2018年1月16日 更新

日産、次世代SUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」をワールドプレミア

前回「今年も熱いデトロイトに注目車種が勢ぞろい!」でお伝えした「日産、謎のSUVコンセプト」の詳細がわかりましたので、続報としてお伝えします。その正体は、世界初公開の次世代SUVコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」でした。

日産、次世代SUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」をワールドプレミア

伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーを融合

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21788)

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21790)

日産の専務執行役員でチーフデザイナーでもある「アルフォンソ・アルベイザ」が、自身の公式インスタグラムで、ティザーイメージを公開していましたが、15日、2018年デトロイトモーターショーで、コンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界で初めて公開しました。

「Xmotion」は、伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVであり、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の一つを示唆しています。相対する考え方や性質をそれぞれ明確に表現しつつ、うまく共存させることで、同車は静かでありながらダイナミック、穏やかでありながらエモーショナル、洗練されていながらタフなクルマとなっています。

日本の伝統工芸の要素が盛りだくさん

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21810)

日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ アルバイサは、「『Xmotion』では、ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の要素と鮮やかなコントラストとなっています。」と述べています。

タフでありながらも洗練された、次世代日産のデザインランゲージ

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21793)

「Xmotion」の進化したVモーショングリルは、幅と奥行きを確保することで、これまで以上に力強さが表現されています。そのデザインは日本建築からヒントを得、深みのあるカーボンカラーと高い光沢のフィニッシュにより、より印象深いものとなっています。

ブーメランヘッドランプと組子細工?

画像 - 日産自動車ニュースルーム (21795)

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21806)

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21812)

ブーメランヘッドランプは鍛造された鋼の剣を思わせるシャープなラインにより構成され、ハイビーム、ロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能が1つのユニットに統合されています。

リアコンビランプは、日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルからインスパイアされており、ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用しています。
ボディサイドはU字型のハイライトが入る面構成をもち、それがフロントフェンダーからリアフェンダーまで滑らかにフローを作り出し、見るものに彫刻的な雰囲気をあたえています。

「4+2」のレイアウトを実現したインテリア

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21799)

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21805)

インテリアデザインは、エクステリア同様に、伝統的な日本の要素と、ライフスタイルテクノロジーの要素を共存させ、日本の伝統的な工法や職人の技、素材などが、現代の美意識によるデザインとなっています。

また長いホイールベースと、4つのコーナーにタイヤを配することにより、若くアクティブなユーザーの様々なライフスタイルに対応できる、「4 + 2」のレイアウトを実現しているのも特徴です。特に3列に並んだ独立性の高い座席は、2組のカップルと子供やペットなどにも最適な空間を提供するように設計されています。

空力デザインの収納ボックス

ルーフトップボックス

ルーフトップボックス

また、補助席を確保するために、「Xmotion」では、収納式の「ルーフトップボックス」が搭載され、その「ルーフトップボックス」はさまざまなバッグやレクリエーションツールを収納するのに十分なフレキシビリティと、走行時の空力性能を両立した、優れたデザインになっています。

まとめ

日産自動車、2018年北米国際自動車ショーでコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開 - 日産自動車ニュースルーム (21811)

「毎日運転することができ、レクリエーションエリアのようなあらゆる場所に行くことができる、機能性が高く、デイリーユースなSUVを目指した」とアルバイサ氏が述べるように、次世代もSUVは重要なテーマとなり、これまで以上に普及するようですね。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン