2018年10月30日 更新

日産のプレミアムセダン 新型「フーガ」の特徴や走行性能って??

日産のセダンと言えば「スカイライン」やこの「フーガ」を思い浮かべるのではないかと思います。今では先進技術が進み、かつてのセダンとは思えない程の技術が採用されていたり性能を発揮したりします。 今のフーガは圧倒的なパフォーマンスを発揮する独創のハイブリッドシステムを採用していて、走りの醍醐味を追求したパワーユニットも搭載していることが分かります。 セダンとは思えない速さ、燃費の良さ、乗り心地や安全性と言った様々な要素が強化されていると言えます。 今回はその新型(現行型)となるフーガの特徴や走行性能について見ていきたいと思います。

日産のプレミアムセダン 新型「フーガ」の特徴や走行性能って??

日産「フーガ」ってどんな車??

日産:フーガ [ FUGA ] セダン Webカタログ トップ (48894)

フーガは世界で覇を競いあうプレミアムセダンの一台です。洗練された逞しいデザインと、スタイリッシュでスポーティーさを感じさせるまさに男のロマンと言える車であります。

また、車名の「FUGA」は音楽用語の「フーガ (Fuga) 」及び日本語の「風雅」から来ており、「(音楽形式の)フーガのような調和」と「上品で優美さ(風雅)」という意味が込められているそうです。
フーガ 初代モデル(Y50型 2004年〜2009年)

フーガ 初代モデル(Y50型 2004年〜2009年)

2004年から販売され、10月に40年以上の歴史を持つ「セドリック」および「グロリア」の後継車として、初代Y50型フーガが発売されたそうです。

フーガの歴史と評価や評判がちょっと知りたい!

日産:フーガ [ FUGA ] セダン | 走行性能 (48899)

フーガは日産自動車が栃木工場で製造し、2004年から販売しているEセグメントクラスの乗用車です。

また、2004年というそれほど遡らない時期に販売され、初代から2代目までしか存在していないのです。2代目からフーガを特徴とするフロントグリルに変わったと言えます。

そして、現行型フーガの評価は、最高で5段階ある中、エクステリアが3.92、インテリアが4.43、走行性能が4.31、乗り心地が4.32、燃費が2.76、価格が4.08となっています。

よって、走行性能や乗り心地は好評であり、価格も多くの方が満足のいく金額となっていることが分かります。
スカイライン 350GT-8

スカイライン 350GT-8

そして、高級車であることから座り心地は良いそうで、走行性能に関しましては燃費以外文句のつけようがないといったような感じです。

また、インパネはV35スカイラインのGT-8から変わっていないようですが、使い勝手は良いそうです。そして、エンジンに対する満足度も良いと言えます。

新型「フーガ」の走行性能

日産:フーガ [ FUGA ] セダン | 走行性能 (48904)

高級車セダンと言えば価格、走行性能、インテリアに対して目を光らせて見たいと感じる方も多いかと思います。
フーガは新車で約480万円〜販売されていて、中古車価格では約8万円から500万円まであるそうです。

日産独自のハイブリッドシステムとV6 3.5L DOHCエンジンとの組み合わせにより、パワフルな走りと低燃費を実現させています。

フーガ ハイブリッドは、1つのモーターで走行と発電を行う効率的なシステムとなっています。2つあるクラッチのうち、1つはエンジンとモーター間の接続に使用し、もう1つのクラッチは、変速時と発進時に使用することで、モーターの回転を素早く制御して変速ショックを少なくしています。
日産:フーガ [ FUGA ] セダン | 走行性能 (48906)

そして、エコドライブが楽しくなる多彩なエコ情報をメーターディスプレイ内に集中表示する機能も付いています。

ハイブリッドシステム搭載車は18.0km/Lとなるそうです。(オプション装備は付けない状態です。)

また、エンジンにはあらゆる場面でアクセルに瞬時に反応する高いレスポンス、加速感、力強さを両立させる①エンジンと、ハイパフォーマンスと扱いやすさを両立したエンジンと、エンジン本体のさらなる軽量化により低燃費を実現させた②エンジンの二種類が存在しています。
VQ37VHRエンジン & VVEL

VQ37VHRエンジン & VVEL

最高出力:245 kW(333PS)/7000rpm
最大トルク:363N・m(37.0kgf・m)/5200rpm
VQ25HRエンジン

VQ25HRエンジン

最高出力:165kW(225PS)/6400rpm
最大トルク:258N・m(26.3kgf・m)/4800rpm
そして、マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッションの搭載により、よりドライブをすることに楽しさを感じると思います。

2速以上のすべてのギヤでロックアップ領域を大幅に拡大し、加速時のダイレクト感を追求しています。また、7速化により高いギヤ比の設定が可能となり、高速走行時の低燃費化と静粛性の向上に貢献しているそうです。
また、プレミアムセダンにふさわしい至上の乗り心地と俊敏なフットワークを高レベルで両立させたサスペンションシステムも採用しているので安心してドライブを楽しめます。

まとめ

フーガにはHYBRID、HYBRID VIP、370GT、370VIP、370GT TypeS 、250GT、250VIPが存在しています。また4WD仕様のモデルも存在していて価格は新車価格で530万円以上となっております。

しかし、新車の250GTモデルでも約480万円の価格となっているのでVIPモデルを購入しても良いかもしれないです。

エンジン、走行性能、座り心地、HYBRIDによる燃費に良い走り、精悍なエクステリアを持ったセダンはフーガです。

この記事を機会に、高級車セダンの購入の参考となっていただければ幸いです。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan