーツスープラの販売が終わったのは2002年。15年以上の時を超えてスープラが復活するという情報が、入りました。往年のスープラの歴史をたどりながら復活の新型を追ってみます!

初代(日本国内にて)

元々北米では、1978年からスープラの生産販売は行われておりました。その頃日本では、スープラとして出なくセリカXXとして販売されておりました。

今回は、日本国内で初めて北米と同じようにスープラとして販売された70型スープラを初代として進めていきます。
シャーシは、ソアラと共通のものを使用しております。
パワートレーンは、2000cc(NA・ターボ)、3000ccターボ、モデル末期で2500ccターボとなっております。
1モデルで13年くらいの販売期間がありましたので、エンジンの改良やフォルムの意匠変更等が細かく行われた70スープラであります。
当時は、レース(グループA)の盛んな時代でありました。スープラもこれに参戦しておりました。
市販の車で当時トヨタ初の280psも達成しました。しかし、レースの世界ではスカイラインGTRなどが登場し、最終的には撤退した記憶があります。
 (12504)

2代目80スープラ

1993年デトロイトモーターショーでお披露目されて、同年から販売開始になった2代目スープラ(日本国内では)。
シャーシは、先代同様ソアラと共用しています。
サスペンションが、前後ストラットからダブルウィッシュボーンに変更されています。
パワートレーンは、3000cc(NA・ターボ)の設定に5速、6速、4速ATの組み合わせ。
NAエンジンにて225ps、ツインターボエンジンで280psと成っております。
日本の自主規制にて280psは、上限と成っておりました。
ですから各メーカーは280ps搭載というのが当たり前の時代でも有りました。
発売当初から、高出力、高速度を求めてきたスープラは、2002年の排出ガス規制に対応できませんでした。
実は、当時のスカイライン・RX-7も同様です。このため70スープラの生産販売も終了しました。

2002年から15年が経過しようとしています。トヨタでは、次期スープラの開発がこの間行われていたようです。
この度2017年の東京モーターショーでお披露目との噂もあり、2018年中には販売!なんて声もささやかれております。
次項で新型スープラを解明していきたいと思います!!!
 (12508)

新型スープラが始動!!!

北米で走行試験された動画

長い時を超えて、新型スープラの生産・販売が間近になっている予感が致します。
2014年のデトロイトモーターショーでFT-1として紹介された車両、これが次期スープラのベースと考えられます。
そしてこのFT-1は、BMWとの共同開発であったのでBMWのZ4またはZ5と成ることも予想されます。

このことを踏まえた上で新型スープラを解明して行きたいと考えます。
まずは、ボディーサイズは、全長4400mm以内、全幅1850mm以内、全高1450mm以内となるでしょう。
外装デザインは、やはりFT-1を基準で考えるのが、1番良いと思います。このデザインを基本にトヨタスープラ・BMWともに外装デザインをリメイクしていく事となるでしょう!

パワートレーンは、実は選択肢が多く難しい部分でも有ります。
①BMWのエンジン搭載(2000ccターボ・3000ccターボ)
②ハイブリッドの搭載(バッテリースペースが足りない可能性があり、現時点では搭載できていない可能性が大)
③レクサスのエンジン搭載(新開発の3000ccエンジン又は2000ccターボ)
※ミッションは、8速ATと成ることが濃厚です。6速MTの設定もトヨタでは、視野にあるようです。

安全面は、やはりセーフティセンスの搭載は必須です。

スープラの実売価格は幾らくらいに成るでしょう???
400万円は超えてくると考えます。
今年10月にも東京モーターショーでお目見えするとの噂もあり、新型スープラに目が離せません!!!

Calty Design Research, Inc.

「Calty Design Research, Inc.」は、1973年、他社に先駆けて米国のニーズや嗜好に応えるため、カリフォルニア州エルセグンドにデザイン拠点として設立。
トヨタの多くの車種のデザインを手がけております。「エスティマ」・「セリカ」・「ソアラ」・「レクサス」など。
今では、トヨタテクニカルセンターの敷地内にCalty-Ann Arborが有るほどです。トヨタと密接に関係しているCaltyです。
ここで、FT-1の最新デザインが施され、新型スープラとなる可能性がおおきいでしょう!

Calty Design FT-1の写真たち!

 (12511)

 (12512)

 (12513)

18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me