2018年2月26日 更新

スバル 新型レヴォーグ マイナーチェンジでアイサイトver.4ついに搭載!2017年7月3日発表!

スバルはレヴォーグのマイナーチェンジを実施、2017年7月3日に発表、8月7日発売開始となります。 アイサイトver.4「ツーリングアシスト」を初搭載したモデルとなります!

スバル 新型レヴォーグ マイナーチェンジでアイサイトver.4ついに搭載!2017年7月3日発表!
レヴォーグ | SUBARU (9579)

レヴォーグがD型にバージョンアップ!アイサイトver.4を初搭載!

2014年にデビューしたレヴォーグを年次改良やマイナーチェンジを繰り返し、ほぼ一年おきにB型・C型とアップデートを行ってきました。

昨年に行われたC型へのアップデートでは、デザインも変更。
STIスポーツも追加されるなど商品力を高めてきました。

そんなレヴォーグが今年もD型にバージョンアップします。
今回は、スバル初となる、アイサイトver.4が搭載される見込みです。
アイサイトver.4は「アイサイト・ツーリングアシスト」と呼称されるようです。
レヴォーグ | SUBARU (9580)

アイサイトツーリングアシストでは渋滞時の自動運転を可能にする?

アイサイトは、ステレオカメラを使った安全装備の草分け的存在として、年々改良を続け、今では衝突安全テストでは最高峰の安全装備となっています。

そんなアイサイトですが、今回のver.4とも言える「アイサイトツーリングアシスト」になって何が変わるのでしょうか?

クルーズコントロール系の装備が機能向上

もともとアイサイトには、全車速追従のアダプティブクルーズコントロールが付いていましたが、その性能が向上する模様です。

アダプティブクルーズコントロールの上限速度が135km/hまで引き上げられ、アクティブレーンキープも同様に135km/hまで作動するようになります。

上記はアイサイトver.3の動画ですが、これらが0〜135km/hまで作動するようになるとのことです。

電動パーキングブレーキ+オートホールド機能が装備される!

また今回のマイナーチェンジで大きなトピックとしては、ついにスバルの車にも電動パーキングブレーキに「オートホールド機能」が付く模様です。
スバルでは「オートビークルホールド」と呼称する模様です。

レヴォーグにはもともと電動パーキングブレーキはベースグレード以外には装備されていましたが、他メーカーの電動パーキングブレーキ採用車とは異なり、オートホールド機能がありませんでした。
これは、信号などで停止した際、ブレーキペダルから足を離しても、停止状態が保持される機能で、ドイツ車や最近ではトヨタ・レクサスの車にも採用されています。
信号停止のたびに、ブレーキペダルから足が解放されるので、使用している人にとってはとても評判の良い装備です。

それがついにレヴォーグにも装備される模様です。
もともと、アダプティブクルーズコントロール中は、信号で前車が止まればブレーキを保持してくれましたが、ACC作動時以外でもブレーキを保持してくれるのは嬉しい改良です。


操作方法は、メルセデスのブレーキホールドと同様に、停止時にブレーキペダルを奥までグイッと踏み込むとブレーキホールドされる仕様のようです。
トヨタや他車のブレーキホールドは、車速が0になると自動でホールドされるので、右折待ちなどでは逆に煩わしい時もありますが、このブレーキを奥まで踏むタイプは、任意でホールドすることができるので理想的とも言えます。

リアクロストラフィックアラート&ブレーキ

 (9571)

他社でも最近では用意がある、斜め後方に動く障害物がある際にアラート音を鳴らしてくれるセンサーですが、アイサイトツーリングアシストでは、障害物に近づきすぎた際には、自動でブレーキまで踏んでくれるそうです。
ここまでの装備はまだなかなか普及していないので、さすが安全装備のスバルといった所です。

内外装の質感も向上する!

今回のマイナーチェンジでは、内外装の質感向上も図れれます。


エクステリアでは、

・ステアリング連動ハイローLEDヘッドランプ採用
・LEDフォグランプ&ベゼル採用
・ワイドデザインのフロントバンパー採用
・フロントグリルデザイン変更
・18インチホイールのデザイン一新

など、細かい意匠が変わる模様です。



一方インテリアでも、

・インパネ・ドアスイッチ台座などにピアノブラック調の化粧パネル
・センターモニターサイズが4.3インチ→5.9インチに拡大
・フロントドアガラスの厚さ向上で静粛性アップ
・ブレーキホールド採用
・ヘッドアップディスプレイ(アイサイトアシストモニター)採用
・ナビゲーション画面拡大
・リアシートが6:4分割から4:2:4分割に変更
・マテリアルの質感向上

など、多岐にわたる改良が施される模様。
レヴォーグを買おうか迷っていた人には、背中を押してくれる内容になっています。

2017年7月3日発表、8月7日発売開始

新型レヴォーグは、2017年7月3日に正式発表となり、8月7日に発売となりますが、すでにその前から予約や見積もりも解禁していると思われます。
早く納車したい方は、お早めにお近くのスバルのディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部