2017年10月6日 更新

2017年9月度軽自動車販売ランキング!新型N-BOXの順位はいかに?!

一般社団法人全国軽自動車協会連合会から2017年9月度の軽自動車販売ランキングが発表されました! chibicaでも速報としてランキングを掲載!新型N-BOXが8月31日に発売されましたが、その順位は何位になったでしょうか?

2017年9月度軽自動車販売ランキング!新型N-BOXの順位はいかに?!

新型N-BOXがキター!爆発的売れ行きで1位を奪還!

2017年8月度の軽自動車新車販売ランキングでは順位に動きがありました!

ではさっそく9月度のランキングを見てみましょう!

1位 ホンダ N-BOX 26983台 267.7%(前月対比)↑
2位 日産 デイズ 15153台 157.1% ↓
3位 ダイハツ ムーヴ 12771台 123.2 ↑
4位 スズキ ワゴンR 11920台 137.8 ↑
5位 ダイハツ タント 11636台 133.1 ↓
6位 スズキ スペーシア 9573台 142.9 ↑
7位 ダイハツ ミラ 7995台 109.5 ↓
8位 スズキ アルト 7730台 138.3 →
9位 ホンダ N-WGN 6714台 144.1% →
10位 スズキ ハスラー 6540台 141.9% →
11位 三菱 eK 5528台 204.4% →
12位 ダイハツ キャスト 2742台 121.1% →
13位 ダイハツ ウェイク 2498台 127.5% ↑
14位 トヨタ ピクシス 2055 2057 99.9 ↓
15位 スズキ エブリイワゴン 1540 121.8 ↑

新型N-BOXが好調発進!

 (15901)

フルモデルチェンジを実施する月まで、ずっと首位をキープしてきたホンダN-BOXですが、2017年8月31日にフルモデルチェンジが行われました。

8月はオーダーストップの関係で台数を落としましたが、新型N-BOXの登録は爆発的に増え、9月度は再び首位に返り咲きました。

台数も26,983台と2位以下に1万台以上の大差を付けて1位となりました。

モデルチェンジ直前まで首位を守り続けていた人気モデルだけに、新型N-BOXの内容はとても注目されていましたが、先代を超える大幅な商品力でデビュー。

今後も人気モデルとして君臨し続けることができるか、成り行きに注目が集まります。

2位は日産デイズ!

 (15907)

2位は日産のデイズがランクアップ!
8月首位だったムーヴは3位に転落。

ただ、日産は無資格検査による100万台規模のリコールが発生する見込みで、今後のブランドイメージにも関わってきそう。
昨年の三菱との合弁会社NMKVでの燃費不正問題で軽自動車の売上が激減したことがありましたが、それが復調した矢先のリコール問題ですので、この好調もどこまで続くかは不透明となりました。

3位はムーヴ、マイナーチェンジ効果も息切れか

2017年8月にマイナーチェンジを行い、大幅なフェイスリフトを行ったダイハツのムーヴですが、デイズの後塵を拝する結果となりました。
ムーヴにはムーヴキャンバスも含まれ、ムーヴキャンバス発売以降好調に推移していましたが、そろそろ人気も落ち着いてきたのかもしれません。
とは言え、8月対比で123.2%と増加しているので、今後もこの好調さをキープできれば2位に返り咲くことができるでしょう。
 (15910)

決算期需要でほぼ全車種増加

9月は半期の決算月ということもあり、ほぼ全車種で先月超えとなる好調な販売を記録しました。

10月はその需要が落ち着いてしまうので、各メーカーとも前月割れが予想されますが、どこまで踏ん張れるかが注目されます。

また、新型N-BOXの勢いがどこまで続くかも注目です。

来月のランキングもお楽しみに!
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部