2019年7月11日 更新

トヨタのトールワゴン、「ポルテ」・「スぺイド」が一部改良ならびに特別仕様車を発売!

「ポルテ」・「スぺイド」は、トヨタの実用性を考えた設計の4ドアトールワゴンとして人気があるモデルです。今回はこの「ポルテ」・「スぺイド」が一部改良ならびに特別仕様車を発売したということでその詳細を紹介していきます。

トヨタのトールワゴン、「ポルテ」・「スぺイド」が一部改良ならびに特別仕様車を発売!

「ポルテ」の概要

トヨタ ポルテ | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (63354)

「ポルテ」は、トヨタが2004年から生産・販売しているトールワゴンです。現行モデルは2代目のモデルであり、2012年から販売されています。初代モデルはダイハツで生産されており、3ドアトールワゴンでしたが、2代目のモデルからトヨタが生産し、現在の4ドアトールワゴンのカタチになりました。「プチバン」と呼ばれるスライドドアや広い室内空間といったミニバン的要素を持つコンパクトカーとして人気があります。

「スぺイド」の概要

トヨタ スペイド | スタイル・カラー | トヨタ自動車WEBサイト (63357)

「スぺイド」は、トヨタが2015年から生産・販売している4ドアトールワゴンであり、現行モデルが初代のモデルです。2011年10月に販売終了した2代目「ラウム」の実質的な後継車種であり、2012年7月23日にフルモデルチェンジした2代目「ポルテ」と同時に発表・発売された新型車でもあり、ポルテとは姉妹車の関係になります。「ポルテ」とは対照的に、「スペイド」は個性的かつ攻撃的なフロントマスクを採用し差別化を図っています。

「ポルテ」・「スぺイド」の一部改良点

今回の一部改良では、予防安全パッケージToyota Safety Senseにおいて、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用されています。また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」を設定(オプション)しました。今回の一部改良により、インテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称サポカーS)」の「ワイド」に相当します。

ボディーカラーにおいては、ポルテには、モノトーンカラー7色、ボディ上部に新色アッシュグレーメタリックを組み合わせたツートーンカラー3色が設定されています。スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションが設定されています。
そのほか、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高めるなど、魅力を高めた内容になっています。

「ポルテ」・「スぺイド」の特別仕様車

トヨタ ポルテ | トヨタ自動車WEBサイト (63362)

今回発売された「ポルテ」の特別仕様車が、「 F“Raffine”」、「スぺイド」の特別仕様車が「F“Noble collection”」のグレードになっています。Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを特別装備し上質感を高めるとともに、インテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」を特別装備しました。
トヨタ スペイド | トヨタ自動車WEBサイト (63363)

「ポルテ」・「スぺイド」の特別仕様車の価格

「ポルテ」の特別仕様車である「 F“Raffine”」の価格は、
2WDモデルで2,007,720円・4WDモデルで2,158,920円
になります。

「スぺイド」の特別仕様車である「F“Noble collection”」の価格は、
2WDモデルで2,007,720円・4WDモデルで2,158,920円
になります。

まとめ

今回はトヨタの4ドアトールワゴンである「ポルテ」・「スぺイド」の一部改良と特別仕様車の詳細を紹介してきました。「ポルテ」・「スぺイド」ともに大開口ワイヤレス電動スライドドアや低床フロアが設定され、乗員の乗降性や荷物の積載性などを考えた実用性のあるクルマである上に、今回の一部改良でさらに安全性能も向上し、ボディーカラーの選択肢や特別仕様車と選ぶ楽しみも増えたことで、さらにユーザーに愛されるクルマになることは間違いありません。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi