2018年2月27日 更新

ターゲットは30~40代と女性?「ジャガーEペース」の受注開始!価格は451万円からのベビージャガー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年2月22日、ジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE(Eペース)」の受注を開始しました。F-PACEに次ぐジャガーSUVの第2弾モデルとなるもので、若いユーザー層や女性をE-PACEで開拓したいとしています。

ターゲットは30~40代と女性?「ジャガーEペース」の受注開始!価格は451万円からのベビージャガー

ジャガーE-PACE 小さいけれどもやっぱりジャガーなのだ

E-PACE ギャラリー | JAGUAR JAPAN (24419)

「Eペース」は、FFベースのプラットフォームをもとに開発されたコンパクトSUVで、ジャガー初のSUV「Fペース」の弟分。最も小型なジャガーであることから、親しみを込めて「ベビージャガー」の愛称で呼ばれています。

そのエクステリアは、大型グリルとが精悍なフロントマスク、クーペライクなルーフライン、そして切り詰められたオーバーハングなどが特徴となり、兄貴分の「Fペース」よりもスポーティーな印象を受けます。

1900mmの車幅はコンパクトなのか?

E-PACE ギャラリー | JAGUAR JAPAN (24422)

コンパクトといっても、全幅は1900mmとなり、国産車でこのサイズSUVはそうは見当たらないほどです。しかし、ジャガーの中でということでは、最も取り回しのしやすいサイズとはいえるので、日本の道路事情でも扱いやすいと思いますが、駐車場では注意が必要になるでしょう。

ジャガーE-PACEの性能と装備は充実

Jaguar | Introducing the New E-PACE

「スタイル」グレードは標準仕様に加え、内外装をよりスポーティーにした「R-DYNAMIC」を設定。専用フロントバンパーやグロスブラック仕上げのフロントグリルなどが装備されます。

パワートレインは最新世代のINGENIUM(インジニウム)エンジンで、2.0Lのガソリンと、2.0Lのクリーンディーゼルの直4ターボ。

4WDシステムには2タイプあり、基本は「エフィシエント・ドライブライン」、もうひとつは、ガソリンエンジンの「P300」搭載車に用いられる「アクティブ・ドライブライン」で、よりコーナリング性能の向上に主眼を置いたシステムとなります。

10.2インチタッチスクリーン式のインフォテインメントシステム「IN CONTROL TOUCH PRO」や先進の安全装備も充実した「Eペース」の価格は、標準車が451万円から、初年度のみ設定される「ファーストエディション」は、D180が738万円からとなっています。

ジャガーが抽選で1名様に新型「E-PACE」をプレゼント

E-PACE ギャラリー | JAGUAR JAPAN (24428)

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型「E-PACE」の受注開始を記念したキャンペーン「E-PACEが当たる #BABYJAGUARを探せ。」を 2月22日(木)よりスタートします。

「E-PACE」の受注開始にあわせてスタートする「E-PACEが当たる #BABYJAGUARを探せ。」は、特設ウェブサイトにあるイラストの中から、スクロールとズーム機能を使いながら、「BABYJAGUAR」のシルエットと「E-PACE」の車両を探し、見つけた場所を回答すると、抽選で1名に、2.0L4気筒INGENIUMディーゼル・エンジンを搭載した「E-PACE」をプレゼントするという企画です。

特設ウェブサイト(https://babyjaguar.jp

また、2018年6月までに「E-PACE」を成約すると、メーターパネル内の12.3インチのデジタルディスプレイに、ナビゲーションや各種ドライビング情報等を表示させる「インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイ」をプレゼントするキャンペーンも実施しています。

まとめ

E-PACE ギャラリー | JAGUAR JAPAN (24430)

ジャガー・ランドローバー・ジャパンの、このベビージャガーへの期待は大きく、若い30代、40代のユーザーの獲得と、女性ユーザーの比率を40%まで高めることを目標としています。しかし、5ナンバー車より左右10㎝も幅広い「Eペース」に女性がどう反応するのか、幅広い分広い室内と大きな荷室を、おそらく独身であろうターゲットとする女性は魅力を感じるのでしょうか?

さらに、30代、40代のユーザーも、この小さなジャガーに、「MINI」や「ゴルフ」、そして「フィアット500」よりも圧倒的に割高な450万円以上の価値を見出せるのか?ジャガー・ランドローバー・ジャパンの目論見通りになるのか注目されます。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン