2018年4月23日 更新

ホンダ JADE(ジェイド)が大胆なマイナーチェンジ!2列シート化でどこが変わるの?

2015年に登場したホンダ・JADE(ジェイド)は、ハイブリッド車が発売された後、ガソリン車が追加されまた。 今回、大胆なマイナーチェンジを行われて発売されるのでご紹介します。

ホンダ JADE(ジェイド)が大胆なマイナーチェンジ!2列シート化でどこが変わるの?
 (27668)

現行のJADE(ジェイド)はどんな自動車?

 (27665)

JADEは英語で翡翠(ひすい)を意味する言葉。
美しい宝石や変わらない価値を有する自動車を目指して開発されました。

現行のJADE(ジェイド)のエクステリアは?

 (27666)

セダンに匹敵する全高で美しいエクステリアに包まれており、ホンダ車だと一目で分かるソリッド・ウイング・フェースを採用。

1530mmという全高の低さを実現し、数多くの立体駐車場に駐車が可能です。
広々としたキャビンと街中での取り回しを両立するために全長を4650mmにしました。

リアガラスと連続性をもったリヤコンビライトを採用し、一体感を実現。
LED化したテールランプやストップランプを採用し、上質感を醸し出しました。

現行のJADE(ジェイド)の内装やシートは?

新型乗用車「ジェイド」発表会

一方、インテリアは、左右対称で上質な家具をイメージさせるインストルメントパネルには木目の加飾パネルを採用。
汚れにくく、しっとりとした手触りのプライムスムースをシートサイドに採用し、質感に拘りました。

スポーツウェアにつかわれ、通気性や耐摩耗性に優れたファブリックを採用したシートは機能性と美しさを両立。
セダンと同じようなドライビングポジションや安定感があるドライビングフィールがある1列目シート、Vスライドキャプテンシートを採用した2列目シート、5:5分割床下格納機構をもった3列目シートとなっています。
 (27667)

現行のJADE(ジェイド)のエンジンやミッションは?

「ジェイド」試乗インプレッション(開発責任者×ジャーナリスト)

パワートレーンは、1.5L直噴DOHC i-VTEC+モーター+7速DCTと、リチウムイオンバッテリー+IPUを組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを搭載したハイブリッドモデル。

直噴システムの他、小径タービン、デュアルVTCを搭載した直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを採用したモデルもあります。

このエンジンは低回転域からターボを効果的に利かせ、2.4Lのエンジンの同等のトルクを常用域で発生させることで、多くの人が乗ったり、坂道を走行したりする時に、円滑さや力強さが感じられます。
高剛性のクランクシャフトやベアリングキャップを採用したことでノイズや振動を抑えられ、静粛性がアップ。

ミッションは、このエンジンの潜在能力をマックスまで引き出すCVTを搭載し、低燃費かつ市街地での円滑な走りを達成しています。
エンジン性能を発揮させるため、パドルシフト(7スピードモード)が装備され、マニュアル感覚でドライブが楽しめます。

このようにJADEはクーペ―のようなシルエットでありながら、ミニバンのような機能があり、スポーツ指向が強い走りにも対応している自動車です。

新型JADE(ジェイド)がマイナーチェンジする時期は?何が変わるのか?

 (27669)

JADE RSはこれまでは3列シートでしたが、2列シートを採用し、「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載したグレードも設定。
乗車定員も6名から5名、いわゆる5シーターとなり1人1人がゆったりとした乗車が可能となります。

エクステリアでは、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用。

安全装備では、安全運転支援システムHonda SENSINGを全てのタイプに標準装備されます。
更に、歩行者事故低減ステアリングも搭載することが決定しました。
歩行者事故低減ステアリングは路側帯にいる人との衝突を回避することを助けるシステムです。

マイナーチェンジする時期は、2018年の5月に決定しました。

まとめ

 (27670)

マイナーチェンジされるJADE(ジェイド)RSは、2列シートとなり、ゆったりと乗車できるようになり、安全装備も充実しています。

発売が楽しみですね。

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123