2018年4月16日 更新

ついに新型トヨタ オーリスがフルモデルチェンジ!明らかになったエクステリア。新パワートレーンや内装はいかに?

トヨタオーリスが、フルモデルチェンジを発表しました。日本では、今後カローラハッチバックとなって登場するかもしれません。新型オーリスのデザイン・パワートレーン等をいち早くご紹介!

ついに新型トヨタ オーリスがフルモデルチェンジ!明らかになったエクステリア。新パワートレーンや内装はいかに?

トヨタオーリスってどんなクルマ?

北米や欧州で人気のハッチバックスタイル、トヨタが発売するCセグメントハッチバックがオーリスです。
オーリスは、日本国内の販売より欧州などでの販売が好調です。

欧州では「オーリス」、北米では「カローラIM」として販売されています。
一方日本国内では、車種統合の可能性があり、カローラハッチバックとしての販売もあり得るとされています。

この新型オーリスを出来るだけ調査してご紹介していきます!

新型トヨタ オーリスのエクステリアデザインは?

https://www.netcarshow.com (25132)

via https://www.netcarshow.com

フロントデザイン

フロントビューはどうでしょうか?
写真上が、新モデル。写真下が、現行モデル。

現行型のオーリスの雰囲気を残しつつも非常に新しいデザインへと変更になっているのがわかります。

フロントヘッドライトは、非常にキリッとしており、そしてデザインが斬新な形状に。

トヨタのキーンルックは、よりその雰囲気を強めたデザインへ。

さらにトヨタの車とひと目でわかるようになってますね。

現行型と新モデルが、大きくかけ離れないデザインと思えるのは、全体的なスタイリング。

それは、フェンダーからボンネットのラインが、似ているからでしょう。
 (25135)

サイドデザイン

https://www.netcarshow.com (25133)

via https://www.netcarshow.com
サイドビューはどうでしょうか?
写真上が、ニューモデル。写真下が、現行モデル。

やはり、現行モデルは新型オーリスに比べるとプレスライン等を含め若干古い印象です。
ニューモデルは、同じハッチバックでもプレスラインやルーフカラー等今の流行のものも取り入れられていますね!

サイドでは、リアのボディーラインが大きく変わっています。
そしてそれに併せてリアの小窓デザインも大きく変わって、リアがより重厚感あるように見えますね。

ルーフのブラック化やガラス化は、これからの主流デザインになってくると思います。

またホイールも斬新なデザインを取り入れてます。オーリスが、グローバルモデルと位置づけならば、日本でも同様デザインになるのでは?

こういった嗜好性をいち早く取り入れることもメーカーとしては、重要な要素ですね。
 https://www.netcarshow.com/toyota/2018-corolla_im/#3 (25136)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2018-corolla_im/#3

リアデザイン

https://www.netcarshow.com (25134)

via https://www.netcarshow.com
リアビューはどうでしょうか?
写真上が、新モデル。下が、ニューモデル。

フロントデザインにあわせたバンパーデザインが、新型には見えます。
立体感を演出しているトランクフードやリアバンパーですね。

テールランプもヘッドランプデザインに合わせた造形となっており、前後でのデザインの統一を行っています。

こうして新型オーリスの全体エクステリアを見てみると、現行型の雰囲気を残しつつ、あらゆる部分で刷新されていますね!
https://www.netcarshow.com/toyota/2018-corolla_im/#3 (25137)

via https://www.netcarshow.com/toyota/2018-corolla_im/#3
実は、インテリアの紹介写真がまだ筆者では、良いものが発見できておりません。スパイショット等での雰囲気では、モニター画面が従来のサイズから大分変更されて大きくなっていると予想。

そしてそのモニターは、ダッシュ中央から大きくはみ出すような雰囲気で設置されているのではないでしょうか?

トヨタ・グローバルデザインのシモン・ハンフリーズエグゼクティブゼネラルマネージャーによると「新しいAurisの主な目標は、インテリア性を損なうことなく、市場で最も大胆でダイナミックなハッチバックを作成することでした」といっているので、インテリアにも期待したいところ。

今のところインテリアの公式な公表等もなく、今回の記事では多くを書くことを控えさせていただきます。

新型トヨタ オーリスのパワートレーンは?

どうやらパワーユニットは、2種類ラインアップしそうです。

1800cc+モーターのハイブリッド、または2000cc+モーターのハイブリッドとなることが予想されております。

そしてもう1つは、1200ccガソリンターボエンジン。このパワートレーンに関しては、2種類のみということになると、現行型からかなりの減少ということになるでしょう。

シャシーは、今回TNGAを採用していることは勿論、オーリス用に重心を低くし、マルチリンクリアサスペンションを採用。
骨格における強化材としての高強度鋼の使用による、より剛性の高いボディシェルを形成しているとの事。

この結果、全長は現行モデルより40㎜長くなり、最低地上高は47㎜低いデザインへ。ロングホイールベースの低フォルムを実現しています。

まとめ

まだ、エクステリアデザインしか公表されていない新型トヨタオーリス。

これから、インテリアも公開され、さらにその全貌が明らかになることでしょう。

もちろんトヨタのセーフティセンスも搭載され、安全装備も充実した内容にもなり、ユーザーの求めている装備を携えての登場に。

日本では、オーリスとしてでなく、車種統合でグローバル化されカローラハッチバックとなる噂も。

新型オーリスのさらなる詳細が判明したら追って記事にできたらと思います。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me