2018年4月16日 更新

アウディ新型A6がデビュー!日本発売時期&価格予想!先進の運転システムはスゴイ!

アウディのアッパーミドルセダンの「A6」が8年ぶりのフルモデルチェンジが発表されました! 2018年はフラッグシップの「A8」や、クーペモデルの「A7」もフルモデルチェンジして発売を予定しています。 アウディのセダン攻勢が始まります!今回は「A6」のフルモデルチェンジの内容に迫ります。

アウディ新型A6がデビュー!日本発売時期&価格予想!先進の運転システムはスゴイ!

アウディ「A6」とは

アウディA6は、A4とA8の間を埋めるアッパーミドルセダンとして2010年に登場したモデルです。
Eセグメントセダンとして、BMW5シリーズやメルセデスベンツEクラスとライバル関係にあるセダンですが、FRのライバルに対し、アウディではお家芸のクワトロをベースとした安定感ある走りが魅力です。

そんな先代アウディA6は2010年にデビューしましたが、8年という長いモデルサイクルを経て、フルモデルチェンジを行いました。

新型アウディA6のエクステリアデザイン

 (24546)

新しくなった新型アウディA6のエクステリアですが、顔つきは2017年にデビューしたA5や、DセグメントのA4とも同じテイストで作られています。
ただ、それより新しい提案として、ヘッドライトユニット内のポジションランプ兼デイライトの形状がユニークになっていますね。

幅広なシングルフレームグリルに堀が深くなったフロントマスクですが、ひと目見てアウディ車とわかるデザインとなっています。
逆に言えば、アウディのどの車かは見分けがつきにくいとも言えますね。
 (24548)

新型アウディA6のボディサイズは

全長4,940mm×全幅1,890mm×全高1,460mm

セダンでも全幅1.9mに迫る堂々としたボディです。
先代A6よりもサイズは大きくなっていますが、空力特性はCd=0.24と先代モデルよりも改良され、クラストップレベルに達しているとのこと。

アウディというとコンサバティブなエクステリアデザインという印象がありましたが、最近では各部の堀が深くなり、シンプルなアウトラインの中に密度感を高めた造形となっています。

新意匠のアルミホイールも、高級感とスポーティ感があって良いですね。
 (24550)

新型アウディA6のリアビューは、今までのアウディ車とも違った印象です。
BMWの7シリーズにも似た印象のガーニッシュが特徴的ですね。
バンパー下部にはマフラーのような装飾がありますが、穴は埋められているように見えます。ダミーのデザインかもしれません。

ちなみにこちらが7シリーズのリアです↓
https://www.netcarshow.com/bmw/ (24552)

via https://www.netcarshow.com/bmw/
ヘッドライトを貫くガーニッシュやバンパー下部のマフラーなど印象は似ていますね。

新型アウディA6の先進装備

 (24561)

フラッグシップモデルのアウディA8譲りの先進装備も新型A6には採用されます。
A8同様に物理的なスイッチが排除されたインパネには、10.1インチの「MMIタッチレスポンス操作システム」が配置されました。
これは、今までのタッチスクリーンでは押した感覚が無く、ブラインドタッチがしにくいなどの問題がありましたが、このMMIタッチレスポンスでは、振動反応でユーザーに押下したフィードバックを返すことにより、物理スイッチ同様の操作性を実現しているとのこと。
それでいて見た目的にはスッキリしており、まさに新世代のインターフェイスと言えます。

そして、アウディが得意とする自動運転技術は、ついにレベル3を実現しているとのことです。
渋滞時の自動運転を実現するトラフィックジャムアシストもさらに進化し、法的条件さえ揃えば、最高速度や道路条件などの条件はあるもののレベル3相当の自動運転も可能になるとのことです。
 (24564)

アウディはデジタルメーターディスプレイの「バーチャルコックピット」でライバルメーカーより先進的なインフォテイメントシステムを導入していましたが、さらに今回その真価の幅を広げてきそうですね。

新型アウディA6の日本発売時期は?

新型アウディA6は、ドイツ本国では2018年6月から販売が開始される予定ですが、日本での正式な発売時期については未だアナウンスはありません。
2018年は、新型A7が春に、新型A8が夏に発売を予定しているので、新型A6の日本導入は早くても秋以降の年末近くか、年をまたぐくらいになるのではないかと予想します。

詳しい情報が入り次第、またお伝えします。
 (24562)

新型アウディA6の価格は?

本国では発表されたディーゼルモデル「A6 セダン 50 TDI クワトロ」が日本円で約760万円〜というプライスタグになっています。

ガソリンモデルはそれより少し安い700万円前半から、プラグインハイブリッドなどは900万円近い価格帯になるのではないでしょうか。

こちらも詳細な情報が入り次第お伝えしたいと思います。
続報をお待ち下さい。
 (24563)

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部