2018年2月5日 更新

【メルセデスベンツ】Bクラスが2018年内にモデルチェンジ!? 新型Bクラスの価格やスペックなどの最新情報!

2006年より日本で販売されているメルセデスベンツBクラスですが、2代目となる現行型が2012年に登場して早6年ほど経ちましたが、3代目となる新型Bクラスが遂に登場となりそうです!しかも世界初公開は2018年?今回はそんな新型ベンツBクラスについてご紹介したいと思います!

【メルセデスベンツ】Bクラスが2018年内にモデルチェンジ!? 新型Bクラスの価格やスペックなどの最新情報!

メルセデスベンツ新型Bクラスの発表は2018年内か!?

The new A-Class (22733)

2018年2月2日に、メルセデスベンツはオランダアムステルダムにて新型Aクラスの発表を行いました。
日本でも高い人気を誇るAクラスですので、多くの人が関心を寄せるところだと思います!

新型Aクラスに関しては、本記事の最後にリンクを載せておきますが、Aクラスが新型となれば、同じプラットフォームを利用するBクラスも新モデルとなっていいはず・・・

そんな新型ベンツBクラスですが、様々なテスト走行の姿が確認されており、2018年には世界初お披露目が噂されております!

今回は、そんな気になる新型ベンツBクラスの現行型との比較を含めた変更点や価格などについてわかっている情報のご紹介と、情報から推測による予想をお伝えしたいと思います。

スパイショットも!気になる新型ベンツBクラスの変更点は?

早速ですが、新型ベンツBクラスの気になる変更点についてご紹介したいと思います!

Aクラスと共通のプラットフォームを利用しており、兄弟車種ということもあることから新型Aクラスとかなり類似している点が多いことでしょう。

今回は、それを踏まえつつ、現行型と新型Aクラス、そして主役の新型Bクラスそれぞれの簡単な比較でご紹介したいと思います。

新型ベンツBクラスのエクステリア・インテリア

2019 B-Class w247 spy shots

上記の動画は新型ベンツBクラスのスパイショットの動画となっております。

現行型と比べると、天井は高く、グリルの存在感など様々な点で違いを感じさせるものとなっております。

カモフラージュがされているので細部まで把握することは厳しいものの、新型Bクラスは2月2日に公開となった新型Aクラスと共通の新型プラットフォームを採用するとされており、Aクラスと類似する点も多いと予想されます。
ユーティリティ (22739)

ちなみにこちらが現行型のエクステリアとなっております!

後部にかけてのドアガラス等の形状も違いが見られそうですね!

New A-class w177 spy shots low camouflage

こちらは共通プラットフォームの新型Aクラスのカモフラージュが少ないスパイショットとなっております。

Aクラスの変更点については本記事の途中や最後にリンクを載せておりますが、このAタイプに多少寄せられたデザインになる可能性は少なくないでしょう。
Mercedes-Benz A-Class: The new interior design. (22743)

続きまして上記の画像は新型Aクラスのインテリアですが、中央に位置する高画質タッチパネルのナビシステムが印象的な先進技術に溢れた室内空間となっております。(上記の画像は新型Aクラスのものとなっております)

メルセデス・ベンツ B-Class Sports Tourer:装備 (22745)

こちらが現行型ベンツBクラスのインテリアとなっているのですが、エアコン吹き出し口のデザインなどベースを残しつつより近未来感を感じさせる作りへと昇華されているのがわかります。

新型Aクラスでは特に、アナログメーターからデジタルスクリーンによるタコメーターに変更されている部分も、より近未来的なスマートさを感じさせる部分ではないでしょうか?

The brand-new 2018 Mercedes-Benz A-Class | Teaser | MBUX, Exterior and Interior Design

新型AクラスのPVです!(MBUXは10秒あたりから)
また、「MBUX」と呼ばれる中央のナビシステムは新型Aクラス同様に新型ベンツBクラスにも搭載されるとのことで、AIを駆使した音声認識など注目すべき特徴の1つとなっています!

スマートフォン同様に、新型ベンツBクラスはあなたの知りたいに音声のみで答えてくれることでしょう!

新型ベンツBクラスのパワートレーン

テクノロジー (22961)

現在2代目ベンツBクラスのパワートレーンには、現在採用されている1.6Lガソリンエンジンのほかに、2Lディーゼルエンジンが追加されると予想されております。

これは、共用プラットフォームを利用する新型Aクラスと同様のエンジンが搭載されると考えられていましたが、発表された新型AクラスのA180dのディーゼルエンジンはルノー・日産製の1.5Lを搭載するとのこと。
新型Bクラスがどのディーゼルエンジンを搭載してくるか注目です。

また、近年定番となりつつある電動車(PHVやEV)の設定も今後考えられており、これに関しても新型Aクラスに導入されれば新型Bクラスにもと考えられます。

ただし、PHVやEVに関しては、登場がいつになるのか定かではないため、新型Aクラス登場に合わせて登場しない場合もあり得ることから、新型BクラスもAクラスに追加された後に、またはBクラスから先にPHVの登場など様々なパターンが想定されます。

2月2日の新型Aクラスの世界初公開にはPHVの追加が確認できませんでしたが、新型Bクラスのフルモデルチェンジで採用されるか、現時点では今後の登場に期待というところです。

日本での新型ベンツBクラスの発売価格は?

Japanese notes on hand

Japanese notes on hand

新型車両の登場とともに気になるのが、車両価格ではないでしょうか?

「MBUX」の搭載が予定されている新型ベンツBクラスですが、価格はどう変化するのでしょうか?

そんな気になる価格ですが、若干なりとも上昇は避けられないと予想されます。

特に、新型Aクラスの価格上昇は20万円前後と予想しておりますので、新型ベンツBクラスに関しても、同じく20万円前後の上昇が考えられます。

またディーゼル等のラインナップ追加によって、選択するグレードによってはこれ以上の上昇もあり得るでしょう。

現在、ベンツBクラスの基本的に購入可能なラインナップとしては、B 180の3,640,000円のみとなっていますが、予想として、400万円前後のラインナップ展開となるのではないでしょうか?
*価格に関しては、参考となる新型Aクラスにも情報を載せておりますので、よければご覧ください!

新型メルセデスベンツBクラスの日本での登場時期はいつ?

The B-Class - メルセデスベンツ・日本 (22970)

今回は、新型ベンツBクラスについてご紹介していきましたが、日本ではよりコンパクトなAクラスに人気が集中しており、Bクラスへの関心はそれほど大きくないのかもしれません。

しかしながら、Aクラスよりサイズアップされたボディーによる室内空間の充実度は、若干なりともBクラスの方が優位にあります。

ラインナップに現在はバリエーションが少ないものの、次期型にはディーゼルやPHVも可能性としてあることから、さらにニーズが高まることもありえますね。

そんな新型ベンツBクラスの発売時期についてですが、2018年内に世界初公開された後に、2019年にかけて発売されるのではないかと予想されます!

まだ正式な情報は少ないことから予測でしかご紹介できませんが、今後チビカでも新型ベンツBクラスに限らず様々な新型車両の続報をご紹介したいと思いますので、続報をお待ちください!
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき