2017年1月24日 更新

スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車 新型「ランディ」を発売

SUZUKI公式サイトで12/13にリリースされているニュースをまとめます

スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車 新型「ランディ」を発売

スズキ、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車 新型「ランディ」を発売

 (597)

スズキ株式会社は、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を全面改良し、12月20日より発売する。
今回発売する新型「ランディ」は、運転のしやすい車体サイズを維持しながら、ゆったりくつろげる広い室内空間を実現した。2列目シートの超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とした。さらに2通りに開く「デュアルバックドア」、フタを開いて給油口にそのままノズルを差し込むことが出来る「キャップレス給油口」を新採用し使い勝手を向上させた。
車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」を全車に標準装備し安全装備を充実させた。アイドリングストップ時間の拡大などにより2WD車の燃費を向上させるとともに、新たに4WD車にスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1を搭載した。新型「ランディ」は日産自動車株式会社よりOEM供給を受けるモデルである。
※1 2.0G、2.0Xに標準装備。

新型「ランディ」の主な特長

1.ミニバンクラスNo.1※2の室内長※1と室内幅による進化した居住性と実用性
2.安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備
3.ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現
4.スタイリッシュで品格のあるデザイン

※2 全高1.8m以上の1.5~2.0Lクラス8人乗りミニバン。2016年12月現在、スズキ調べ。他社にも同数値の車があります。
※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)

目標台数 1,200台(年間)

全国希望小売価格(消費税8%込み)

 (603)

* 2WD車は前輪駆動。
* 価格には、リサイクル料金、保険料、税金(除く消費税)、登録等に伴う費用は含まれない。
* カシミアグレージュパールメタリック、ブリリアントホワイトパール塗装車は42,000円高。
* ダイヤモンドブラックパール[スクラッチシールド加工]塗装車は54,000円高。

1.ミニバンクラスNo.1※2の室内長※1と室内幅による進化した居住性と実用性

室内空間を拡大し、ミニバンクラスNo.1※2の室内長3,240mm※1と室内幅1,545mmを実現。2列目シートの690mm超ロングスライド※1に加え、3列目シートにもスライド機構※1を採用することでより多彩なシートアレンジを可能とし、荷室スペースの広さも確保して使いやすくした。
3列目シート用後席左側パワースライドドアスイッチや、踏むだけで2列目シートが前方にスライドするフットペダルを採用し、スムーズな3列目シートへの乗り降りを可能とした。
2列目の左右シート間隔(220mm)により、2列目から3列目シート間のウォークスルーを容易に可能とした。
バックドアが2通りに開く「デュアルバックドア」を全車に設定。バックドアの上半分だけを開閉できるハーフバックドアを新たに採用することで使い勝手が向上した。
パワースライドドアに、開閉中に任意の位置で止めることが出来る一時停止機能を採用。
給油キャップが無い「キャップレス給油口」を新採用。キャップを回す必要が無く、給油を容易にし、手も汚れにくくした。

2.安心してドライブが楽しめる、先進の安全装備を全車標準装備

先代のランディを継承し、「エマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱警報)、踏み間違い衝突防止アシスト、ふらつき警報、全方位モニター[MOD(移動物検知)機能付]」を全車に標準装備。
*LDW=Lane Departure Warning
*MOD=Moving Object Detection
車両進入禁止標識を検知し、ドライバーに知らせる「進入禁止標識検知」を全車に新採用。
車庫入れや縦列駐車を自動操舵で支援する「パーキングアシスト※1」を新採用。
SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ※1を新採用。

3.ミニバンに最適なハイブリッドを搭載し、優れた燃費性能を実現

アイドリングストップシステム※1時間の拡大、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)※1の採用により、16.6km/L※3(2WD車)の低燃費を実現した。
スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を新たに4WD車にも搭載した。
全車エコカー減税の対象車とした。

4.スタイリッシュで品格のあるデザイン

サイドウインドー下端部のデザインを伸びやかにすることでスポーティーな印象を高めるとともに、ドライバーの視界の良さも実現した。
フロントグリルは、外側に広がる2本のメッキバーを採用し、力強さとワイド感を表現した。
ブラックの内装色を全車に採用した。
車体色は、新色のシャイニングブルーパールメタリック、カシミアグレージュパールメタリックを採用。白、銀、黒をあわせて全5色を用意した。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya