2017年3月28日 更新

クルマいじりに正解なし!初級から上級編まで一挙ご紹介!

愛車を手に入れたら、いろいろカスタマイズして他の車との差別化を図りたいもの。 でも何から手を付けたらいいかわからない方もいらっしゃるのでは? クルマいじりに正解はありません!どんなものから始めたら良いか、例を挙げてご紹介します!

クルマいじりに正解なし!初級から上級編まで一挙ご紹介!
gettyimages (4782)

車弄りに正解なし!貴方好みの一台に仕上げよう!

車のカスタムには、何をどうすれば正解といった答えはありません。
VIP仕様にちょいワルな雰囲気に仕上げるも良し、可愛らしく仕上げるのも良し、純正っぽくセンスよくシンプルにまとめるのも良し、自分の好みで車のカスタムを進めましょう。

もちろん、法律を犯すようなカスタムはNGですよ!(笑)

超初級編 とりあえず置いたりするだけでOK

芳香剤

まさに置くだけ!
車内の嫌なニオイを取るだけでなく、見た目もかわいい芳香剤や、高級感のある芳香剤、オシャレなものも色々あるので、車内の身だしなみはまず匂いから、と芳香剤を置いてみても良いですね。

ハンドルカバー

次にお手軽なのはハンドルカバー。
白くて太いハンドルカバーは、VIP仕様の車では定番ですが、今は可愛らしいハンドルカバーもたくさん出ています。
標準の細くてウレタンのハンドルでは味気ないと思う方は、ハンドルカバーを付けてみてはいかがでしょうか。

ミラーカバー

こちらも被せるだけ。
外から見ても目立つポイントなので、自分好みの色やデザインでルームミラーの外側を飾ってみてはいかがでしょうか。

サンシェード

夏の日の日差しを遮るサンシェードですが、個性的なデザインのものも多数出ているので、選ぶ楽しさがありそうですね^^

中級編 ちょっと手間がかかるけど満足度は高い

シートカバー

車内の雰囲気が無機質なものからガラッと変わります。
少々値が張るのが難点ですが、見栄えはとてもよいです。
見た目の質感を向上させるだけでなく、シートの汚れ防止にもなります。
すべてのシートを変えるのは少々手間がかかりますので、カー用品店でお願いすることもできます。

室内灯やナンバー灯をLEDに打ち替え

納車されたばかりの状態では豆電球がついています。
ちょっとDIYが必要ですが、車内外のランプ類をLEDに交換するのはオススメのカスタマイズです。
ルームランプがLEDの白色のものになると、車内がぐっと質感が上がったように見えます。

見た目も明るいだけでなく、LEDは消費電力も抑えられるのでバッテリーや燃費にも効果があります。

作業工程が商品にはついているので、どなたでも大体打ち替えは容易です。
内装剥がしなどがあると、なお作業効率が良いです。

上級編 お金や技術が必要

タイヤ&アルミホイール

見た目の質感を手っ取り早く上げるには、タイヤとホイールを変えるのが一番です。
ただ、両方変えるとなるとかなりの金額がかかります。
交換自体は量販店でやってもらえるので安心です。

スタッドレスタイヤを装着する際に、合わせてホイールなどもかっこいいデザインにすると見栄えも向上しますよ。

マフラーを変える

軽自動車ではマフラーがしょぼいことが多いです。
社外製のマフラーを装着することで、見た目、音、さらにはパワーや燃費まで変わることがあります。

大きすぎる音は周りに迷惑ですが、質の高い音で車内に響いてくると気分が高まりますね。

マフラーを交換すると費用もかかりますが、純正マフラーの先っちょにポン付けできるマフラーカッターなら簡単で安いので見た目だけならこれでもOKです。

車高調整

純正のサスペンションだとホイールハウスとタイヤの隙間が空いていてかっこ悪かったりします。
それをサスペンションを交換して車高調整することで、ローダウンされたかっこよさにすることもできます。

ただ、シャコタンと言われるような下げすぎの車高だと、車検た通らなかったり、女性からのウケが悪かったりするのでご注意を!

デッドニング、音響関連

これはまさに上級編、音響の質をよくするためのDIYです。
ドアなどの内装を剥がし、スピーカーを交換したりアンプを交換したり、ドアや床周りに遮音材を貼ったりします。
ハマると深い沼なので、音にこだわりがある人以外にはオススメはできません^^;

痛車、ラッピング

これは本当に超上級編です(笑)
技術やお金の面以上に、メンタル的な部分も重要となります(笑)
お気に入りのアニメキャラをラッピングしたり、センスよくデカールを貼ってみたり、そういうのもカスタマイズの醍醐味でもあります。

勇気がある人は是非チャレンジしてもらいたい分野です。
見ている人も笑顔になりますしね。
gettyimages (4786)

クルマいじりには終わりもない!(笑)

初級から上級まで、クルマいじりのあれこれをご紹介しましたがいかがでしたか?

クルマいじりに正解はアリませんが、終わりもありません(笑)
あれをやるとこれもやりたくなり、人の弄りを見るとそれをやりたくなり…とエンドレスに続いていきます。
それが楽しかったり、人との縁になったりするのですけどね^^

まずは初級編から始めてみてはいかがでしょうか^^
43 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部