2017年2月27日 更新

ホンダ「FC EXPO2017」出展概要〜「つくる・つかう・つながる」技術を通じたHondaの水素社会への取り組みを展示〜/McLaren-Honda、新型マシン「MCL32」を公開

ホンダ公式サイトで2/24にリリースされたニュースまとめ

ホンダ「FC EXPO2017」出展概要〜「つくる・つかう・つながる」技術を通じたHondaの水素社会への取り組みを展示〜/McLaren-Honda、新型マシン「MCL32」を公開
2017年3月1日から東京ビッグサイトで開催されるスマートエネルギーWeekにホンダが出展すると発表がありました。

スマートエネルギーWeekはエネルギーに関するあらゆる技術・製品・システムが一堂に集結する世界最大級の創エネ・省エネ・畜エネ技術を網羅した総合展示会と言われています。

HONDAはどんな展示をするのでしょうか?公式リリースをチェックしてみましょう。

「FC EXPO 2017」出展概要

〜「つくる・つかう・つながる」技術を通じたHondaの水素社会への取り組みを展示〜

 Hondaは、2017年3月1日(水)から3日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「FC EXPO 2017〜第13回[国際]水素・燃料電池展〜」※1に、燃料電池自動車(以下、FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」、をはじめ、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能とした「スマート水素ステーション(以下、SHS)」など、エネルギーを「つくる・つかう・つながる」社会を実現する技術を出展します。

 その他、V2L(Vehicle to Load)対応可搬型外部給電器「Power Exporter 9000」、V2H(Vehicle to Home)対応DC普通充電器「Power Manager」といった、FCVなどの電動モビリティから外部給電を可能にする製品を展示します。

 このほか、今回の出展では、これまで「つくる・つかう・つながる」技術を通じて地方自治体を中心に評価されてきた、地球温暖化対策やBCP※2対策への貢献に加え、エネルギーコストの低減や「動く電源」としての有効活用といった付加価値を、コンビニエンスストアなど商業施設での活用事例として紹介します。

 また、「一般社団法人水素供給利用技術協会(HySUT)」のブースにおける、FCVと水素ステーションに対する理解を促進するための展示に、CLARITY FUEL CELLのカットボディと、Power Exporter 9000を出展します。さらにCLARITY FUEL CELLの静かで力強く滑らかなドライブフィールを体験できる試乗会も実施します。

 これからもHondaは、「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現に向けて、「つくる・つかう・つながる」技術の組み合わせによって、エネルギーの地産地消と、低炭素社会を可能にする取り組みを拡大させていきます。

※1スマートエネルギーWeek 2017内での開催
※2Business Continuity Plan(事業継続計画)
HONDAは水素・燃料電池展「FC EXPO2017」への出展です。
水素で走る「CLARITY FUEL CELL」のカットボディと、その燃料となる水素ガスを製造・供給する「スマート水素ステーション」が展示されます。

燃料電池自動車といえば課題は水素ステーションの整備なので、HONDAの実用化への本気度が伺えますね!
Hondaブースイメージ

Hondaブースイメージ

CLARITY FUEL CELL

CLARITY FUEL CELL

こちらは2016年3月10日に発売された新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」
【主な出展内容】
Hondaブース
○スマート水素ステーション(SHS)のモックアップモデル
○CLARITY FUEL CELL
○Power Exporter 9000
○Power Manager

HySUTブース
○CLARITY FUELL CELLカットボディ
○Power Exporter 9000

 なお、3月1日(水) 9:30〜12:00に開催される、FC EXPO専門技術セミナー「燃料電池自動車(FCV)現状と普及展望〜国内メーカー〜」内で「Hondaの燃料電池自動車開発と水素社会に向けて」と題した講演を行います。
 FC EXPO 2017公式サイト:http://www.fcexpo.jp/
FC EXPO専門技術セミナー「燃料電池自動車(FCV)現状と普及展望〜国内メーカー〜」ではトヨタ、HONDA、日産の燃料電池自動車開発についての講演が聞けます。

セミナーは以下のリンクから申し込みできるので気になる方はぜひ!

McLaren-Honda、新型マシン「MCL32」を公開

マクラーレン・ホンダは3/24オーストラリアで開幕するフォーミュラ・ワン世界選手権に参戦する新型マシン「MCL32」を公開しました!

マシンの詳細はもちろん、選手のコメントも掲載されてますので、詳しくは公式ニュースリリースをチェックしてみてください。
McLaren-Honda 新型マシン「MCL32」

McLaren-Honda 新型マシン「MCL32」

14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya