2017年11月19日 更新

次期新型スペーシア画像公開!東京モーターショーでコンセプト発表!

スズキの軽自動車ハイトワゴンのスペーシアのフルモデルチェンジが東京モーターショーにコンセプトモデルとして公開される模様です。

次期新型スペーシア画像公開!東京モーターショーでコンセプト発表!

コンセプトはスーツケース?可愛いエクステリアに注目!

 (15341)

東京モーターショー2017に出展される、スズキの「スペーシアコンセプト」は、まさに次期新型スペーシアそのものとなっていそう。

コンセプトとはついているものの、公開された画像を見る限り市販モデルに近い完成度に見受けられます。
おそらくこのままに近い状態で販売されるのではないでしょうか。

現行型のスペーシアとは全く違うデザインラインで、ダイハツのウェイクにも似た道具感のある内外装が特徴。

近いイメージで言えば、日産のキューブや、ダイハツのネイキッドなどもこうした道具感のあるデザインだったと思います。
 (15342)

角丸基調で構成されたエクステリアは、スーツケースをモチーフにしているとのこと。

たしかにいかにも積載性が高そうなスクエアなボディが名前の通りスペース効率が良さそうに見えます。
スーツケースのようなキャラクターラインがボディサイドに走るのもユニークです。

昨今流行りのツートンルーフも用意されるようですね。
 (15344)

新型スペーシアのリアビューはフロントよりもスクエア感が高まっていて、それでいてファニーな表情なのでユニセックスな道具として広く支持されそう。

スペーシアは、ライバルのハイトワゴンであるN-BOXやタントに大きく水をあけられていたので、今回のフルモデルチェンジで巻き返しが図れるか、このユニークなデザインが支持されるかが焦点になりそうですが、ハスラー以来のヒットモデルになるポテンシャルを秘めていると思います。

内装もユニーク!スーツケースとデニムをモチーフ

 (15345)

公開された内装画像も、かなりユニークなデザインになっています。

まさにスーツケースと言わんばかりの助手席側のダッシュボードが印象的です。
ただ、トレーのような構造になっていないので、あくまでデザイン優先ですね。
おそらく大きな収納が内部に仕込まれているのではないでしょうか。

男性的でも女性的でもない、ユニセックスな内装デザインは、とても好感が持てます。
 (15346)

シートもデニムをモチーフにしたユニークなファブリックが用意される模様。
今までにない面白い個性を持った車になりそうでワクワクしますね。

安全装備や燃費も万全

新型スペーシアには、スズキで定評のあるデュアルブレーキサポートだけではなく、後退時ブレーキサポートも搭載。さらに、ワゴンRから導入されたフロントスクリーン投影式ヘッドアップディスプレイも採用される模様です。

パワートレーンは、658ccの直列3気筒エンジン(吸排気VVT)+モーターのSエネチャージが採用され、現行型の32.0km/Lを超えてくると思われます。

気になる発売日ですが、2017年12月になるとのこと。
フルモデルチェンジを行ってなお勢いづいているN-BOXを打倒できるのか、注目が集まります。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部