2017年11月29日 更新

トヨタがヴォクシー・ノアの特別仕様車を発売!「ヴォクシーZS 煌(きらめき)」「ノア Si W×B(ダブルバイビー)」

トヨタは人気ミニバンであるヴォクシーとノアに特別仕様車が追加することを11月24日に発表しました!

トヨタがヴォクシー・ノアの特別仕様車を発売!「ヴォクシーZS 煌(きらめき)」「ノア Si W×B(ダブルバイビー)」
TOYOTA、ヴォクシーならびにノアの特別仕様車を発売 | トヨタグローバルニュースルーム (19424)

 TOYOTAは、ヴォクシー特別仕様車 ZS“煌(きらめき)”ならびにノア特別仕様車 Si“W×B*1(ダブルバイビー)”を設定し、ヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店を通じて、11月24日に発売した。
トヨタは11月24日に、自社の大人気ミニバンであるヴォクシー及びノアに特別仕様車を追加し、発売を開始しました。

ヴォクシーの特別仕様車は、既存のグレードである「ZS」をベースにして、エクステリアやインテリアの所々にシルバーを採用して、よりクールな印象の一台へとアップグレードさせています。ボディーカラーは画像のブラックを含む、全5色展開となるようです。

また、ノアの特別仕様車には、既存のグレードである「Si」をベースにし、ボディーカラーにホワイトパールクリスタルシャインやブラックを含む全4色で展開しており、インテリアには特別指定色となるブラック&フロマージュやブラックの設定を用意し、シンプルなモノトーンを表現しています。

さらに、“W×B”の専用エンブレム、ホワイトステッチを施した専用シート表皮(合成皮革+ファブリック/消臭機能付)を特別装備したほか、アクセントとして、アウトサイド・インサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、よりスタイリッシュな印象を際立たせている。

 さらに、ヴォクシー・ノアの両車両にワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー、挟み込み防止機能付)やリヤオートエアコン、さらにはLEDルームランプ新たに装備し、特別仕様車の機能面が高められています。

高い人気を誇るヴォクシー・ノアの兄弟車種

TOYOTA、ヴォクシーならびにノアの特別仕様車を発売 | トヨタグローバルニュースルーム (19426)

2017年にマイナーチェンジを果たし、今回特別仕様車の追加となったトヨタの兄弟車両であるヴォクシー・ノアの両車両ですが、一般社団法人自動車販売協会連合会による10月の販売台数は、ヴォクシーが普通車の中で3番目に売れた車両にランクインするなど高い人気を誇るモデルとなっています。

もちろん、兄弟車両のノアに関しても13番目に売れた車両としてランクインするなど、どちらも人気を得ているモデルとなっていますが、前年実績でいうとどちらも100%を切る結果となっています。

ですので、今回の特別仕様車でさらなるユーザーを獲得できるのかが期待ですね。

トヨタのミニバンで言えば、ヴェルファイアやアルファードのマイナーチェンジも注目となっていますが、ライバル車両であるセレナe-POWERの登場も見逃せません!
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部