2019年2月27日 更新

限定100台!ルノーメガーヌからルノーR.S.カップが販売開始に。

ルノーから特別限定モデルとなるメガーヌR.S.カップを3/22から販売開始します。同モデルは、メガーヌR.S.通常モデルからさらに足回りなどをアップグレードし、旋回性能をアップさせた車両です。このモデルをご紹介していきます。

限定100台!ルノーメガーヌからルノーR.S.カップが販売開始に。

ルノー メガーヌ R.S.カップの概要等

ルノーは、2019年2月21日にメガーヌR.S.に特別装備を採用した限定モデルとなる「 ルノー メガーヌ・R.S.カップ」を3月22日から発売することを発表しました。

同モデルは、メガーヌR.S.に6速MT、ロールを抑えたシャシーにトルセンLSD、さらにバイマテリアル構造のフロントブレーキを装備した限定モデルです。100台限定で4,500,000円の販売価格になっています。
 (56306)

ルノー メガーヌR.S.カップのエクステリアデザイン等

エクステリアデザインは、瞬きする間もなく見た人の記憶に刻まれるほど、強いインプレッションとなる様にデザインされていますね。ディテール自体が、モータースポーツのDNAを継承したフォルムだからこそ感じられると言うことですね。

レーシングカーの意匠を踏襲したフロント下部では、設置されたF1タイプエアインテークブレードや、空力性能の向上を図るリアディフューザーなど、モータースポーツシーンの情熱が惜しみなく採用されています。全ての装備が、スポーツパフォーマンスのためにデザインされていますね。
 (56297)

メガーヌ R.S.の標準モデルでは、ハイレベルの操縦安定性を確保するだけでなく、国内公道での独特なアンジュレーション(うねりのある道)対応も視野に入れて、快適な乗り心地も実現させています。

一方、メガーヌ R.S. カップは、スプリングレートでは、フロントで23%、リアで35%、アンチロールバーは7%のハードセッティングに味付けされています。ロールを最小限に抑え、コーナリングスピードを更にアップさせています。さらにダンパーは25%ハードにし、4輪ハイドロリック・コンプレッションコントロール(4HCC)の長さは+10%に設定されています。

メガーヌ R.S.通常モデルのデザインを継承しながら、走行・旋回性能を飛躍的にアップさせたのが、限定モデルであるメガーヌ R.S. カップと言えるでしょう!
 (56298)

ホイールは、メガーヌ R.S.と同様のデザインです。タイヤサイズは、245 / 35R19となっています。メガーヌ R.S. カップのブレーキローターは、メガーヌ R.S.標準モデルと同サイズの大径ローターですが、素材は鋳鉄製ベンチレーテッドディスクとアルミ製ハブを採用したバイマテリアル構造です。

冷却性の向上だけでなく、3.6kgの軽量化を達成しています。フロントには、Brembo製4ピストンモノブロックレッドキャリパーを装備し、リアには、TRW製モノピストンキャリパーを搭載しています。さらなるハイパフォーマンスモデルに仕上がるように、レベルアップしたパーツが搭載されていますね。
 (56299)

今回の特別限定モデルでは、3つのエクステリアカラーが用意されています。ブラン ナクレ M(特別塗装色+21,600円)・グリ チタニアム M・ノワール エトワール Mは、どのカラーもレーシーな存在に見えるカラーですね!
 (56300)

ルノー メガーヌ R.S.カップの内装等

メガーヌ R.S.の標準モデル同様に、ドライビングシートのドアを開けた瞬間に、カーボン調の素材とレッドステッチが配され、スポーティなインテリアが、ユーザーの心を高揚させる仕様です。

アグレッシヴな内装デザインは、ドライバーの高揚感だけでなく、レーシーな雰囲気を醸し出しています。手になじむフルグレインレザーのステアリングは、ドライビングをより楽しむ重要なパーツですね。

ルノー・スポール技術であるアルカンタラスポーツシートや内装は、ホールド性と快適性を高次元で達成しています。アルミペダル、パドルシフトレバー、レザーシフトノブなどを装備し、さらに様々な操作をタッチパネルで行える7インチマルチファンクションタッチスクリーンも採用されています。
 (56301)

ルノー メガーヌ R.S.カップのパワートレイン等

 (56303)

1800cc直列4気筒DOHC16バルブ ターボエンジンは、279psの最高出力です。組み合わされるミッションは、6速マニュアルのみとなっています。走行性能を存分に発揮するために、敢えてマニュアルミッションのみの選択と言えますね。コーナーを立ち上がる際のトルクを落とさないためのヒール&トゥーが楽しみです。

メガーヌ R.S. カップは、レースやサーキット走行にてより高負荷なコーナリングを想定したトルセン®LSDを装備しています。この装備は、走行安定性と操舵性を高次元で達成し、アグレッシブなドライビングを可能にする仕様です。
 (56302)

まとめ

3月22日から販売開始のルノー メガーヌ R.S.カップは、 メガーヌ R.S.標準モデルをさらに走行性能をアップさせたモデルとなっています。メガーヌ R.S.は、4,400,000円(6速AT)で、特別限定モデルは、4,500,000円です。ブレーキ性能や旋回性能をアップさせて、6速マニュアル装備で10万円アップは、お買い得と言えますね。

3カラーで100台限定モデルとなっています。サーキットからインスパイアされたこのモデルを、お気になった方は早めに店頭に見に行ってみたら如何でしょう!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me