2019年1月19日 更新

スポーツカーよりも速い!アメ車の仰天ピックアップトラック3選!

日本では、あまりメジャーではないピックアップトラックですが、アメリカでは大人気です。保険料や税金が乗用車やスポーツカーに比べて割安なため、年齢層を問わず人気があります。日本ではトラック=荷物を運ぶクルマというように考えがちですが、あちらではどうやらスポーツカーを兼ねることがあるようです。今回は、スポーツカーを超える性能を持ったピックアップトラックについて見ていきたいと思います。

スポーツカーよりも速い!アメ車の仰天ピックアップトラック3選!

フォード F-150 ラプター

2019 Ford® F-150 Truck | America's Best Full-Size Pickup | Ford.com (54260)

アメリカで一番売れているクルマというかトラックの「フォードF-150」のスポーツモデルに位置付けられるのがこちらです。

V6 3.5Lのエコブーストエンジンを搭載し、450hpの最高出力と691Nmの最大トルクを発揮します。
組み合わされるトランスミッションは10速ATで、書くだけヤボですが燃費は約6.8km/lとのこと。

見た目通りオフロードが得意なピックアップトラックで、FOX製のショックや電子式リアデフロック、トルセン式フロントデファレンシャル、テレインマネジメントシステムをはじめとする、数種のオフロード向けドライバーエイドを搭載しています。

5,890×2,459×1,994mmという特大のボディーが目を引くスーパークルー(4ドア)と、2ドアのスーパーキャブも用意されていますが、それでも全長は5,588mmもあります。

日本では持て余しそうなクルマですが、いつかは乗ってみたいクルマです。

ちなみに2019年モデルの新車のお値段は、52,855ドルから。

フォード F-150 SVTライトニング

Ford F-Series - Wikipedia (54261)

上記のラプターのご先祖様にあたるのが、こちらのF-150SVTライトニングです。おそらく、映画「ワイルドスピード」で、チューニングショップの配達車に使われていたのを覚えている方もいるでしょう。

こちらはラプターと違い、オンロードでの速さを追求したモデルです。

エンジンは5.4LのSOHCV8エンジンにスーパーチャージャーが組み合わされ、後期モデルでは380psを発揮していました。

組み合わされるトランスミッションは4速ATのみでしたが、カー&ドライバー誌の0-60マイル(97km/h)テストでは驚異的な5.2秒という記録を叩き出しています。

走りの装備としては、LSDやATFクーラー、モンロー製ショックアブソーバー(2002年モデルからはビルシュタイン製に変更)などがありました。

ラプターに比べると見劣りするスペックかもしれませんが、5.4LのV8エンジンという所が実にアメリカ的です。

後輪駆動で後ろが板バネという事を考えながら運転すると、さらにドライブが刺激的になる事でしょう。

ダッジ ラム SRT-10

Dodge Ram SRT-10 - Wikipedia (54262)

上記のF-150SVTライトニングがデビューした数年後、ダッジが出した答えはピックアップトラックにバイパーのV10を載せる事でした。

ダッジラムの限定車として販売されたこのモデルの特筆すべき点は、やはり何と言ってもV10エンジンです。

8.3Lで507psを叩き出すV10が搭載されたこのクルマには、0-60マイル加速が4.9秒、最高速が147マイル(248km/h)と、スーパーカー並みの数字が並べられています。

組み合わされるトランスミッションは4速ATと6速MTで、駆動形式はFRのみでした。

足回りは標準のダッジラムよりも低められ、ビルシュタイン製のショックアブソーバーと専用の強化スプリングが組み合わされていました。

タイヤは305/40R22という、見たこともないようなサイズのピレリ製が奢られています。

外見はバイバー風のホイールやボンネットのエアスクープ、そしてレーシングストライプ等の特徴が与えられ、一目見ただけでヤバい奴と分かる仕様になっています。

ちなみに、このクルマは世界で最も速いトラックとしてギネスブックに認定されています。

まとめ

Dodge Ram SRT-10 - Wikipedia (54263)

ところ変われば、とは言いますが、国土が広大だとクルマのスケールも段違いになるものだなと改めて思いました。

地球とお財布に優しくないクルマ達ですが、クルマ好きならばこのような豪快なクルマに一度は乗ってみたいものです。

今回紹介したクルマは少数ながら日本にも入ってきており、時たま中古車サイトでも見かけることがあります。

値段や距離数などをチェックしておき、「宝くじが当たったら買うものリスト」に入れておきましょうかね。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲