2018年8月27日 更新

<日産>Infiniti Prototype10Conceptが、PebbleBeach Concoursで発表されました。EV技術の結集との事!

今後2021年までに日産ブランドであるインフィニティでは、EVまたはE-POWER搭載のモデルに移行していくために今回のコンセプトカーを開発したと思われます。現在と未来をつなぐコンセプトモデルに焦点を集めていきます。

<日産>Infiniti Prototype10Conceptが、PebbleBeach Concoursで発表されました。EV技術の結集との事!

Infiniti Prototype 10Conceptの開発目的

2018年のペブル・ビーチ・コンクール・デ・エレガンスで初お披露目。
過去・現在と未来を結ぶインフィニティ・プロトタイプ10は、エレクトリカルな時代を迎えるにあたり、初期のスピードスターデザインを参考にしているとの事。

2018年ペブル・ビーチ・コンクール・デ・エレガンス初披露なったこのコンセプトカーは、インフィニティのEVパフォーマンスのための創造的で、野心的な想像・創造の産物となっている模様。

モデルの中心となる技術革新を誇る日産として、EVはインフィニティの未来への一歩となることでしょう。 2021年以降、新しいインフィニティモデルにはすべてEVを搭載し、性能向上のための電動式ドライブトレイン技術を装備するようです。

プロトタイプ10は、運転の喜び、スリリングなほどのパフォーマンス、車両の信頼感を提供するインフィニティの願いを具現化するモデルでもあるのでしょう。

Infiniti Prototype 10Conceptのデザイン等

プロトタイプ10の企画にあたって、インフィニティはクールでクリーンで前向きなデザインをモチーフにして、さらにクラシカルなスピードスターをデザイニングしているのが特徴。

EVの可能性に魅了されて、新しいコンセプトである Prototype10は、将来の生産車にフィードバックできるようにディテール・パフォーマンスを完成さえている模様。
 (40595)

フロントエリアには、フロントフェンダーとフードセンターの上を走る車体に深く押し込まれたプレスラインが最大の特徴。ボンネットには、インフィニティバッジも鎮座。ヘッドライトは、フードのキワに細いライン上にインストールされています。

シルバーのボディカラーとは対照的に、バンパーのベースにあるブラックスポイラーは、フロントのダウンフォースを力強くサポート。画像ではわからない部分ですが、完全に平坦なアンダーフロアの下に風圧を流すように設計されている模様。

ボディラインと滑らかな表面は後方に流れるにつれ、先に発表のQインスピレーションコンセプトと同じような先細りの後部デッキ。パフォーマンススピリットは、車の下からエアの流れを作り、より高速になるほど、静かになるようにも設計されているとの事。リアディフューザーまでの一連のエアの流れを完成させているということでしょう!
 (40596)

ドライバー後方にある空調設備ユニットの冷却ダクトは、鋭い幾何学的デザインになっているのがポイント。その構造は、電気パルスの形を型取っているようなデザイン。ドライバー後方のレーシーな直立フィンは、車のリアデッキにむかって彫刻。三角形の後部ライトのデザインは、鋭い形に作り上げられていますね。
https://www.netcarshow.com (40340)

via https://www.netcarshow.com
Prototype10は、美学的に見事に進歩しているのではないでしょうか。インフィニティQインスピレーションとプロトタイプ9で魅せてくれたデザイン・パフォーマンスを更に進化しているといった印象。

モノポスト(シングルシート)コクピットは、インフィニティのドライバー重視のアプローチと言う考え。エレクトリックパワートレインとフレキシブルな車両プラットフォームを採用している部分も継承。

インフィニティ・プロトタイプ10のコクピットデザインは、シングルシート式のレースカーからインスピレーションされているようです。どちらかと言うとクラシカルな印象でもありますね。

ドライバーは、人間工学に基づいたコントロールを提供してもらえるだけでなく、前方の道を見晴らしよく見通すことができるとの事。EVと基本性能の良さを伝えるプロトタイプ10の整然としたコックピットには、シート、4点ハーネス、ブレーキとアクセルペダル、さらにレース界からインスパイアされたステアリングホイールが装備。

ステアリングホイールは、ボディから押し出されたデザインの軽量カーボンファイバーストラットに取り付けられている模様。キャビン中で最も重要視されるアイテムですね。

 (40597)

Infiniti Prototype 10Conceptのパートレイン等

インフィニティのモデルラインナップをさらにグレードアップしていくために、創造的で野心的な企画をPrototype 10Conceptで表現しているということは、未来のパワートレイン技術の可能性をも示唆しているでしょう。

新しいモデルは、ユーザーに純粋なバッテリーEV自動車と画期的パフォーマンスに焦点を当てたe-POWERパワーの2つの選択肢を設けているようです。

インフィニティのEV自動車は、EV所有の弊害の多くを取り除けるとの事です。特にインフィニティのe-POWERモデルでは、外部の充電源が不要となることで、長期間の走行に「距離の信頼」をユーザーに与えてくれ、他のEVモデルと同等以上の存在に。

ハイパフォーマンスバージョンでは、インフィニティにとっても引き続き重要モデルとなっていくでしょう。革新的なドライブトレイン技術は、ハイパフォーマンスな性能を発揮するために搭載されるのでしょう。インフィニティのEV化は、高速加速、高速、インテリジェントなエネルギー補完を目的としていますね。

 (40598)

まとめ

2018年のペブル・ビーチ・コンクール・デ・エレガンスで初雄披露目となった未来モデル。この未来モデルも2021年までに実用化をするために開発しているとの事。

将来へ向けて日産が開発している先進技術を惜しみなく投入しているということでしょう!開発進行が楽しみになります。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me