2018年4月12日 更新

2018年3月自動車販売ランキング!3月も軽自動車が好調!N-BOXの勢いは止まらない様子…

2018年3月も先月に続きN-BOXが好調を維持した結果となりました。他にも日産ノートが販売台数を伸ばしており、セレナも台数を大きく伸ばすなどe-POWERの快進撃は続きそうです!そんな2018年3月の新車販売台数についてご紹介します!

2018年3月自動車販売ランキング!3月も軽自動車が好調!N-BOXの勢いは止まらない様子…

高い燃費性能に使い勝手の良い室内が魅力的!

N-BOX|Honda (28160)

このセリフを何度記事にしたことでしょうか…。

それほどN-BOXの人気は高く、当サイトでも登場する機会の多い一台であることをひしひしと感じております。

2018年3月もそんな人気はとどまることを知らず、26,851台と先月より22%↑と販売台数を伸ばす結果となりました!

そんなN-BOXですが、これまでのベンチシートやスーパースライドシートに加えて、上記画像のスロープ仕様を2018年4月19日に追加するなど、様々なシーンで活躍する一台へと進化を続けております。

2018年の一番人気は先月と同じくN-BOXでしたが、日産のノートやセレナといった人気をさらに伸ばしている注目の車両も!

ここでは、そんな2018年3月の人気車両についてご紹介していきたいと思います!

2018年3月の新車販売台数トップ10

 (28228)

上記の表は、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会による2018年3月の新車販売台数を元に作ったトップ10となっております。

2018年2月に対して順位こそ若干変動しているものの、トップ10の車両は全て同じです。

決算時期ということもあり全車両が先月比で10%以上上回る結果となっており、中でもノートやセレナといったe-POWER搭載車両の人気の高さが伺える結果となっておりますね!
とは言え普通車に関して言えば、前年比で見ると表には記載しておりませんがセレナが若干上昇した以外はノートもプリウスもアクアも販売台数を落とす結果となっております。

セレナに関しては待望のe-POWERが登場したことによるものが要因として考えられますが、プリウスも今後マイナーチェンジが行われると思いますのでさらなる人気に期待したいです。

2017年度に一番売れた車両も!

Honda | 「N-BOX」シリーズが2017年度 新車販売台数 第1位を獲得 (28171)

2018年3月の販売台数について簡単ながらご紹介していきましたが、2017年度(2017年4月〜2018年3月)の販売台数に関しても年間223,449台を売り上げたN-BOXが堂々の一位となっております。

これは軽自動車だけでなく、普通車も含めた販売台数となっており、2012年や2013年度の販売台数には届かなかったものの、昨年度の192,368 台と比較するとフルモデルチェンジの影響を感じさせる素晴らしい一年となったように感じますね!

また、2017年11月には累計販売台数120万台超えを記録しており、これからさらに台数を伸ばすことが予想されます。

同時期にスペーシアもフルモデルチェンジを果たし、人気としてはどちらも好調に推移しているように思えますが、スペーシアがN-BOXを超えるにはまだ少し時間がかかるのかもしれません・・・
トヨタ プリウス | 価格・グレード | 特別仕様車 S“Safety Plus・Two Tone”/S“Safety Plus” | トヨタ自動車WEBサイト (28173)

また、2017年度の普通車においてはトヨタのプリウスが最も売れた一台となっており、その販売台数は149,083台と前年比66.2%とは思えない高い販売台数を維持しております。

プリウスに関しては、もはやスタンダードといっても過言ではないくらい広く普及しており、モデルチェンジ当初の爆発的な人気はないものの、それでも他の車両に負けない販売力を持っているところに流石と言わざるを得ません・・・

TOYOTA、2017年度 ミニバン新車販売台数第1位を獲得 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (28175)

ちなみに、ミニバンにおける2017年度の最も多い販売台数はトヨタのヴォクシーが記録した91,187台(前年比98.7%)となっており、このヴォクシーを含む上記3車種を販売するトヨタがミニバン(排気量1.1L~2.0Lで全高1,800mm以上であり、7~8人乗りの車種)において新車販売台数第一位を記録しております。

しかしながら、e-POWERによって人気を伸ばしつつあるセレナも2017年度に81,005台を売り上げており、今後このに人気は続くことが期待されますので来年はどうなるのか注目したいところです。

2018年4月の注目車両は!?

TOYOTA、アクアに歩行者も検知する「Toyota Safety Sense」を採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (28177)

今回は2018年3月の新車販売台数や2017年度の販売台数についてご紹介していきましたが、2018年度となる4月も注目の車両は数々登場します。

例えば、上記の画像にあるアクアもその一台でしょう!

2018年4月3日に登場した特別仕様車S“Style Black”は、ブラックを基調とした内装と今回の一部仕様変更によって搭載されたトヨタセーフティーセンスが魅力的な一台となっております。

このトヨタセーフティーセンスでは、昼間の歩行者の検知や従来のブザーに加えて周囲の物体に反応し、自動ブレーキなどによって衝撃を緩和するインテリジェンスクリアランスソナーなど安全装備にさらなる進化を遂げております。

このアクアに関しては以下の記事でさらに詳しくご紹介されておりますので、気になる方は是非ご覧になってください!
アクアだけでなく、新型CX-3や新型フォレスター、新型ジムニーといった人気のSUVも2018年に続々モデルチェンジを控えておりますので、これらの新型車両に情報があり次第チビカでお伝えできたらと思っております!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき