2019年9月30日 更新

三菱の軽商用車「ミニキャブ トラック」が一部改良して発売!

「ミニキャブ トラック」は、三菱の軽商用車として販売されており、広い室内と荷台が魅力なクルマです。今回は一部改良により、安全性能が強化されました。今回はその詳細を紹介していきます。

三菱の軽商用車「ミニキャブ トラック」が一部改良して発売!

「ミニキャブ トラック」の概要

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (66879)

「ミニキャブ トラック」は、三菱が1966年から販売している軽商用車です。現行モデルの7代目は、スズキのOEM車として2014年から販売されています。
軽トラックとして最も重要なたくさん積めて作業がはかどる荷台フロア長が魅力であり、広々としたフラットな荷台で、農作物のコンテナやビールケース、角材などの長尺物まで、さまざまな積荷をすみずみまでたっぷり積み込めます。また荷台床面が低いので、荷物の積み降ろし作業がラクに行えます。
乗降性は、ドア開口高、広いドア開放幅に加え、シート座面も低いので、乗り降りがラクに行えます。ドアの足元開口部が広いので、乗降時の足のすり抜けもスムーズです。また室内幅が広く、ゆったり乗車できるので、移動中もリラックスして過ごせて、さらにアームレスト付のドアトリムを装備しています。
今回はこの「ミニキャブ トラック」により安全性能が強化されたということでその詳細を紹介していきます。

「ミニキャブ トラック」の一部改良内容

「e-Assist」

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ

今回の一部改良により、「G」グレードで予防安全技術「e-Assist」の機能を強化し、サポカーSワイドに該当させました。「e-Assist」の詳細は以下のとおりです。

①衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ステレオカメラタイプ(新規追加)
ステレオカメラで、夜間でも前方車両や歩行者の検知を可能とし、衝突のおそれがあると判断するとブザー音やメーター内の表示によってドライバーに注意を促します。さらに衝突の可能性が高まると、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避又は衝突時の被害軽減を図ります。
②誤発進抑制機能(検知方式変更)
前進時に、障害物を検知している状態でアクセルペダルを強く踏むと、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速を抑え、踏み間違いなどの操作ミスによる衝突被害を軽減します。なお、前方の障害物の検知方式を、従来の超音波センサーからステレオカメラへ変更しました。
③後方誤発進抑制機能(従来から装備)
後退時に、障害物を検知している状態でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制して急な後退を防止。シフトの入れ間違いなど、誤操作による衝突被害を軽減します。
④車線逸脱警報機能(新規追加)
約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、前方不注意等で車線をはみ出すと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、ドライバーに注意を促します。
⑤ふらつき警報機能(新規追加)
約60km/h~約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。車両が蛇行し、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、ドライバーに注意を促します。
⑥先行車発進お知らせ機能(新規追加)
停車中に先行車が発進し、約4m以上離れても自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示によりドライバーに先行車の発進を知らせます。
⑦ハイビームアシスト(新規追加)
ヘッドランプをハイビームにして走行中、前方に対向車や先行車がいたり、明るい場所を走行すると自動でロービームに切り替えます。また対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなると自動でハイビームに戻ります。

その他の安全性能

その他の安全性能として、アクティブスタビリティコントロール[ASC]と ヒルスタートアシストの機能が追加されています。
アクティブスタビリティコントロール[ASC](新規追加)は、「G」グレードにスタビリティコントロール機能とトラクションコントロール機能を持つASCを採用し、安定した走行をサポートします。横滑りを感知すると、4輪ブレーキ力とエンジン出力をコントロールし横滑りを抑え安定させ、滑りやすい路面での発進時にスリップを感知するとブレーキをかけてタイヤの空転を防止します。
ヒルスタートアシスト(新規追加)は、「G」グレード(3A/T)に、ヒルスタートアシストを採用し、坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時にブレーキを最大約2秒間キープし車両の後退を一時的に抑えます。

また ボディカラーは、シルキーシルバーメタリックを新たに設定し、全2色展開となっています。

ちなみに「ミニキャブ トラック」の価格は、887,150円(M)~1,339,800円(G)になっています。(消費税10%込)

まとめ

今回は、三菱の軽商用車である「ミニキャブ トラック」の一部改良内容の紹介をしてきました。
より安全性能が強化されたことにより、業務中の運転もより安全に走行することが可能になっています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi