2018年10月26日 更新

MINI COOPER 3 DOORの特徴や走行性能、インテリアを紹介します!

最近では先進技術が進み、基本性能、走行性能、環境性能、安全性能の向上や、アクセサリーの追加やインテリアの上質感が増すなど、車に対する満足度は高まっていると思います。そして、車それぞれの個性を引き出して他社との差別化を図る技術の採用も面白いと感じさせます。 今回紹介する車は、ドイツの自動車会社BMWが、2001年に設立した自動車ブランドの「ミニ (Mini ) 」の車種です。BMWグループの狙うスモールサイズの車の位置付けとして販売しています。そして、「ミニ (Mini )」の代表的な車種である「COOPER」の特徴や走行性能、インテリアなどを紹介していき、購入前の参考にしていただければと考えております。

MINI COOPER 3 DOORの特徴や走行性能、インテリアを紹介します!

「MINI 」の歴史を少し紹介します!

BMC時代のミニ(元祖ミニ)

BMC時代のミニ(元祖ミニ)

BMC時代のミニ(イギリスで製造された元祖のミニ)をモチーフとして2001年に発売された新型モデルです。

そして、旧型との区別が必要な際には、BMCを「先代ミニ」「クラシックミニ」「ローバーミニ」、2001年以降を「BMWミニ」「ニューミニ」「大きいミニ」と呼称される事があるそうです。

ボディサイズは、軽自動車規格より小さかった先代と比べて大幅に拡大されたそうです。

各種ボディカラー、インテリアカラー、オプション装備を組み合わせることにより、バリエーションは約10万通りも存在しています。

また、日本への正規輸入車種はATのみの設定車が多かったそうです。
MINI  初代モデル(1967年登場)

MINI 初代モデル(1967年登場)

基本グレードは3種類で、90psのワン、エンジン制御プログラムの変更により116psに出力を高めたクーパー、スーパーチャージャーを装着した163psのクーパーSであるそうです。
MINI  2代目モデル(2006年〜2013年)

MINI 2代目モデル(2006年〜2013年)

2代目は2006年のパリサロンで発表され、この代でバリエーションが一気に増えることになり、全7種のボディを持つようになったのです。
クラブマン

クラブマン

また、シリーズ初となるエステート(モデル)は、往年のシリーズ名から「クラブマン」と名づけられていて、発売に先立つ2007年7月29日から写真と動画が配信されています。そして日本ではクーパー、クーパーSの展開となり、2007年10月の東京モーターショーで発表と受注が開始され、2008年3月2日 (ミニの日) に納車が開始されたそうです。
MINI  3代目モデル(2013年〜)

MINI 3代目モデル(2013年〜)

3代目の登場から、エクステリアは「アイコニックデザイン」を踏襲した先代のキープコンセプトを保ちつつ、インテリアは初代から採用されていたセンターメーターが廃止されたことに伴い、スピードメーターは一般的なステアリング奥へと変更されたそうです。

「MINI COOPER 3 DOOR」の特徴や走行性能、口コミを知りたい!

価格.com - MINI COOPER (クーパー) 2014年モデル の製品画像 (48761)

軽自動車よりも小さい?と思わせてしまうほどの小さなサイズにクラシカルなエクステリアは、男女共に親しまれる車と言えます。

小さい車の魅力は小回りが利き、便利で狭い道でも簡単に走れることだと思います。

実際にこの車は、機敏に、速く、そして愉しくドライブを楽しむことができるそうです。

そして、MINI 3 DOORには、高速・低重心ハンドリングの刺激と、ゴーカート・フィーリングの爽快さが凝縮されている走行性能を持っているのでドライブをより楽しむことができると思います。
THE NEW MINI 3 DOOR │ MINI Japan (48766)

そして、気になる口コミを見てみますと、走行性能は最後評価の段階が5であるとすると、4.61という結果が出ています。
走行性能の好評の理由は、MINI 3 DOORに搭載されている高速でアグレッシブな高燃費のMINIツインパワー・ターボ・エンジンによるものであるとも思います。

また、ボディカラーも12色存在するので、自分の個性にあったお気に入りのカラーを選択することでよりドライブが楽しくなると思います。
THE NEW MINI 3 DOOR │ MINI Japan (48765)

ボンネットのカラーやホイールの種類も豊富なので、ちょっとしたカスタム感覚で自分のお気に入りの車に仕上げることが楽しくなると思います。
THE NEW MINI 3 DOOR │ MINI Japan (48768)

そして、結構めずらしい先進的な、8速スポーツ・オートマチック・トランスミッションの搭載により、滑らかな変速とよどみないパワーを生み出しています。
8速トランスミッション

8速トランスミッション

また、7速ダブル・クラッチ・トランスミッションも搭載されているので、快適性の向上と燃料の節約にも貢献しています。
7速ダブル・クラッチ・トランスミッション

7速ダブル・クラッチ・トランスミッション

光るインテリアでより運転を楽しく!

THE NEW MINI 3 DOOR │ MINI Japan (48776)

「MINI COOPER 3 DOOR」のインパネは、まるで未来のイルミネーションかのようにセンター・ディスプレイが光るのです。

また、光り方も状況によって変わるので、電話の着信があったり音楽のボリュームを上げたりしても光りますが、音楽の音を大きくすると明るくなったり、小さくすると薄い色に変化したりするかもしれないです。
THE NEW MINI 3 DOOR │ MINI Japan (48777)

まとめ

「MINI」は、エクステリアだけでなく、インテリアの先進的な技術にも興味を惹かれる部分が多く存在することが分かっていただけたかと思います。

小さな車の中はまるでSF映画に出てくるようなコックピットのようで、8速トランスミッションによってドライブをより愉しむことができるのでとても魅力的な車であると思います。

そしてBluetooth機能では、iphoneやスマートフォンなどのデバイスとMINIをペアリングすることで、ホイールやステアリング、スピーチコントロールを介して安全に通話をすることができるのです。

この記事を参考に是非、「MINI 」を試乗してみたり、購入の決め手材料としてお役に立てていただければ幸いです。
30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan